会議室の構成

Indoors エクステンションのライセンスが付与された ArcGIS 組織で利用できます。

Indoor Viewer では会議室のワークスペース予約をサポートしています。 Viewer アプリでは、ユーザーが会議室のスケジュールを表示して、リアルタイムの空き状況と収容人数を基に近隣の会議室をフィルタリングできます。 これにより、各ユーザーはそれぞれのニーズに応じて利用可能な会議室をすばやく見つけて予約できるようになります。

注意:

ArcGIS Online の最新リリース、および Enterprise 11.1 以降で Reservations レイヤーまたは Microsoft 365 を使用してワークスペースの予約を構成できます。

Viewer では、ArcGIS Indoors Information Model の Reservations レイヤーを使用した会議室予約の管理をサポートしています。

会議室を構成して Viewer アプリで有効化するには、次の手順を実行します。

レイヤーの構成

ユニットを会議室として構成するには、次の手順を実行します。

  1. ArcGIS ProIndoors プロジェクトを開き、Indoors モバイル アプリ用に準備されたマップをアクティブ化します。
  2. [Units] レイヤーを右クリックし、[属性テーブル] をクリックします。
  3. RESERVATION_METHOD フィールドを見つけます。

    このフィールドは、ArcGIS Pro 2.9 以降の [Indoors データベースの作成 (Create Indoors Database)] ツールで作成されます。 ArcGIS Pro 2.8 以前を使用して Indoors ジオデータベースを作成した場合は、以下の手順に従って RESERVATION_METHOD フィールドを作成し、ドメインに関連付けてください。

    1. 次の構成で Units レイヤー用のドメインを作成します。

      名前

      DOM_RESERVATION_METHOD

      フィールド タイプ

      Long

      ドメイン タイプ

      コード値ドメイン

      スプリット ポリシー

      複製

      マージ ポリシー

      デフォルト

    2. 次のコード付きドメイン値を作成します。

      コード説明

      0

      Not Reservable

      1

      Reservable

    3. Units レイヤーを右クリックして、[データ設計] > [フィールド] の順にクリックします。
    4. RESERVATION_METHOD」という名前でフィールドを作成し、ドメインを「DOM_RESERVATION_METHOD」に設定します。
  4. 会議室予約で利用できるようにするすべてのユニットで、RESERVATION_METHOD フィールドの値を [予約可能] に設定します。

    たとえば、すべての会議室を予約可能として構成するには、[属性条件で選択 (Select By Attributes)] ツールを使用して、式を Where Use Type is equal to Conference Room に設定します。 次に、[フィールド演算 (Calculate Field)] ツールを使用して、式を RESERVATION_METHOD = 1 に設定して会議室のフィールド値を [予約可能] に設定します。

    注意:

    ツールの [ドメインの適用] チェックボックスをオンにして、データ更新時にドメイン値を適用します。

  5. 必要に応じて、各会議室ユニットの収容人数を CAPACITY フィールドに追加します。

    このフィールドに値を追加すると、Viewer で収容人数を基準に会議室をフィルター処理できます。

  6. Reservations フィーチャ レイヤーを追加してレイヤーの表示設定を設定します。
  7. フロア フィルターを使用したレイヤーのフィルタリングをサポートするようにレイヤーのフロア プロパティを構成します。

    このレイヤーの LEVEL_ID フィールドは、[フロア] プロパティに合わせて設定します。 この後、フロア フィルターを使用して、施設のフロア当たりの部屋の利用状況をリアルタイムで視覚化することができます。

  8. Web マップを共有します。

    組織で共有している既存の Web マップにレイヤーを追加した場合は、もう一度共有しなくても、Web マップを保存することができます。 これにより、Web マップの ID を保持できるため、既存の Web マップが構成されたアプリは引き続き動作します。

Viewer での会議室の有効化

会議室として構成したユニット、および予約レイヤーと Web マップを共有したら、次の手順を実行することで、Viewer アプリで会議室予約を有効化できます。

  1. Viewer 用の Web アプリを作成するか、既存の Viewer アプリを構成します。
  2. [アプリの構成] パネルで [ワークスペースの予約] セクションを参照して有効化します。

    Web マップの Reservations レイヤーがアプリによって自動的に検出され、[予約方法][予約レイヤー] に設定されます。 Web マップですべての前提条件が満たされている場合、[会議室] チェックボックスが自動的にオンになります。 オンにならない場合、[会議室] チェックボックスをオンにすることで、Web マップに不足しているアイテムのリストが表示されます。

  3. [保存] をクリックします。

会議室の予約

会議室の予約が構成されたマップのクイック アクセス メニューに [会議] ボタンが表示されます。 また、[イベントの追加] ボタンを使用して、会議をスケジュール設定することもできます。 会議室ビューには、場所と期間に基づいて利用可能な会議室のリストが表示されます。 会議室は、場所、サイト、建物、フロア、収容人数、会議の期間を基準にフィルター処理できます。 設備フィルターを構成している場合は、利用可能な設備で会議室をフィルタリングすることもできます。

マップ上で会議室が選択されている場合は、情報カードに [予約] ボタンが表示されます。 このボタンをタップすると、該当する会議室でスケジュール設定されている会議のスケジュールが表示されます。 会議をスケジュール設定するには、利用可能な時間枠をクリックして、開始時間と終了時間を事前に設定するか、時間フィールドを使用して、希望の時間を設定します。

Reservations レイヤーを使用して会議室が構成されている場合、会議室を予約するには、Enterprise または ArcGIS Online の ArcGIS 組織でデータ編集者以上のロールがユーザーに必要です。

会議室の予約を表示

Reservations レイヤーを使用して会議室を予約するようにマップが構成されている場合は、[会議] パネルの [予約済み] タブで予約済みの会議室を表示することができます。 予約を選択すると、情報カードが開き、デバイス上の優先カレンダー アプリへのリマインダーの追加や予約のキャンセルなど、さまざまな操作を実行できます。

Microsoft 365 を使用して会議室を予約するようにマップが構成されていた場合は、ユーザーが Indoors にサイン インした際に使用した Microsoft アカウントを使用して、Indoors アプリからリクエストが送信されます。 ユーザーは、そのリクエストが承認されたか拒否されたかを示す自動送信メールを受け取り、イベントがカレンダーに追加されます。 Google または Outlook のカレンダーから予約を削除することもできます。 これは、Microsoft OutlookMicrosoft Teams などの Microsoft アプリを使用して会議室を予約する場合の処理によく似ています。