要件の説明

ArcGIS Workforce を使用するには、デバイス、ArcGIS アカウント、データが以下の要件を満たしている必要があります。アプリは、サポートされている言語で使用することができます。

デバイス要件

Workforce は、Web アプリに加えて、Android と iOS で使用できるモバイル アプリを備えています。

Web アプリ

Web アプリの使用により、プロジェクト所有者は Workforce プロジェクトを構成し、ディスパッチャーは作業を作成して割り当てます。最高のパフォーマンスを実現するには、次に示すいずれかの最新バージョンのブラウザーを使用します。

デスクトップ

  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Microsoft Edge
  • Safari
メモ:

Microsoft Edge Legacy は、ArcGIS Enterprise 10.8 以降でのみサポートされます。

タブレットとスマートフォン

  • ArcGIS 4.0 以降での Chrome
  • iOS 6.0 以降での Safari

モバイル アプリ

現場にいるモバイル作業者は、モバイル アプリを使用して各自のアサインメントを確認して実行します。

Android

  • Android 8.0 (Oreo) 以降
  • プロセッサ: armeabi-v7a または arm64-v8a
  • OpenGL ES 2.0 のサポート

iOS

  • iOS 13 以降
  • iPhone および iPad

ArcGIS アカウントの要件

注意:

モバイル アプリは ArcGIS Enterprise 10.7 以降に接続できますが、これらのバージョンは現在 Workforce 20.1.0 ではサポートされていません。ArcGIS WorkforceArcGIS Enterprise 10.8.1 対応になると、Workforce 20.1.0 でもサポートされる予定です。

Workforce をオフィスで Web アプリと一緒に使用したり、現場でモバイル アプリと一緒に使用したりするには、ArcGIS の組織アカウント (ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise) が必要です。ArcGIS Online および ArcGIS Enterprise 10.5.1 以降がサポートされています。

プロジェクト所有者アカウントの要件

プロジェクト所有者 (Workforce プロジェクトを作成するユーザー) は、組織の管理者または公開者である必要があります。ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 10.7 以降を使用している場合、Creator または GIS Professional ユーザー タイプを持つことができます。以前のバージョンの ArcGIS Enterprise の場合、レベル 2 のメンバーである必要があります。

ディスパッチャー アカウントの要件

ディスパッチャー (Web アプリを使用してアサインメントを作成および割り当てるユーザー) は、フィーチャの編集権限とグループへの加入権限を持つ必要があります ([フィーチャ] > [編集] または [フィーチャ] > [フルコントロールによる編集] および [グループ] > [組織のグループへの加入])。ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 10.7 以降を使用している場合、EditorField WorkerCreatorGIS Professional ユーザー タイプを持つことができます。以前のバージョンの ArcGIS Enterprise の場合、レベル 2 のメンバーである必要があります。

モバイル作業者アカウントの要件

モバイル作業者 (現場でアサインメントを実行するユーザー) は、フィーチャの編集権限とグループへの加入権限を持つ必要があります ([フィーチャ] > [編集] または [フィーチャ] > [フルコントロールによる編集] および [グループ] > [組織のグループへの加入])。ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 10.7 以降を使用している場合、ArcGIS Workforce のライセンスを持つ必要があります。このライセンスは、Field WorkerCreator、および GIS Professional ユーザー タイプに含まれています。Editors のアドオン ライセンスで利用できます。以前のバージョンの ArcGIS Enterprise の場合、モバイル作業者はレベル 2 のメンバーである必要があります。

サポートされている言語

アラビア語¹、ボスニア語²、簡体字中国語、繁体字中国語 (台湾)、繁体字中国語 (香港)、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、エストニア語²、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語、ヘブライ語¹、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、ラトビア語²、リトアニア語²、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル (ブラジル) 語、ポルトガル (ポルトガル) 語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語²、スペイン語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、ベトナム語

ArcGIS 組織サイトにサイン インしていない場合、Web アプリで使用される言語はブラウザーの言語設定によって決まります。サイン インしている場合、言語は ArcGIS ユーザー プロフィールの言語設定によって決まります。モバイル アプリ (Android または iOS) で使用される言語は、デバイスの言語設定によって決まります。

¹Android および iOS のみ

²Android および Web のみ