Insights in ArcGIS Enterprise のインストール

Insights in ArcGIS Enterprise

ArcGIS Insights in ArcGIS Enterprise をインストールして構成するには、配置環境で昇格された権限が必要です。

このインストールを実行するには、最低限の準備として、同じコンピューター上または分散環境内に別々に、Portal for ArcGIS および ArcGIS Server をインストールしておく必要があります。 Insights in ArcGIS Enterprise を使用するには、ArcGIS Enterprise の完全な基本配置が必要になります。

セットアップ プログラムでは、Portal for ArcGIS または ArcGIS Server がコンピューターにインストールされているかどうかが確認された後、適切な Insights 機能がインストールされます。 コンピューターが 1 台の配置では、セットアップを一度実行するだけで済みます。 Portal for ArcGIS が高可用性配置の設定になっている場合、両方のポータル コンピューター上でセットアップ プログラムを実行する必要があります。 ホスティング サーバーが複数のコンピューターで構成されるサイトであれば、その全コンピューターでセットアップ プログラムを実行する必要があります。

Portal for ArcGISArcGIS Server がどちらも検出されないと、プログラムが終了します。

Windows

次のセクションに従って、Windows でダウンロード、インストール、およびアンインストールを実行します。

インストール パッケージのダウンロード

Insights in ArcGIS Enterprise のインストール プログラムには、次の 2 つのインストール機能があります。

  • Portal for ArcGIS 上の Insights クライアント アプリケーション
  • InsightsArcGIS Server コンポーネント

Windows のインストール パッケージをダウンロードするには、次の手順に従います。

  1. 顧客番号に関連付けられている Esri アカウントを使用して My Esri サイトにサイン インします。
  2. [組織] に移動して、[ダウンロード] をクリックします。

    利用できるすべてのソフトウェア ダウンロード (お客様番号に基づく) が表示されます。

  3. 製品の中から ArcGIS Insights を見つけます。

    ソフトウェアの最新バージョンがデフォルトで選択されています。 配置と互換性のあるバージョンを確認するには、「ArcGIS Enterprise との互換性」をご参照ください。

  4. 必要に応じてバージョン番号を変更し、[ダウンロードの表示] をクリックします。
  5. [ダウンロード] ダイアログ ボックスで、バージョンと言語の情報を確認します。 必要に応じて、ダウンロード言語を変更します。
  6. [コンポーネントのダウンロード] タブの [製品コンポーネント] メニューで、[ArcGIS Insights (Windows)] を見つけます。
  7. [ダウンロード] をクリックします。

    インストール パッケージがダウンロードされ、ブラウザーのデフォルト フォルダー ([ダウンロード] など) に保存されます。

英語以外にサポートされている言語でヘルプ ドキュメントを表示する場合は、言語パックをダウンロードしてインストールする必要があります。

これで、インストール プログラムの実行を開始できます。

インストール プログラムの実行

注意:

SharePointOneDrive、および Jupyter Kernel Gateway 接続がデフォルトで有効になっています。 インストール プロセス中に、これらの接続を組織で無効にすることができます。

Insights をインストールすると、デフォルトで、Esri User Experience Improvement プログラムに登録されます。 インストール中に、このプログラムの登録を解除できます。

詳細については、「ArcGIS InsightsEsri User Experience Improvement プログラムの説明」をご参照ください。

Windows でインストール プログラムを実行するには、次の手順に従います。

  1. ダウンロードしたインストール ファイルの場所を参照して、setup.exe ファイルをダブルクリックします。
  2. インストール中に、使用許諾契約書の内容に合意します。合意しない場合は、終了してください。
  3. オプション: [セキュリティ設定] ダイアログで、該当するチェックボックスをオフにして、SharePointOneDrive、および Jupyter Kernel Gateway 接続を無効にします (これらの接続を組織で無効にする必要がある場合)。
  4. オプション: [プログラムをインストールする準備ができました] ダイアログで、[ここをクリックして、Esri User Experience Improvement プログラムに参加します。 (推奨)] をオフにして、Esri User Experience Improvement プログラムの登録を解除します。 ユーザー エクスペリエンスを向上させるために、このプログラムに登録することをお勧めします。
  5. [インストール] をクリックします。
    インストール プログラムで、コンピューターから ArcGIS Enterprise コンポーネント (Portal for ArcGISArcGIS Server、またはその両方) が検出され、適切な機能がインストールされます。
    注意:

    インストール プロセス中に Portal for ArcGISArcGIS Server が自動的に再起動されます。

分散環境で作業している場合は、クライアントをポータル コンピューター (高可用性配置では 2 台のコンピューター) にインストールし、サーバー コンポーネント (Insights サービスを含む) を ArcGIS Server サイトの各 ArcGIS Server コンピューターにインストールするまで、インストールを繰り返し実行します。

注意:

分散環境を利用しているときは、ポータル コンピューターとサーバー コンピューターの両方でインストール手順を実行することが重要です。 インストールが一部のコンピューターで実行されない場合、Insights は正しくインストールされません。

デフォルトのインストール ディレクトリは、次のとおりです。

  • ポータル クライアント アプリケーションの場合は C:\Program Files\ArcGIS\Portal\apps
  • サーバー コンポーネントの場合は C:\Program Files\ArcGIS\Server

Insights in ArcGIS Enterprise のアンインストール

Windows から Insights をアンインストールするには、次の手順に従います。

  1. [コントロール パネル] を開き、[プログラムと機能] をクリックします。
  2. [プログラム] リストから、コンピューターにインストールした Insights in ArcGIS Enterprise のバージョンを選択します。
  3. [アンインストールと変更] を選択して、Insights in ArcGIS Enterprise をアンインストールします。
    注意:

    アンインストール プロセス中に Portal for ArcGISArcGIS Server が自動的に再起動されます。

  4. 分散環境で作業している場合は、すべての Portal for ArcGIS コンピューターおよび ArcGIS Server コンピューターでアンインストール手順を繰り返し実行します。

Linux

次のセクションに従って、Linux でダウンロード、インストール、およびアンインストールを実行します。

インストール パッケージのダウンロード

インストール パッケージには、次のキー ファイルが含まれています。

  • Insights-<version-number>.portal.tgz - ポータルの Insights Web クライアント
  • Insights-<version-number>.server.tgz - ArcGIS Server サイトに必要な Insights サービス
  • Insights-Setup.sh - 上記の Web クライアントとサービスのサイレント インストールを実行するシェル スクリプト

  1. 顧客番号に関連付けられている Esri アカウントを使用して My Esri サイトにサイン インします。
  2. [組織] に移動して、[ダウンロード] をクリックします。

    利用できるすべてのソフトウェア ダウンロード (お客様番号に基づく) が表示されます。

  3. 製品の中から ArcGIS Insights を見つけます。

    ソフトウェアの最新バージョンがデフォルトで選択されています。 配置と互換性のあるバージョンを確認するには、「ArcGIS Enterprise との互換性」をご参照ください。

  4. 必要に応じてバージョン番号を変更し、[ダウンロードの表示] をクリックします。
  5. [ダウンロード] ダイアログ ボックスで、バージョンと言語の情報を確認します。 必要に応じて、ダウンロード言語を変更します。
  6. [コンポーネントのダウンロード] タブの [製品コンポーネント] メニューで、[ArcGIS Insights (Linux)] を見つけます。
  7. [ダウンロード] をクリックします。

    インストール パッケージがダウンロードされ、ブラウザーのデフォルト フォルダー ([ダウンロード] など) に保存されます。

英語以外にサポートされている言語でヘルプ ドキュメントを表示する場合は、言語パックをダウンロードしてインストールする必要があります。

これで、インストール プログラムの実行を開始できます。

インストール プログラムの実行

注意:

SharePointOneDrive、および Jupyter Kernel Gateway 接続がデフォルトで有効になっています。 インストール プロセス中に、これらの接続を組織で無効にすることができます。

Insights をインストールすると、デフォルトで、Esri User Experience Improvement プログラムに登録されます。 インストール中または、インストールの完了後に設定ファイルを更新して、プログラムの登録を解除できます。

詳細については、「ArcGIS InsightsEsri User Experience Improvement プログラムの説明」をご参照ください。

Linux でインストール プログラムを実行するには、次の手順に従います。

  1. 管理者権限を持つユーザーとしてコンピューターにサイン インします。

    注意:
    root ユーザーとして Insights をインストールすることはサポートされていません。

  2. 構文 ./Insights-Setup.sh を使用して、デフォルトのインストールを実行します。 次の構文オプションを追加して、インストールをカスタマイズすることもできます。
    • ./Insights-Setup.sh -h - インストールで使用できるオプションを表示します。 このコマンドでは、インストール プログラムは実行されません。
    • ./Insights-Setup.sh -e no (短い形式) または ./Insights-Setup.sh --esri-user-experience-improvement no (長い形式) - Esri User Experience Improvement プログラムの登録を解除します。 ユーザー エクスペリエンスを向上させるために、このプログラムに登録することをお勧めします。
    • ./Insights-Setup.sh --SharePoint no - Microsoft SharePoint 接続を無効にします (組織で無効にする必要がある場合)。
    • ./Insights-Setup.sh --OneDrive no - Microsoft OneDrive 接続を無効にします (組織で無効にする必要がある場合)。
    • ./Insights-Setup.sh --KernelGateway no - Jupyter Kernel Gateway 接続を無効にします (組織で無効にする必要がある場合)。

    複数の設定をデフォルト インストールに追加することができます。 たとえば、Esri User Experience Improvement プログラムの登録を解除し、SharePoint 接続を無効にするには、構文 ./Insights-Setup.sh -e no --SharePoint no を使用します。

    注意:

    インストール プロセス中に Portal for ArcGISArcGIS Server が自動的に再起動されます。

分散環境で作業している場合は、クライアントをポータル コンピューター (高可用性配置では 2 台のコンピューター) にインストールし、サーバー コンポーネント (Insights サービスを含む) を ArcGIS Server サイトの各 ArcGIS Server コンピューターにインストールするまで、インストールを繰り返し実行します。

注意:

分散環境を利用しているときは、ポータル コンピューターとサーバー コンピューターの両方でインストール手順を実行することが重要です。 インストールが一部のコンピューターで実行されない場合、Insights は正しくインストールされません。

Insights in ArcGIS Enterprise のアンインストール

Insights をアンインストールするには、コマンド ラインから次のスクリプトを実行します。

$ ./{HOME}/arcgis/portal/uninstall_Insights.sh
$ ./{HOME}/arcgis/server/uninstall_Insights.sh

分散環境で作業している場合は、すべての Portal for ArcGIS コンピューターおよび ArcGIS Server コンピューターでアンインストール スクリプトを実行します。

Insights のアンインストールが正常に完了したら、スクリプト $ ./{HOME}/arcgis/portal/startportal.sh を実行して Portal for ArcGIS を再起動するよう求められます。

Insights in ArcGIS Enterprise のアップグレード

旧バージョンの Insights in ArcGIS Enterprise がインストールされており、旧バージョンを最新バージョンにアップグレードする場合、旧バージョンをアンインストールする必要はありません。 ArcGIS Insights インストーラーを実行すると、ソフトウェアが最新バージョンにアップグレードされます。 Windows および Linux での Insights のインストールの詳細については、詳細な手順をご参照ください。

ArcGIS EnterpriseInsights の両方をアップグレードする場合、Insights をアップグレードする前に、まず ArcGIS Enterprise のアップグレード (アップグレード後の手順を含む) を実行することをお勧めします。 詳細については、「ArcGIS Enterprise Builder を使用した基本配置のアップグレード」または「ArcGIS Enterprise ポータルのアップグレード」をご参照ください。

ArcGIS Enterprise 配置でサポートされている Insights バージョンの詳細については、「ArcGIS Enterprise との互換性」をご参照ください。 サポートされているデータベース バージョンを確認することもできます。

次の手順

Insights in ArcGIS Enterprise のインストールが終了したら、次に、必要なユーザー タイプ、権限、およびライセンスを組織内の Insights ユーザーに割り当てます。 詳細については、「Insights in ArcGIS Enterprise および Insights in ArcGIS Online の管理」をご参照ください。