よくあるご質問 (FAQ)

ArcGIS Insights についてのよくあるご質問を次に示します。

全般

共有

データ

可視化

InsightsArcGIS Online で使用できますか?

はい。InsightsArcGIS OnlineArcGIS Enterprise の両方で使用できます。

詳細については、「ArcGIS Insights の概要」をご参照ください。

Insights をライセンスする方法は?

Insights はプレミアム アプリであり、組織の管理者がユーザーのアカウントに特定のライセンスを適用する必要があります。Insights のライセンスについて、アカウント マネージャーと相談してください。

Insights ライセンスの詳細については、Insights in ArcGIS Enterprise および Insights in ArcGIS Online の管理」ライセンス」をご参照ください。

ArcGIS Insights in ArcGIS Enterprise のインストールには何が必要ですか?

Insights in ArcGIS Enterprise を使用するには、サポートされている ArcGIS Enterprise バージョンと互換性があるInsights の基本配置が必要です。

詳細については、「ArcGIS Insights in ArcGIS Enterprise のインストール」をご参照ください。

Insights desktop のインストールには何が必要ですか?

Insights desktop は既存のすべての Insights in ArcGIS Enterprise および Insights in ArcGIS Online ユーザーが利用でき、Windows および macOS コンピューター上にインストールできます。

詳細については、「システム要件」および「Insights desktop のインストール」をご参照ください。

アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を使用して Insights をカスタマイズできますか?

いいえ。Insights は現在、API を使用したカスタマイズをサポートしていません。ただし、Insights in ArcGIS Enterprise および Insights desktop では Python および R でのスクリプト作成がサポートされているため、Insights で提供されている機能を拡張できます。

詳細については、「Insights でのスクリプトの作成」をご参照ください。

Insights の解析を他の ArcGIS アプリケーションで使用できますか?

Insights は、解析を実行したときや共有を行ったときに、複数の異なるタイプの出力を自動で作成します。Insights で作成されるほとんどのアイテム タイプは、Insights 内でのみ開いたり使用したりできます。共有データから作成されるフィーチャ レイヤーは、Map ViewerArcGIS Pro などの他のアプリケーションでも使用できます。パブリックに共有されているページは、Web サイトおよび Esri ストーリー マップ に埋め込むことができます。

詳細については、「作業の共有」をご参照ください。

共有ページはライブで表示されますか?

結果ページには、共有ページを作成した時点のデータのスナップショットが含まれています。そのため、データセットまたは解析に対する更新内容を表示するには、共有ページを更新する必要があります。

共有ページのデータがライブ状態になる場合は (クロス フィルターが適用される場合など)、例外があります。詳細については、「ページの共有と「共有ページでのデータベース接続のマッピングをご参照ください。

個々のカードを共有できますか?

いいえ。個々のマップ カード、チャート カード、およびテーブル カードを共有することはできません。ただし、カードの作成に使用されるモデルを共有するか、単一のカードを含むページを共有して、<iframe> を使用してそのページを表示することができます。<iframe> を使用してページを埋め込んだ場合にのみ、カードが表示されます。

誰が共有ページを参照できますか?

共有ページの表示設定は、共有する際に使用された設定によって異なります。Insights in ArcGIS Enterprise の配置では、ファイアウォールや非接続環境など、設定の他の要因も表示設定に影響を及ぼします。

詳細については、「ページの共有」をご参照ください。

Insights では、どのデータ タイプを使用できますか?

Insights では、フィーチャ レイヤー、ファイル、データベース データセット (Insights in ArcGIS EnterpriseInsights desktop で利用可能) など、複数のソースによるデータがサポートされています。

データ ソースの完全なリストについては、「サポートされるデータ」をご参照ください。

Insights からどのデータベースに接続できますか?

Insights in ArcGIS Enterprise および Insights desktop から Microsoft SQL ServerOraclePostgreSQL、および SAP HANA データベースに直接接続できます。詳細については、「サポートされているデータベース」をご参照ください。

Insights からジオデータベースに直接接続できますか?

Insights in ArcGIS Enterprise および Insights desktop から、エンタープライズ ジオデータベースを含んでいるサポート対象の Microsoft SQL ServerOraclePostgreSQL、または SAP HANA データベースに接続できます。ジオデータベースのサポートによって、ジオデータベース ユーザー テーブルを参照して Insights ワークブックに追加できるようになります。

詳細については、「サポートされているデータベース」をご参照ください。

カスタム シンボルを使用できますか?

Insights でカスタム シンボルを追加する唯一の方法は、カスタム シンボルとともにすでに保存されているデータを追加することです。それを行うための 1 つの方法は、ArcGIS Pro でカスタム シンボルを適用し、ArcGIS 組織でフィーチャ サービスとしてデータを公開することです。

個別値シンボルとしてスタイル設定されているマップまたはチャート カードがある場合、[レイヤー オプション] ウィンドウから個々のシンボルの色を変更できます。詳細については、「マップの作成」または「チャートの作成」をご参照ください。

カスタム カラー ランプを使用できますか?

Insights は現在、カラー ランプなどのカスタム シンボルの読み込みをサポートしていません。


このトピックの内容