ArcGIS for Office について

ArcGIS for Office は Microsoft Office 向けのアドインで、Microsoft Excel および Microsoft PowerPointArcGIS のマッピング機能をもたらします。 ArcGIS for Office では、Excel および ArcGIS サービスのデータを含む対話型のマップを作成することで、データの地理空間ビューを作成できます。これはすべて Excel 環境のまま実行できます。 Excel から、Excel のデータを ArcGIS で共有し、作成した Web マップを PowerPoint に追加できます。ArcGIS for Office は、Excel の動的マップまたは ArcGIS Online のマップを任意の PowerPoint プレゼンテーションにスライドとして含められるようにすることで、PowerPoint にマッピング機能をもたらします。

ArcGIS for Office アドインをインストールすると、ExcelPowerPoint の両方で ArcGIS タブが使用可能になります。 このタブを使用して、マップの作成と管理を行います。

Excel データを使用して作成された 2 つのマップ

(ArcGIS にサイン インせずに) 標準の操作環境で ArcGIS for Office を使用することも、サイン インして ArcGIS 組織に接続し、プレミアム コンテンツと解析ツールにアクセスすることもできます。

ArcGIS サブスクリプションなしでの ArcGIS for Office の使用

ArcGIS アカウントがない場合は、標準の操作環境でマップ連動ワークシートを使用できます。

標準の操作環境では、ArcGIS パブリック コンテンツおよび ArcGIS Living Atlas から厳選されたレイヤー セットを表示および操作できます。 さらに、Excel から x,y ポイントを追加したり、マップを移動およびズームできるだけでなく、ポップアップを表示することもできます。 標準ユーザーはプライベート レイヤー、および解析などの一部のマップ ツールを利用できません。 ユーザーがすべてのマップ ツールと ArcGIS コンテンツにアクセスするには、ArcGIS アカウントにサイン インする必要があります。

以下は、ユーザー タイプ別に、標準の操作環境と ArcGIS 操作環境で利用できる機能を比較したものです。

機能標準の操作環境ArcGIS ViewerArcGIS Creator

ベースマップ ビュー

4 つの基本的なベースマップ セット

はい

はい

ArcGIS パブリック コンテンツ

はい

はい

はい

x,y ポイント

はい

はい

はい

ArcGIS Living Atlas コンテンツ

厳選されたコンテンツ サブセット

はい

はい

境界マッチング

いいえ

はい

はい

ジオコーディング

いいえ

はい

はい

バッファー/到達圏解析

いいえ

いいえ

はい

インフォグラフィックス カード

いいえ

いいえ

はい

ArcGIS への公開

いいえ

いいえ

はい

ArcGIS サブスクリプションありでの ArcGIS for Office の使用

ArcGIS for Office は、ArcGIS サブスクリプションと直接連携するため、地理コンテンツにアクセスして、ビジネス データを強化することができます。

ArcGIS for Office のすべてのマップ ツールとコンテンツにアクセスするには、ArcGIS Online 組織サイト内またはオンプレミスの ArcGIS Enterprise の配置内のコンテンツを作成、解析、および共有する権限を含んでいる ArcGIS ユーザー タイプを持つ必要があります。 ArcGIS Online無料トライアル サブスクリプションにサイン アップできます。 ArcGIS へのアクセスに使用される認証方法は、ArcGIS 管理者によって適切に構成されています。 個人向けプランの ArcGIS Online アカウントは使用できません。

ArcGIS for Office のクレジット

クレジットは、ArcGIS の通貨のようなものです。 クレジットを使用すると、Esri が提供するツールやプレミアム コンテンツにアクセスできます。 組織の ArcGIS サブスクリプションには、一定のクレジットが含まれています。 利用可能なクレジット数は、ユーザーのタイプや組織のクレジット使用制限によって異なります。 必要なクレジット数は、使用するプロセスによって異なり、プロセスにはさまざまな関連コストが発生します。

クレジット消費プロセス

ArcGIS for Office のクレジット消費プロセスは以下のとおりです。

関数使用

ジオコーディング

Excel からのレイヤーの追加 (住所)

人口統計

マップでの ArcGIS Living Atlas Tapestry レイヤーのズームおよび画面移動。

マップでのインフォグラフィックス カードのズームおよび画面移動。

ジオエンリッチメント

ArcGIS GeoEnrichment Service (例: 米国の州レイヤー、米国の郵便番号レイヤー) を使用するレイヤーのズームおよび画面移動。

ストレージ

マップの共有

解析

バッファー/到達圏を作成します。

クレジットの使用

ArcGIS for Office では、ほとんどのクレジットがジオコーディングとデータへの情報付加に使用されています。 ArcGIS World Geocoding Service を使用すると、住所または場所名をマッピング可能な X、Y 座標のセットに変換できます。 ArcGIS GeoEnrichment Service は、郵便番号、州、郡などの標準行政区域を使用して、マップ上に配置できる地域に特化した情報 (人口統計データなど) を提供します。

ArcGIS World Geocoding Service および ArcGIS GeoEnrichment Service では、データセットに追加する属性の数に基づいてクレジットが消費されします。 ArcGIS でのクレジット消費の詳細については、「クレジットの概要」をご参照ください。