はじめに

ArcGIS Earth にようこそ

ArcGIS Earth は、ArcGIS Pro および Scene Viewer の機能を補完する、没入型の 3D 体験を可能にする軽くて使いやすいインターフェイスを提供し、グローブの地理空間データの操作を向上させます。 ArcGIS Earth を使用すると、社内の誰もがインターネット上またはファイアウォールの内側ですばやく 3D マップを表示できるようになります。 ArcGIS Earth では、次の操作が可能です。

  • Esri の REST API サービスの ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise にサイン インし、ポータル接続を管理します。
  • Esri のベースマップおよび ArcGIS Living Atlas of the World コンテンツの使用、OGC WMS および WMTS サービスへの接続、KML レイヤー、タイル パッケージ、シーン レイヤー パッケージなどのローカル データの 3D 表示ができます。
  • 標高プロファイル、見通しや可視領域の解析などの、対話形式の 3D 解析を実行できます。
  • シンプル ジオメトリを 3D で描画および計測できます。
  • 作業内容をワークスペースまたはイメージとしてローカルに保存したり、他のユーザーと共有したりできます。

ArcGIS Earth のダウンロードとインストール

ArcGIS Earth をインストールするには、次の手順に従います。

  1. ArcGIS Earthシステム要件を参照して、オペレーティング システムやハードウェアの前提条件を確認します。
  2. ArcGIS Earthホーム ページからダウンロードします。
  3. ArcGIS Earth インストール プログラムを起動し、準備ができたら [次へ] をクリックします。
  4. 使用許諾契約書を読み、同意します。 [次へ] をクリックして、インストールを続けます。 利用条件に同意しない場合は、インストールを終了する必要があります。
  5. ArcGIS Earth のインストールに使用するインストール コンテキスト (コンピューター単位 (すべてのユーザー) のインストールまたはユーザー単位のインストールのいずれか) を指定します。 [次へ] をクリックして続行します。
  6. [変更] をクリックしてインストール先のフォルダーを指定するか、[次へ] をクリックしてデフォルトの場所をそのまま使用します。

    注意:

    インストール先のフォルダーを変更した場合は、変更済みのパスに ArcGIS も ArcGIS Earth も含まれません。 カスタム インストールの場所にフォルダーを置き、ドライブのルートの場所は使用しないことをお勧めします。

  7. デフォルトの構成設定を使用するには [次へ] をクリックします。変更済みの構成ファイルをインポートするには [構成ファイルの指定] を選択して [参照] をクリックします (サンプル構成ファイル をダウンロードして構成可能パラメーターを編集します)。
  8. [インストール] をクリックしてインストールを開始します。
  9. インストールが終了したら、[完了] をクリックしてウィザードを閉じます。 アプリケーションをすぐに起動する場合は、[今すぐ ArcGIS Earth を起動します。] チェックボックスをオンのままにします。
注意:

サポートされている Windows Server オペレーティング システム上に ArcGIS Earth をユーザー単位でインストールする場合は、レジストリ キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\InstallerREG_DWORD データ タイプ DisableMSI (値 0) が設定されていなければなりません。 詳細は、MSDN に関するトピック「DisableMSI」をご参照ください。

ArcGIS Earth は、Microsoft Store から直接ダウンロードしてインストールすることもできます。

ArcGIS Earth のサイレント インストール

Windows インストーラーのコマンド ライン パラメーターを使用してセットアップを実行すると、ArcGIS Earth をユーザー インターフェイスを使用せずにインストールすることができます。

コマンド ライン パラメーターを使用した ArcGIS Earth のサイレント インストール

ArcGISEarth.msi を実行するときに使用できるコマンド ライン パラメーターは次のとおりです。 必要に応じて、これらを MSI コマンドライン オプションと組み合わせて使用します。 パラメーターでは大文字と小文字が区別され、以下で定義されているように使用する必要があります。

パラメーター必須説明

INSTALLDIR

なし

ArcGIS Earth のインストール場所。 指定しない場合、インストール先の場所が、コンピューター単位のインストールでは %System Drive%\Program Files\ArcGIS\Earth、現在のユーザー インスタンスのインストールでは %System Drive%\%USERPROFILE%\AppData\Local\Programs\ArcGIS\Earth になります (ALLUSERS パラメーターの説明をご参照ください)。

ALLUSERS

1

なし

ArcGIS Earth セットアップのインストール コンテキストを定義します。ALLUSERS=1 はコンピューター単位のインストールを意味し、ALLUSERS=2 はユーザー インスタンス単位のインストールを意味します。 このパラメーターを指定しないと、デフォルトでユーザー単位のサイレント インストールが実行されます。

管理者権限のないユーザーがこのパラメーターを 1 に設定した場合は、インストールが正常に実行されません。

2 (デフォルト値)

CONFIGFILE

なし

構成ファイルをインポートする場合は、コマンドラインで CONFIGFILE=UseConfigFile を指定します。 このパラメーターで有効な値と見なされるのは、これだけです。

CONFIGPATH

なし

このパラメーターは、CONFIGFILE=UseConfigFile と組み合わせて使用することで、<Installdir>\Earth\bin にインストールされる ArcGIS Earth の構成ファイルを指定できます。 選択したファイルは、bin ディレクトリで config.xml として名前が変更されますので注意してください。 CONFIGPATH パラメーターには、構成ファイルへの絶対パスとファイル名が含まれている必要があります。

ACCEPTEULA

あり

スクリプト化されたインストールに必要なプロパティです。

ArcGIS Earth の標準サイレント インストールの実行

コマンド ラインから次のセットアップを実行して、ArcGIS Earth をコンピューター単位 (すべてのユーザー) のコンテキストでインストールします。

msiexec.exe /i <setup staging location>\ArcGISEarth.msi ALLUSERS=1 INSTALLDIR="C:\MyArcGISEarth\" CONFIGFILE=UseConfigFile CONFIGPATH=\\networkmachine\earthconfigs\config.xml ACCEPTEULA=yes /qb

注意:
  • /qb を指定すると、進行状況とエラー処理の基本的な UI が表示されます。/qr を指定すると、表示される UI の数が少なくなり、/qn を指定すると、UI が何も表示されなくなります。 詳細は、MSDN に関するトピック「コマンドライン オプション」をご参照ください。

  • 空白文字をパス名に含めることはできません。
  • ローカライズされた ArcGIS Earth セットアップをインストールするには、TRANSFORMS=:xxxx.mst をコマンド ラインに追加します。 TRANSFORMS の値が指定されていない場合、デフォルトは英語になります。 TRANSFORMS の値は言語によって変更されます。
    • 日本語: 1041
    • ポーランド語: 1045
    • ロシア語: 1049
    • フランス語: 1036
    • ドイツ語: 1031
    • スペイン語: 1034