Skip To Content

新機能

Workforce for ArcGIS の Web アプリとモバイル アプリは定期的に更新されます。Web アプリは、プロジェクト所有者およびディスパッチャーが使用します。これには、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise を通じてアクセスします。モバイル アプリは、モバイル作業者が使用します。これは Android と iOS の両方で使用できます。

最新リリース

  • ArcGIS Online 用の Web アプリ - 18.0.2 (2018 年 3 月)
  • ArcGIS Enterprise 10.6.1 用の Web アプリ - 18.0.2 (2018 年 6 月)
  • Android および iOS 向けモバイル アプリ - 17.0.1 (2017 年 12 月)

プロジェクト所有者

Web アプリのバージョン 18.0.2 は、ArcGIS Online 用が 2018 年 3 月、ArcGIS Enterprise 10.6.1 用が 2018 年 6 月にリリースされました。これには小さなバグの修正が含まれています。

Web アプリのバージョン 18.0.1 は、ArcGIS Online および ArcGIS Enterprise 10.6 用が 2018 年 2 月にリリースされました。これには、次の機能強化と修正が含まれています。

  • ArcGIS Enterprise 10.6 のサポート。
  • CSV ファイルを介して、複数のモバイル作業者を プロジェクトに追加できるようになりました。

    プロジェクトに追加するモバイル作業者のリストがある場合、一度に 1 人ずつ追加する必要がなくなりました。代わりに、プロジェクトに追加するモバイル作業者を含んだ CSV ファイルを、各作業者の詳細情報も含めてアップロードすることができます。「ヒント: ファイルからモバイル作業者を追加」をご参照ください。

  • Explorer for ArcGIS との統合。

    モバイル作業者は Explorer で、アサインメントの位置を中心とした特定のマップを簡単に開くことができます。

  • GlobalIDCollector for ArcGISSurvey123 for ArcGIS に渡します。

    プロジェクトの構成時に、プロジェクト所有者は、Collector または Survey123 を開いたときに GlobalID が渡されるように指定できます。これにより、Collector または Survey123 で完了した作業をアサインメントに関連付けることができます。

  • 組織サイトがベクター ベースマップを使用するように構成されている場合は、デフォルトで [ナビゲーション] ベースマップを使用します。

    サポート対象の ArcGIS アプリで、組織サイトが Esri ベクター ベースマップを使用するように構成されている場合、[ディスパッチャー] マップと [作業者] マップの両方が [ナビゲーション] ベクター ベースマップとともに作成されます。動きがよく応答性の高いベースマップにより、お使いのマップが改善されます。

  • 多数のバグ修正および機能改善:
    • BUG-000109369 - タイル ベースマップを使用しないディスパッチャー マップのサポート

ディスパッチャー

Web アプリのバージョン 18.0.2 は、ArcGIS Online 用が 2018 年 3 月、ArcGIS Enterprise 10.6.1 用が 2018 年 6 月にリリースされました。これには小さなバグの修正が含まれています。

Web アプリのバージョン 18.0.1 は、ArcGIS Online および ArcGIS Enterprise 10.6 用が 2018 年 2 月にリリースされました。これには、次のような多数のバグ修正と機能改善が含まれています。

  • BUG-000109369 - タイル ベースマップを使用しないディスパッチャー マップのサポート
  • 一部の言語でのアプリ使用時のフォントの更新

モバイル作業者

2017 年 12 月にリリースされたバージョン 17.0.1 の Android および iOS モバイル アプリには、次の機能強化と修正が含まれています。

  • 写真やビデオをアサインメントに添付。

    モバイル作業者は、写真やビデオを添付して、完了した作業に関する追加情報を提出できるようになりました。組織の中には、作業完了の証明書の提出や、現場で追加作業が必要であると認められた問題のドキュメント化にこの機能を利用するところもあります。アサインメントの詳細をモバイル アプリで表示して、写真やビデオを添付します。

  • Collector for ArcGISSurvey123 for ArcGIS への追加情報の伝達。

    プロジェクト所有者によってこの機能が有効化されると、モバイル作業者は CollectorSurvey123 に追加情報を渡すことができます。Collector または Survey123 を起動すると、それぞれ新しいコレクションまたは調査が開始され、アサインメントから情報が取り込まれます。

    注意:

    Collector for ArcGIS でこれらの追加パラメーターを使用するには、Collector for ArcGIS 17.0.3 以降が必要です。

  • 並べ替えでの [重要] グループの削除。

    アサインメントの並べ替えで、指定の条件を基準にすべてのアサインメントが並べ替えられるようになりました。重要なアサインメントが固有のセクションで保持されなくなりました。