サポート環境

ArcGIS Maps for Office は、Microsoft Excel および Microsoft PowerPoint のアドインとして配置されます。ArcGIS Maps for Office が適切に動作するために、Esri はこれらのアプリケーションの運用構成を想定しています。Esri は、Microsoft Excel または Microsoft PowerPoint でサポートされていると認定されたソフトウェア環境でのみ ArcGIS Maps for Office をテストしていますが、Excel または PowerPoint でサポートされているすべての環境がテストまたは認定されているわけではありません。詳細については、「Esri がサポートする環境ポリシー」をご参照ください。

システム要件

ArcGIS Maps for Office には、Microsoft Excel または Microsoft PowerPoint が必要です。

必要なプロセッサ速度、メモリ、およびハード ディスク スペースなどの詳細については、以下のシステム要件をご参照ください。

埋め込みスプレッドシート

Microsoft Word を使用すると、ドキュメント内に Excel スプレッドシートを埋め込んで操作できますが、このワークフローは ArcGIS Maps for Office でサポートされていないため、推奨されません。

サポートされているプラットフォーム

ArcGIS Maps for Office は、以下のものとともに使用できるようにサポートされています。

  • Microsoft Office 2013 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Microsoft Office 2016 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Microsoft Office 2019 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Microsoft Office 365 (オンプレミス*)

メモ:

ArcGIS Maps for Office はオンプレミス (デスクトップ) バージョンの Office 365 をサポートしています。現時点では、Web ブラウザー アプリケーションはサポートしていません。

ArcGIS アカウント

ArcGIS Maps for Office を使用するには、ArcGIS Online 組織サイト内またはオンプレミスの ArcGIS Enterprise の配置内のコンテンツを作成、解析、および共有する権限を含んでいる ArcGIS ユーザー タイプを持つ必要があります。ArcGIS Online無料トライアル サブスクリプションにサイン アップできます。ArcGIS 管理者によって、プラットフォームへのアクセスに使用される認証方式が正しく構成されていることが前提になります。個人向けプランの ArcGIS Online アカウントは使用できません。

ArcGIS Maps for Office は、次の ArcGIS バージョンをサポートしています。

  • ArcGIS Onlineの現在のバージョン
  • ArcGIS Enterprise 10.3 以降

認証方法

ArcGIS Maps for Office は、次の認証方法をサポートしています。

プラットフォームArcGIS Online 組み込みIWAPKISAMLOAuth

ArcGIS Enterprise

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

ArcGIS Online

サポート対象

該当なし

該当なし

サポート対象

サポート対象

暗号化プロトコル

ArcGIS Maps for Office は次の暗号化プロトコルをサポートしています。

ArcGIS Maps for Office のバージョンSSL 1.0SSL 2.0SSL 3.0TLS 1.0TLS 1.1TLS 1.2TLS 1.3

2020.1.2

No

No

No

Yes

Yes

Yes

No

2020.1.1

No

No

No

Yes

Yes

Yes

No

2020.1

No

No

No

Yes

Yes

Yes

No

5.0.2

No

No

No

Yes

Yes

Yes

No

5.0.1

No

No

No

Yes

Yes

Yes

No

必要なソフトウェア

以下のソフトウェアをシステムにインストールして構成する必要があります。

  • ArcGIS Maps for Office アドイン
  • Microsoft Office 2013、2016*、または 2019 または Microsoft Office 365 オンプレミス
    注意:

    *Microsoft Office 2016 バージョン 16.0.6326.1010 では、ArcGIS Maps for Office の設定が仕様どおりに動作しません。その他の Microsoft Office 2016 バージョンはすべてサポートされています。

  • Microsoft Windows サポートされているバージョンは次のとおりです。
    • Windows 8 (32 ビットおよび 64 ビット)
    • Windows 8.1 (32 ビットおよび 64 ビット)
    • Windows 10 (32 ビットおよび 64 ビット)
    • Windows Server 2012
    • Windows Server 2012 R2
    • Windows Server 2016
  • Microsoft .NET Framework 4.5.2 以降
  • Microsoft Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime
  • Microsoft Visual C++ 2015 ランタイム アセンブリ

サポートされている言語

ArcGIS Maps for Office は次の言語で使用できます。

アラビア語、チェコ語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字: 香港)、中国語 (繁体字: 台湾)、デンマーク語、オランダ語、英語、エストニア語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語、ヘブライ語、イタリア語、日本語、韓国語、ラトビア語、リトアニア語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル (ブラジル) 語、ポルトガル (ポルトガル) 語、ルーマニア語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、およびベトナム語でサポートされています。

ArcGIS Maps for Office は、オペレーティング システム (OS) のカルチャ設定ではなく、[Excel のオプション] バックステージ ビューで指定された言語を使用します。サポートされていない言語を使用している場合、アプリは英語を使用します。