Skip To Content

テーマを選択します。

Web AppBuilder[テーマ] タブには、すぐに使えるテーマがあります。 テーマは、アプリの外観と操作性を表すテンプレート フレームワークです。テーマのコンテンツには、パネル、スタイル、およびレイアウトのコレクションと、テーマの構成済みウィジェットのセットが含まれています。 複数のテーマを 1 つのアプリに含めることができますが、アプリの実行中に使用できるテーマは 1 つのみです。

テーマ ギャラリー

次のテーマの中から 1 つ選択できます。

名前説明
ビルボード テーマ

ビルボード テーマ*

単純なタスクのアプリに使用できます。 このテーマは、すべてのテーマの中で最も画面を広く使用することができ、ロゴ、リンク、ウィジェット コントローラーは表示されません。 テーマ内のすべてのウィジェットは、画面上に配置されています。

ボックス テーマ

ボックス テーマ

すべてのウィジェットに、ウィジェット コントローラーからアクセスすることに特化したテーマです。 デフォルトでは、すべての画面上のウィジェットは非表示に設定されています。 ウィジェット用のプレースホルダーはなく、ロゴやリンクは表示されません。 これは、マップ上に余計なものを置きたくないアプリのために設計されたテーマです。

ダート テーマ

ダート テーマ

ウィジェット コントローラー内のウィジェットがプレースホルダー ウィジェットとして表示されます。 複数のウィジェットを開いて移動できます。 デフォルトでは、すべての画面上のウィジェットは非表示に設定されています。 [ボックス テーマ] と同じように、ウィジェットのプレースホルダーはなく、ロゴやリンクの表示もありません。

ダッシュボードのテーマ

ダッシュボードのテーマ

アプリが起動すると、パネル内のすべてのウィジェットが同時に開きます。 このテーマは、ウィジェットおよびウィジェット間の通信を直接的に視覚化するように設計されています。 パネル内でグリッドを追加/削除したり、グリッドのサイズを変更したりして、定義済みのレイアウトを変更できます。 デフォルトでは、ホーム、ズーム スライダー、および全画面ウィジェットを除き、大部分の画面上のウィジェットはオフになっています。 必要に応じて、ヘッダー ウィジェットをオンにして、ロゴ、アプリ名、リンクを表示できます。

折りたたみ可能なテーマ

折りたたみ可能なテーマ*

Web AppBuilder で作成された最初のテーマであり、すべてのウィジェット タイプに対応しており、複雑なタスクのアプリに使用できます。

ジュエリー ボックス テーマ

ジュエリー ボックス テーマ*

[折りたたみ可能なテーマ] から発展したテーマで、使用頻度の高いウィジェットをアプリの左側に配置します。 ワークフロー タスクのアプリに使用できます。

ローンチパッド テーマ

ローンチパッド テーマ*

Apple の Mac OS スタイルを好むユーザー向けに設計されています。 これを使用すると、複数のウィジェットを開き、それらを移動、サイズ変更、最小化できます。

プラトー テーマ

プラトー テーマ*

フラット ツールバーおよびウィジェット コンテナーを含む最新の基本アプリの作成に使用できます。 3D アプリの構築時には、このテーマは使用できません。

ポケット テーマ

ポケット テーマ*

Web サイト、ストーリー マップ、または周囲の背景を伴うその他の位置に埋め込まれるアプリに使用できます。 左または右に配置可能なパネルで 1 つのウィジェットのみサポートしています。 3D アプリの構築時には、このテーマは使用できません。

タブ テーマ

タブ テーマ*

[折りたたみ可能なテーマ] と同様に、すべてのウィジェット タイプをサポートし、複雑なタスクのアプリに使用できます。

* これらのテーマは、必要なユーザーに対して、Web コンテンツのアクセシビリティをサポートしています。 詳細および関連する制限事項については、「アクセシビリティのサポート」をご参照ください。

シンボル

使用できるスタイルは、[テーマ] タブで選択したテーマによって異なります。 ほとんどのテーマには 7 つの事前定義済みの色があり、その中から選択できます。ただし、[ローンチパッド テーマ][ダッシュボード テーマ] は除きます。 組織において、ヘッダー色を持つ共有テーマが定義されている場合、その色がアプリ作成時のデフォルト色になります。

[テーマ] タブの [スタイル] セクション

また、ユーザー独自の色を選択することもできます。

  • ほとんどのテーマでは、カラー ピッカーの最後にある色をクリックし、[カスタム] を選択してカスタム色を指定します。
  • [ダッシュボードのテーマ] の場合は、(2D アプリの) ヘッダーのカスタム色のみ指定できます。 ヘッダーは、デフォルトで無効に設定されています。 このテーマを選択した場合は、カスタム色のヘッダーを表示するために、次の操作を実行します。
    1. [ウィジェット] タブで、[ヘッダー] ウィジェットにポインターを合わせ、表示ボタン このウィジェットを表示 をクリックして、アプリのヘッダーを有効にします。
    2. [このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックします。 構成ウィンドウの [スタイルの設定][カスタム] を選択します。 (この色がテーマの色としてデフォルト設定されますが、共有テーマを使用するように設定することもできます)。

カラー パレット

レイアウト

レイアウトは、事前に設定されたユーザー インターフェイス アイテムの配置を反映します。

[テーマ] タブの [レイアウト] セクション

  • 2D アプリを作成する場合、使用可能なレイアウトは、[テーマ] タブで選択したテーマによって異なります。 さらに、レイアウトのスタイルには 2 種類あり、 1 つはデスクトップ用、もう 1 つはモバイル デバイス用です。 画面の高さか幅のどちらかが 600 ピクセル以下の場合は、モバイル用のレイアウトが適用されます。
  • 3D アプリを作成する場合、各テーマにはデスクトップ専用の 2 つのレイアウトがあります。
  • 独自のレイアウトを変更および作成できるのは、[ダッシュボード テーマ] のみです。
注意:

現在、[ダッシュボード テーマ] のレイアウトでは、右から左へ記述する言語はサポートされていません。