フォームに記入する

編集が有効になったマップを操作してデータ収集用に設定する際、モバイル作業者は対象物、観測結果、および現場で実行された調査ごとに、フォームに記入することができます。 手動での値の入力に加えて、モバイル作業者は、以下を実行してデータ入力を簡略化できます。

モバイル作業者は、フォームに記入するときに、必要な情報を入力するとともに、整合チェック エラーを解決する必要があります。 すべての必須エントリ (ラベルの後ろにアスタリスクでマークが付けられている) が入力されるまで、[送信] ボタン 送信 は使用できません。 [送信] ボタンは、整合チェック エラー (フォーム内の無効なエントリの近くの赤いメッセージによって示される) が存在する場合にも利用できません。

写真、ビデオ、ドキュメント、および音声のファイルの添付

モバイル作業者は、写真、ビデオ、ドキュメント (*.csv、*.doc、*.docx、*.pdf.xls*、*.xlsx) および音声のファイルを添付して、対象物、観測結果、および調査に関する追加情報を提供できます。 フォームの上部の近くにある [写真の撮影] をタップして、写真を撮影して添付するか、[添付] をタップして既存の写真、ビデオ、ドキュメントまたは音声のファイルを添付するか、ビデオまたは音声を添付します。

デフォルトでは、Field Maps で撮影された写真のサイズは大 (980 x 1280) になります。 代わりに、アプリが小 (240 x 320)、中 (480 x 640)、特大 (1126 x 1500)、または実サイズの画像を使用することを指定できます。 実サイズは、写真の撮影に使用されるデバイスによって決まります。

要求されたサイズよりもすでに小さい写真を添付する場合、写真の実サイズが使用されます。 異なる縦横比を有する写真を添付する場合、その写真は、要求されたサイズの境界内に収まるが、その縦横比を維持するように、サイズ変更されます。

アプリの設定で、写真サイズを指定します。

アイテムを添付した後で、まだ編集をしている場合、添付ファイルを表示して、その名前を変更することができます。

注意:

モバイル作業者がファイルを添付できるようになるには、レイヤーが添付ファイルを許可する必要があります。 ホスト フィーチャ レイヤーの場合、フィーチャ レイヤーの詳細ページを編集します (「ArcGIS Online での添付ファイルの許可」または「ArcGIS Enterprise での添付ファイルの許可」をご参照ください)。 ArcGIS Server フィーチャ サービスの場合は、フィーチャクラスの添付ファイルを有効化して、サービスを再公開します (「ArcGIS Pro での添付ファイルの有効化」をご参照ください)。

ArcGIS API for Pythondownload_attachments Python スクリプトを使用して、フィーチャ レイヤーから添付ファイルをダウンロードできます。

バーコードおよび QR コードのスキャン

対象物にバーコードか QR コードが含まれている場合、Field Maps モバイル アプリを使用してバーコードまたは QR コードをスキャンし、そのスキャンに基づいて 1 つ以上のエントリにデータを入力します。 Field Maps では、[バーコード スキャナー] 入力タイプを含むテキスト エントリおよび数値エントリは、バーコードまたは QR コードをスキャンするためのオプションを含んでいます。 モバイル作業者が [バーコードまたは QR コードのスキャン] バーコードまたは QR コードのスキャン を選択すると、デバイスのカメラ アプリが開き、バーコードまたは QR コードを読み取ります。 スキャンが完了すると、バーコードまたは QR コードに含まれている情報が、選択されているエントリに入力されます。

注意:

[バーコード スキャナー] 入力タイプは ArcGIS Enterprise 10.9.1 以降でサポートされています。

Field Maps は、オペレーティング システムによってサポートされているバーコードおよび QR コードの形式をサポートします。 Android のサポートについては、「ML Kit を使用してバーコードをスキャンする (Android)」をご参照ください。 iOS のサポートについては、「コンピューターが読み取り可能なオブジェクト タイプ」をご参照ください。

バーコードおよび QR コードのスキャン

最近使用した値の再利用

フォーム間でフィールド エントリを再利用して、繰り返しのデータ入力タスクを最小限にすることができます。 モバイル作業者がフォームの記入を終えて別のフォームを開く際に、最近使用したエントリから値を選択して、新しいフォームに入力することができます。 最近使用した値を利用するには、その値を利用するエントリを選択して、利用できる最近使用した値から値を選択します。

注意:

テキスト、数値、およびコード値ドメインのエントリに最近使用した値は、対象物または観測結果の送信完了時に保持されます。 フォーム内のエントリごとに最大 3 つの値が格納されます。 最近使用した値は、同じレイヤー内の他の対象物または観測結果に適用できます。

最近使用した値

同時に複数のフォームを更新する

複数の対象物や観測データのフォーム エントリを同時に更新できます。 たとえば、モバイル作業者が調査を実行していて、複数の消火栓を検査に合格したとしてマークする必要がある場合、検査に合格した消火栓をすべて選択し、調査を追跡するフォーム エントリをすべて一度に更新できます。 詳細については、「複数の既存の対象物のフォームを更新」をご参照ください。