GPS トラックの記録

モバイル版 ArcGIS Earth では、モバイル デバイスでキャプチャした GPS の位置情報に基づいてトラックを記録できます。 GPS トラックが正常に記録されたら、シーンで表示および再生したり、共有可能なカードとしてフレーム化したり、KMZ ファイルとしてエクスポートしたり、ArcGIS EnterpriseArcGIS Online にアップロードしたりできます。 この KMZ ファイルをデスクトップの ArcGIS Earth に追加して、より高度な解析を行うこともできます。

注意:
  • 記録された GPS トラックは、KMZ 形式 (*.kmz) で保存されます。 この KMZ ファイルをオンラインの組織サイトにアップロードしたり、エクスポートしたり、またはデスクトップの ArcGIS Earth からアクセスしたりすることができます。
  • GPS トラックがアップロードされて、ArcGIS Enterprise または ArcGIS Online で KMZ ファイルとしてホストされている場合、ダウンロード オプションは組織または所有者と共有されているアイテムにしか使用できません。

トラックの記録

トラックを記録するには次の手順を実行します。

  1. スクリーンの下部にある [ツールボックス] ボタン [ツールボックス] をタップし、[ツアーとトラック] メニュー [ツアーとトラック] を選択して [トラック] ツール [トラック] をタップします。
  2. 記録を開始する前に、右上の [設定] [設定] を構成します。

    [設定] メニューには、必須となっている GPS の [精度] 設定や [ストリーミング] 頻度設定、記録する距離の計測に使用する [単位] 設定があります。

  3. デフォルトのライン シンボルと代替フットプリント シンボルから追跡スタイルを選択します。
  4. リアルタイムの位置をトラックしてレコーディング セッションを開始するには [開始] ボタン [開始] をタップします。 トラッキングを一時停止するには [一時停止] ボタン [一時停止] をタップします。 レコーディング セッションを再開するには [開始] ボタンを再度タップします。
  5. ベースマップ参照のオンとオフを切り替えるには、右上の [ベースマップ] ボタン [ベースマップ] をタップします。

    記録中は、ホーム ページに戻ってアプリで他のフィーチャを操作して、バックグラウンドで GPS の記録を続行できます。

  6. レコーディング セッションを終了するには [停止] ボタン [停止] をタップします。 保存するか、記録したトラックを破棄するかを選択します。

トラックの表示

トラックは [トラック] マイ トラック で管理します。 始点、終点、合計移動距離、合計移動時間、平均速度に関する情報を取得できます。 [共有] ボタン 共有 をタップすると、現在のシーンのスナップショットとトラックおよびトラック情報 (標高断面など) を含む共有可能なカードが作成されます。

トラックの共有

他のアプリと KMZ ファイルを共有するには [KMZ の共有] ボタン KMZ の共有 をタップします。 KMZ ファイルを ArcGIS Enterprise または ArcGIS Online にアップロードするには [アップロード] ボタン アップロード をタップします。

注意:
デスクトップ版の ArcGIS Earth では、KMZ ファイルを追加したり、ArcGIS EnterpriseArcGIS Online から共有済み KMZ ファイルをインポートして [標高断面図] など、他の解析機能を利用できます。