Skip To Content

ウィジェットの追加

[ウィジェット] タブを使用すると、アプリの機能を構成できます。各ウィジェットは、2D データ コンテンツまたは 3D データ コンテンツを操作するように専用に設計されているため、2D アプリ用の一連のウィジェットは、3D アプリ用のウィジェットとは異なっています。 さらに、各テーマでは、ウィジェットが独自に事前構成されており、ウィジェットの最初のセットは、テーマによって異なる場合があります。 折りたたみ可能なテーマで 2D アプリを構築した場合のデフォルト ウィジェットの例を以下に示します。

折りたたみ可能なテーマのデフォルト ウィジェットを含むウィジェット タブ

アプリでウィジェットの表示/非表示を切り替えるには、ウィジェットにポインターを合わせて、[このウィジェットを表示] ボタン このウィジェットを表示 または [このウィジェットを非表示] ボタン このウィジェットを非表示 をクリックします。

ポインターを合わせると表示されるボタンを含むパネル外ウィジェット

ウィジェットを構成するには、ウィジェットにポインターを合わせて [このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックし、表示されるウィジェット構成ウィンドウで設定を変更します。

パネル外ウィジェットとパネル内ウィジェット

事前に構成されたウィジェットには、パネル外ウィジェットとパネル内ウィジェットの両方が含まれている場合があります。 テーマの一部でないパネル外ウィジェットをウィジェット コントローラーに追加できます。 パネル内ウィジェットは、ウィジェット コレクションから削除したり、追加したりすることができます。 ウィジェット コレクションからウィジェットを追加するには、コントローラー ウィジェットを設定する方法と、プレースホルダーによる方法の 2 つがあります。

コントローラーに表示されるウィジェットを変更するには、[このコントローラーにウィジェットを設定] をクリックします。 空のプレースホルダーをクリックし、ウィジェットを選択してアプリに追加できるウィジェット コレクションを開きます。

ウィジェットの追加

[ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを検索するか、1 つまたは複数のウィジェットを選択します。 選択されたウィジェットに、青いボックス内でチェックマークが表示されます。 組織にホストされたカスタム ウィジェットがあり、それらのウィジェットにアクセスできる場合は、[カスタム] タブが表示されます。

ウィジェットの選択

コントローラー内でウィジェットの順序を変更するには、ウィジェットをクリックして、移動する場所 (赤線が表示されます) にドラッグします。

ウィジェットの順序の変更

また、1 つ以上のウィジェットを別のウィジェットにドラッグすることで、パネル内ウィジェットをグループ化することができます。 グループ化されたウィジェットは、コントローラー ウィジェットにフォルダー アイコンとして表示されます。 ウィジェットのグループを解除するには、各ウィジェットをグループの外にドラッグします。

ウィジェットのグループ化

パネル内ウィジェットは、画面上のパネル内ウィジェットの位置を決めるプレースホルダーに関連付けられています。 プレースホルダーは、数字のラベルが付けられています。 このプレースホルダーをクリックすると、ウィジェット コレクション ウィンドウが開きます。 各プレースホルダーに選択できるウィジェットは 1 つだけです。 ウィジェットの角をドラッグすると、パネルのサイズを大きくすることができます。 ウィジェットを削除するには、ウィジェットにポインターを合わせて、[このウィジェットを削除] ボタン このウィジェットを削除 をクリックします。

パネル内ウィジェットおよびプレースホルダー

ウィジェット構成が完了したら、[保存] をクリックします。

ウィジェット コレクションから追加されたウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 これを行うには、ウィジェットのドットをクリックして緑色に変えます。 最大 2 つのウィジェットを自動的に開くことができます。1 つはコントローラー上、もう 1 つはプレースホルダー内に開きます。

起動時に開くウィジェット

画面上のウィジェット

画面上のウィジェットは、マップ エリア内にアイコンが表示されるウィジェットです。 通常、これには、テーマからの事前に構成されたパネル外ウィジェットと、プレースホルダー内のウィジェットが含まれます。