Skip To Content

アプリの表示と編集

Web AppBuilder で作成されたアプリは、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブのアイテムとして保存されます。そのアイテム タイプは、[Web マッピング アプリケーション] になります。

アプリケーションの表示

アプリケーションを表示するには、 [その他のオプション] ボタン その他のオプション をクリックして、[アプリケーションの表示] を選択するか、またはアイテムの詳細ページで表示します。

アプリがパブリックで共有され、パブリック アイテムを参照している場合、組織サイトの URL またはパブリック URL を通じてアプリを表示できます。アプリにパブリックによってアクセスするための URL パターンは次のとおりです。

www.arcgis.com/apps/webappviewer/index.html?id=<app item id>

[属性] タブの [アプリの状態] チェックボックスがオンになっている場合、ブラウザーを閉じると、アプリの状態 (マップの範囲とレイヤーの表示設定を含む) は自動的に保存されます。そのため、次回、同じブラウザーでアプリを開くと、アプリが同じ状態で表示されます。

注意:

アプリの状態は、以下のいずれかの URL パラメーターが使用される場合は適用されません。

  • extent
  • center
  • marker
  • find
  • query
  • scale
  • level

アプリケーションの編集

アイテムの詳細ページで、[アプリケーションの編集] をクリックして、Web AppBuilder のアプリを編集します。編集を終了したら、アプリを保存します。

注意:

管理者は、組織の他のメンバーが作成したアプリを直接編集および保存することができます。アプリが更新権限のあるグループと共有されている場合、グループ メンバーは直接アプリを編集および保存することもできます。