Skip To Content

編集ウィジェット

このウィジェットには、フィーチャ サービスのうち編集可能なレイヤーを編集する機能が含まれています。 1 つまたは複数のフィーチャ レイヤーにあるテンプレートがギャラリー形式で表示されます。 マップ上で、テンプレートからシンボルを選択して、関連する属性入力画面でフィーチャを作成するか、既存のフィーチャを選択して、そのフィーチャのジオメトリと属性を更新することができます。 フィーチャ レイヤーに関連テーブルがある場合、属性に関連付けられている関連レコードを編集することができます。 フィーチャ レイヤーに他のレイヤーの関連フィーチャがある場合、フィーチャを編集してそのリレーションシップを継承させることができます。フィーチャ レイヤーがアタッチメントをサポートしている場合、アタッチメントを作成、表示、削除することができます。 必要に応じて、高度なフィーチャ編集に対応できるようにツールバーを設定できます。

ヒント:

関連テーブルの編集中に、ポップアップでの関連レコードの表示名を構成することができます。 デフォルトでは、ウィジェットに、マップで定義されたポップアップ タイトルが適用されます。 また、実行時に他のフィールド名を表示名として選択することもできます。

注意:

ネストされた関連レコードを編集できます。 リレーションシップを作成すると、関連元クラス、関連先クラス、および基数を定義することができます。 多対多のリレーションシップを使用して編集できます。

注意:

ArcGIS Online に組み込まれた Web AppBuilder は、セキュリティで保護されたサービスの追加およびアクセスのための ArcGIS Server 認証をサポートしています。 Web 層認証でセキュリティ保護されたサービスでは、管理者は信頼されたサーバーを構成して、ArcGIS Online が自動的に認証情報を通過できるようにする必要があります。 信頼されたサーバーが更新されると、アプリを編集し、更新された情報を必要に応じて保存する必要があります。 詳細については、ArcGIS Online の「ArcGIS Sever Web サービス」をご参照ください。

編集ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックして、ウィジェットを自動的に開くオプションをオンにします (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこの設定を行うことができます)。

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. ウィジェットをカスタマイズするオプションをオンにします。 各設定の説明を次に示します。
  3. 設定を構成したら [OK] をクリックして、ダイアログ ボックスを閉じ、変更を適用します。

一般設定

設定のリストには、ウィジェットの機能と操作を制御するためのオプションがあります。 各オプションの詳細は次のとおりです。

  • [フィーチャ テンプレート フィルターの使用] - フィーチャ テンプレートを見つけるためのフィルターです。
  • [ツールバーの表示] - 編集ツールバーを表示します。
  • [ツールバーのオプション] - 編集ツールバーのジオメトリ変更操作を使用して、フィーチャの選択、選択解除、フィーチャの削除 (選択セット別) を実行できます。
    • [マージ] - 2 つ以上のポリゴンを 1 つの単一フィーチャに結合できます。
      注意:
      [マージ] ツールは、現在、ポリゴンでのみ機能します。
    • [切り取り] - 1 つのポリゴンまたはフィーチャを 2 つの別々のフィーチャに分割できます。
    • [形状変更] - マップ上のジオメトリの形状を変更するオプションです。
      注意:

      この機能は、一度に 1 つのフィーチャでのみ機能します。

    • [元に戻す]/[やり直し] の有効化 - 順番に変更の取り消しと適用し直しができます。
  • [[保存] をクリックするまで編集内容を属性に適用しない] ボタン - フィーチャ サービスまたは関連テーブルへの 1 回のコミットで、レコード内のフィールドにすべての編集を保存します。
  • [ジオメトリが移動したときに、編集内容を自動的に適用します] - マップを特にクリックしなくても、ジオメトリを移動したときに自動的に編集内容が適用されます。
  • 次の許容値を設定することができます。
    • [スナップ許容値をピクセル単位で設定します] - ジオメトリ編集で使用されます。
    • [属性編集ポップアップの許容値をピクセル単位で設定します] - フィーチャをクリックすると、属性編集ポップアップを簡単に開くことができます。
    • [移動抑制許容値をピクセル単位で設定します] - 特定の距離でフィーチャを移動できないようにします。
注意:

フィーチャのスナップとそれに関連する許容範囲設定は、キーボードとマウスの組み合わせでのみ実行できます。

編集可能なレイヤー設定

Web マップ内に定義された関連設定を常に同期させる場合は、[Web マップでの設定の適用] オプションを選択します。 設定には次のものがあります。

  • どのレイヤーが編集可能か
  • 表示および編集するフィールド
  • フィールドのエイリアス、順序、および形式

カスタム設定を行う場合は、[カスタム設定] オプションを選択します。 編集可能なレイヤー テーブルで、編集可能なレイヤーごとに編集機能を制御できます。

  • [レイヤー] - 編集が有効化されているレイヤーの名前です。
  • [追加] - 新規フィーチャを追加できます。
  • [削除] - フィーチャを削除できます。
  • [ジオメトリの更新] - ユーザーがレイヤーのジオメトリを編集できます。
  • [フィールド] - 編集可能なフィールドを選択および表示できます。 このウィジェットは、Web マップで設定された属性をデフォルトで引き継ぎます。

編集ウィジェットの使用

編集ウィジェットを開いて、テンプレート選択を表示します。 編集したいレイヤーがテンプレートの選択で表示されない場合は、構成でそのレイヤーに対して [編集可能] がオンになっていることと、そのレイヤーがマップ上で表示されている状態であるかを確認します。

ヒント:

編集ウィジェットを使用するには、[マップ] タブで選択したマップに編集可能なレイヤーが含まれる必要があります。

アプリの編集ウィジェットを開くこともできます。

  1. フィーチャを追加するには、テンプレート内のシンボルをクリックしてから、そのフィーチャをクリックしてマップ上に追加または描画します。
    テンプレートの編集とツールバー
    1. フィーチャを追加すると、ポップアップが表示されます。
      属性入力画面
    2. 使用可能なフィールドに情報を入力します。 これらのフィールドは、フィーチャ サービス内の編集可能な属性フィールドと編集可能なレイヤーの構成によって変わります。 デフォルトでは、フィールドへの各入力は自動的にフィーチャ サービスに書き込まれます。 ただし、[[保存] をクリックするまで編集内容を属性に適用しない] をオンにしていると、[保存] ボタンが表示され、フィールドに対して行われたすべての編集は [保存] をクリックするまで適用されません。
    3. 画像やその他のファイルをフィーチャに添付する (可能な場合) には、ポップアップの [アタッチメント] セクションにある [参照] をクリックして、コンピューターからファイルを選択します。

      フィーチャ サービスにアタッチできるサイズとファイル タイプには制限があります。 これらの制限とアタッチメント設定の変更方法の詳細については、ArcGIS REST API ヘルプの「Uploads」をご参照ください。

    4. 関連レコードを追加するには (可能な場合)、ポップアップをスクロールダウンして、関連テーブルの右にある編集ボタンをクリックします。
      関連テーブル
      ポップアップに、属性に関連付けられているレコードが表示されます (存在する場合)。 追加ボタン [+] をクリックして、そのポップアップを開き、情報を追加します。
  2. フィーチャを編集するには、マップ上のフィーチャをクリックし、そのフィーチャのポップアップを開いて情報を編集します。

    注意:
    複数のフィーチャを選択するとき、それらのフィーチャの削除だけが可能です。

    1. 関連レコードを編集するには (利用可能な場合)、ポップアップをスクロールダウンして、関連テーブルの右にある編集ボタンをクリックします。 ポップアップに、属性に関連付けられているレコードが表示されます (存在する場合)。 ドロップダウン矢印をクリックして、異なるフィールド名を持つレコードを表示することもできます。
    2. 関連レコードの横にある編集ボタンをクリックして、そのポップアップを開き、情報を編集します。
    3. 関連レコードを削除するには、[削除] をクリックします。
  3. フィーチャを削除するには、マップ上のフィーチャをクリックし、そのフィーチャのポップアップを開いて [削除] をクリックします。

    必要に応じて、ツールバーを使用してフィーチャの編集を実行できます。

  4. フィーチャ テンプレート フィルターが有効になっている場合、[フィーチャ レイヤー] ドロップダウン→をクリックしてレイヤーを選択すると、そのレイヤーに関連付けられているフィーチャ テンプレートだけが表示されます。 または、テンプレート検索ボックスに入力し、テンプレートを検索することもできます。