Skip To Content

情報サマリー ウィジェット

情報サマリー ウィジェットを使用して、指定したレイヤーごとに、現在のマップ範囲内のフィーチャの数を表示できます。 ウィジェット パネルの各レイヤーを展開すると、現在の範囲内にあるフィーチャのリストが表示されます。必要に応じて、指定したフィールド別にグループ化することもできます。 ウィジェットのポイント レイヤーをクラスターとして表示できます。

注意:

情報サマリー ウィジェットは、パネル内ウィジェットになりました。 このウィジェットは、構成済みのアプリ内で右側に配置されず、現在のテーマに従って表示されます。

Web アプリケーションに追加できるこのウィジェットのインスタンスは 1 つだけです。

情報サマリー ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. 必要に応じて、[ウィジェット アイコンの変更] ボタンをクリックし、独自の画像と置換します。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。

  3. [レイヤーの追加] をクリックします。
    各レイヤーを追加して、ウィジェットによってカウントおよび表示されるマップ内のフィーチャ レイヤーを指定します。 次のレイヤー タイプが情報サマリー ウィジェットでサポートされています。
    • フィーチャ サービス
    • フィーチャ コレクション
    • シンプル マップ サービス
    • CSV (カンマ区切り値) ファイル (*.csv)
    • KML (Keyhole Markup Language) ファイル (*.kml または *.kmz)
    • GeoRSS Web フィード (URL)

    注意:
    フィーチャ コレクションの更新は、そのフィーチャ コレクションが組織でフィーチャ コレクション アイテムとして保存されている場合にのみ実行できます。 この情報はアイテム詳細ページで検索できます。

    [フィーチャ コレクション] オプション

  4. 必要に応じて、各レイヤーのラベルを追加します。
  5. [表示オプション] ヘッダーにある編集ボタン 編集 をクリックすると、シンボルのオプションとパネルの表示オプションを更新できます。
    • [シンボル] タブを使用すると、マップのシンボルの変更、ポイント レイヤーのクラスター化、パネルのシンボル (ウィジェット パネルに表示されるシンボル) の更新ができます。
    • [パネル] タブを使用すると、フィーチャ情報のリストがウィジェット パネルに表示される方法を管理できます。 [レイヤー オプション] でフィールドとラベルを選択し、選択した属性を使用してフィーチャのリストを表示します。 必要に応じて、結果をフィーチャ レベルで並べ替えます。最初のフィールドが降順に並べ替えられます。
    • 必要に応じて、[グループ オプション] にある [フィーチャのグループ化] チェックボックスをオンにして、リスト内のフィーチャを指定のフィールド別またはマップで使用されているレンダラー別にグループ化できます。 必要に応じて、グループ化されたフィーチャを指定のフィールド別に降順に並べ替えます。
  6. 必要に応じて、[フィーチャ コレクション] レイヤー タイプの [更新] を選択し、指定した間隔で継続的にデータを更新します。 [更新] オプションを有効にした場合、更新間隔を指定する必要があります。
  7. [アクション] で、レイヤーの順序を変更するか、レイヤーを削除します。
  8. 必要に応じて、[フィーチャ数の表示] を選択すると、レイヤーごとのフィーチャ数がウィジェット パネルに表示されます。

    この数は、選択したレイヤーのフィーチャ数です。

  9. 必要に応じて、[ロゴ画像の表示] を選択して、テキストまたは画像をウィジェットのヘッダーに追加します。
    • [画像のアップロード] ボタンをクリックすると、独自の画像を追加できます。

      ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ローカル イメージ ファイルを選択できます。

    • [メイン パネルのテキスト] テキスト ボックスに、ロゴ画像の下に表示するテキスト (たとえば、「最終更新日」) を入力します。
  10. 必要に応じて、[起動時にリストを展開] を選択します。 この機能を使用すると、ウィジェットを開いたときにパネル内の最初の行が自動的に展開します。
  11. 必要に応じて、[すべてのフィーチャを表示] を選択し、現在のマップ範囲に関係なく、レイヤーのフィーチャの完全なリストとフィーチャ数を表示します。

    注意:
    Web マップ内の 1 つ以上のレイヤーがオフになった場合、[すべてのフィーチャを表示] チェックボックスがオンの場合でも、ウィジェットにはオフになったレイヤーのフィーチャ数は表示されません。 現在のマップ範囲に表示されているかどうかに関係なく、表示レイヤーのフィーチャのフィーチャ数のみが表示されます。

  12. また、[パネルの非表示] を選択すると、表示可能なウィジェット パネルを使用せずにアプリを起動できます。

    注意:
    上記のオプションを選択した場合は、このウィジェットを自動的に開くように構成する必要があります。 このオプションを設定すると、パネルを表示しなくても、このウィジェットのロジックが有効になります。

  13. 必要に応じて、[ウィジェットを閉じた後にクラスター シンボルを維持] を無効にして、ウィジェットを閉じた後にクラスター シンボルがデフォルトのシンボルに戻るようにすることができます。

情報サマリー ウィジェットの使用

  1. [情報サマリー] ウィジェット ボタンをクリックすると、ウィジェットが開きます。

    情報サマリーの表示

  2. [レイヤー] ボタンをクリックして、レイヤーのオン/オフを切り替えます。
  3. ウィジェット パネルでレイヤーを選択すると、フィーチャのリストが展開されます。 フィーチャのリストには、現在のマップ範囲に基づいてフィーチャが表示されます。または、ウィジェットがすべてのフィーチャを表示するように構成されている場合は、レイヤーのすべてのフィーチャが表示されます。 レイヤーが特定のフィールドでグループ化されている場合は、矢印をクリックして、そのレイヤーを展開すると、選択したグループ内のフィーチャが一覧表示されます。
  4. ウィジェットがすべてのフィーチャを表示するわけではない場合は、マップ上で画面移動やズームを行うと、ウィジェット パネル上のフィーチャ数が更新されます。
  5. [情報サマリー] ウィジェットをクリックするか、ウィジェットの右上隅の閉じるボタンをクリックして、ウィジェットを閉じます。 ウィジェットを閉じても、クラスター レイヤーは表示されたままとなります (元のシンボルに戻るようにウィジェットが構成されていない限り)。 クラスターをオフにするには、[レイヤー リスト] ウィジェットでチェックボックスをオフにします。