ユーティリティ ネットワーク トレース (ベータ版) ウィジェット

ユーティリティ ネットワーク トレース (ベータ版) ウィジェットでは、接続性と通過可能性に基づいて、ユーティリティ ネットワークでトレースを実行できます。 始点は、ネットワーク内のトレースの開始位置を定義し、バリア ポイントはトレースの停止位置を定義します。 トレース パラメーターは、各トレース タイプに対して事前設定されます。 ユーザーは 1 つのトレースを実行することも、複数のトレースを同時に実行することもできます。結果は、接続したマップで視覚化したり、選択したフィーチャのアセット グループ別リストやアセット タイプ別リストとして表示できます。

このウィジェットを使用して、次のようなアプリの設計要件をサポートします。

  • 水の供給を停止するために閉じる必要があるシステム バルブと、結果的に発生する断水の影響を受ける顧客を特定するために、分離性のトレースを実行します。
  • 雨水システムの汚染源として考えられる場所を特定するため、上流トレースを実行します。
  • 新たに編集されたフィーチャが、予期したとおりに接続されていることを確認するため、分岐バージョンで接続解析トレースを実行します。
  • 回路やゾーンなどのサブネットワークが定義されていること、または適切に編集されたことを確認するため、サブネットワーク トレースを実行します。

使用上の注意

このウィジェットには、マップ ウィジェットへの接続が必要です。 トレースを実行するには、マップ ウィジェットはユーティリティ ネットワーク (バージョン 5 以降) と、共有された指定トレース構成 (ArcGIS Enterprise 10.9 以降) を使用して公開された 2D Web マップ データ ソースに接続する必要があります。

  • Enterprise デプロイメントを使用してユーティリティ ネットワークを作成し、フィーチャ サービスを公開するには、ユーティリティ ネットワークの作成と構成の手順に従ってください。
  • フィーチャ サービスを公開したら、ArcGIS Pro を使用して指定トレース構成を追加し、Web マップを通じて共有できるようになります。

ウィジェットを使用するには、ユーザーは ArcGIS Utility Network ユーザー タイプ エクステンションのライセンスを割り当てられた ArcGIS Enterprise アカウントでサイン インする必要があります。

ネットワーク トポロジを有効化する必要があります。また、ダーティ エリアがトレースされた場合は、トレースの結果の正確さは保証されません。 トレース対象エリアのネットワーク トポロジは、ネットワークに加えられた最新の変更または更新を反映するよう、整合チェックを行う必要があります。

トレース結果のタイプは、Web マップを通じて共有された指定トレース構成によって異なります。 ウィジェットでは、トレース結果は、選択かグラフィックス、あるいはその両方として返されます (集約されたジオメトリが結果タイプとして設定されている場合)。

既知の制限

次に、ユーティリティ ネットワーク トレース (ベータ版) ウィジェットの既知の制限事項を示します。

  • ドメインのコード値は、選択されたフィーチャの結果タブ リストに表示されます。
  • 日付値は、現在、選択されたフィーチャの結果タブ リストにエポック タイムとして表示されます。
  • マップ サービスでのトレースの実行はサポートされていません。

設定

ユーティリティ ネットワーク トレース (ベータ版) ウィジェットには、次の設定が含まれます。

  • [ソース] - マップ ウィジェットを選択します。 接続された Web マップには、ユーティリティ ネットワーク (バージョン 5 以降) と、共有された指定トレース構成 (ArcGIS Enterprise 10.9 以降) が含まれる必要があります。

このトピックの内容
  1. 使用上の注意
  2. 既知の制限
  3. 設定