Skip To Content

スワイプ ウィジェット

スワイプ ウィジェットを使用して、マップ内のさまざまなレイヤーのコンテンツを簡単に比較できます。水平ビュー モード、垂直ビュー モード、およびスパイグラス ビュー モードがあります。スワイプ ツールをスライドするか、マウスを動かすと、別のレイヤーのコンテンツが表示されます。たとえば、洪水の前後の画像を表示したり、関連する 2 つの主題レイヤーを 1 つのマップに表示したりするために使用できます。

スワイプ ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックして、ウィジェットを自動的に開くオプションをオンにします (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこの設定を行うことができます)。

  1. スワイプ ウィジェットにカーソルを置き、小さい目のアイコン 目のアイコン をクリックすると、アプリケーション内でこのウィジェットが表示されます。このウィジェットは、マップの左上隅 (現在の場所ウィジェットの右下) にあります。
  2. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    メモ:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  3. マップを操作するスタイルを選択します。

    スワイプ ツールのスタイル

    • [垂直バー] - スワイプ ツールを左右にスライドします。
    • [水平バー] - スワイプ ツールを上下にスライドします。
    • [スパイグラス] - スパイグラスをマップ上でドラッグします。スワイプするレイヤーのコンテンツがスパイグラス内に表示されます。
  4. 必要に応じて、[方向] ボタンを使用して、スワイプする方向を選択できます。
  5. [バーの色] を設定します。
  6. [スワイプ モード] を選択します。これにより、ウィジェットの使用時に、1 つ以上のレイヤーを一度に制御できます。
    • 単一レイヤー
    • 複数レイヤー
  7. [スワイプするレイヤーの選択] チェックボックスをオンにします。マップ内の一部のレイヤーをスワイプしたくない場合があります。
  8. デフォルトでスワイプするレイヤーを選択します。マップ上のすべての操作レイヤーがリストに表示されます。
  9. 単一のレイヤーをスワイプすることを選択した場合は、[スワイプ レイヤーにズーム] チェックボックスをオンにすると、スワイプするレイヤーに自動的にズームします。
  10. 必要に応じて、ウィジェットが開いたときにレイヤーを選択するパネルを非表示にします。
  11. [OK] をクリックして構成を保存し、ウィンドウを閉じます。

スワイプ ウィジェットの使用

  1. マップの左上隅にあるスワイプ ウィジェット アイコンをクリックすると、ウィジェットの表示/非表示が切り替わります。
  2. ウィジェットを表示しているときに、ウィジェット アイコン上でカーソルを動かして、スワイプするレイヤーをドロップダウン リストから選択します。

    スワイプするレイヤーをドロップダウン リストから選択する

    スワイプ ツールで有効なのは、マップに表示可能なレイヤーのみです。

    メモ:

    パネルを最小化して、マップに重ならないようにすることができます。

  3. スワイプ ツールをスライドするか、スパイグラスをドラッグすると、レイヤーのコンテンツがマップに表示されます。

    垂直バーを使用してレイヤーをスワイプする

    スパイグラスを使用してレイヤーをスワイプする

  4. [スワイプ] ウィジェット アイコンをクリックすると、ウィジェットが非表示になります。