Skip To Content

タイム スライダー ウィジェット

タイム スライダー ウィジェットを使用して時系列レイヤーをマップに表示し、アニメーションを再生して、データが時間とともにどのように変化するかを確認できます。 このウィジェットを使用すると、再生/一時停止ボタンでデータのアニメーションを制御したり、前の期間や次の期間に移動したりできます。

タイム スライダー ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. [時間設定] で、次の 2 つのオプションの 1 つを選択します。
    • [Web マップの時間設定の適用] - Web マップの時間設定が常に適用されます。
    • [時間設定の構成] - Web マップの設定に関係なく、カスタムの時間設定を構成します。
      1. [設定] ボタンをクリックして、[時間設定] ダイアログ ボックスを開きます。
      2. [タイム アニメーションの有効化] セクションで、時間対応レイヤーのタイム アニメーションを有効化します。
      3. [期間] セクションでは、データを表示する開始時間と終了時間を設定します。

        [期間] では、時間レイヤーにすでに完了したタイムラインがある場合に、履歴データの表示を構成するだけでなく、時間レイヤーにまだ累積中のデータがある場合に、ライブ データを表示することもできます。 たとえば、過去 2 時間のライブ交通状況の更新を表示できます。

      4. [時間表示] セクションでは、時間の経過に伴って表示するデータ量を指定できます。

        ここでの設定には、時間間隔の設定が含まれます。時間間隔は、マップが更新されて、その時点で有効なデータが表示されるまでの期間です。 時間間隔の設定に加えて、累積データを表示するか、または現在の時間間隔のデータのみを表示するかを指定することができます。

  3. [スライダー設定] で、スライダーの次のいずれかの設定を選択します。
    • 開いたときに自動再生。
    • ループ再生。
    • 時系列レイヤー名を表示。
    • 指定した形式で時間を表示。
  4. 必要に応じて、ウィジェット上に時系列レイヤー名を表示する場合は、チェックボックスをオンにします。
  5. [日時形式] ドロップダウン メニューから表示形式を選択します。

    デフォルトはマップに定義されている形式です。

  6. [OK] をクリックして構成を保存し、ウィンドウを閉じます。

タイム スライダー ウィジェットの使用

次の手順に従って、タイム スライダー ウィジェットを使用します。

  1. 時間対応レイヤーを持つマップで、マップ上のタイム スライダー ウィジェット ボタンをクリックして、ウィジェット パネルを開きます。 マップに時間対応レイヤーがない場合、タイム スライダー ウィジェットは開きません。

    Web マップでレイヤーのタイム アニメーションが無効化されている場合、ウィジェットはそのレイヤーを無視します。

  2. 必要に応じて、マップ上にウィジェットをドラッグします。
  3. [再生/一時停止] ボタンをクリックすると、アニメーションが開始または一時停止します。
  4. [前へ/次へ] ボタンをクリックすると、前のデータ間隔に戻ったり、次のデータ間隔に進んだりします。
  5. 再生速度を調整する場合は、速度メニューの上でマウス ポインターを動かします。
  6. パネルの閉じるボタンをクリックすると、タイム スライダー ウィジェットが閉じます。