Skip To Content

サマリー ウィジェット

サマリー ウィジェットを使用すると、現在のマップ内のフィーチャ レイヤーから、表示されているマップ範囲内にある数値属性を集計できます。 現在、サマリー ウィジェットは、フィーチャ サービスのフィーチャ レイヤーをサポートしています。 マップ サービスのフィーチャ レイヤーを使用する場合、各レイヤーを、グループ内のサブ レイヤーとしてではなく、マップに個別に追加する必要があります。

サマリー ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. ウィジェットのタイトルを入力し、必要に応じて、[ウィジェット アイコンの変更] をクリックして、このウィジェットのデフォルト アイコンを独自の画像と置換します。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。

  3. [サマリー レイヤーの選択] ドロップダウン リストからレイヤーを選択します。

    現在、サマリー ウィジェットは、マップに個別に追加されたフィーチャ レイヤーのみをサポートしています。 追加したいレイヤーがリスト内にない場合、ArcGIS FeatureServer の REST エンド ポイントからグループ レイヤーの一部として追加されていないか確認してください。

  4. [サマリー レイヤーのフィルター フィールド] ドロップダウン リストから、集計されたフィーチャをフィルター処理できるフィールドを指定します。
  5. [サマリー フィールドの追加] をクリックして、集計するフィールドを追加します。 フィールドの集計には、次のいずれかのオプションが使用できます。SUM、AVG、MIN、MAX。必要に応じて、それぞれのサマリー フィールドのラベルを指定します。 フィールドの順序を変更したり、フィールドを削除したりするには、フィールドにマウス ポインターを合わせて、[アクション] の下にある適切なボタンをクリックします。
    サマリー フィールドの追加
    注意:
    サマリー ウィジェットは、フィーチャのフィールドに空白や NULL 値が含まれていても、フィーチャの数に基づいて平均値を計算します。 空白または NULL 値は、これらの特殊な属性に関してフィーチャがデータを持っていないため、ゼロとして扱われます。
  6. 集計されたフィーチャの数を表示する場合は、[フィーチャ数の表示] オプションをオンにします。 必要に応じて、[フィーチャ数ラベル] テキスト ボックスで COUNT などのラベルを指定します。
  7. フィーチャをクラスターとして表示する場合は、[サマリー クラスターとして表示] オプションをオンにします。 このオプションは、ポイント フィーチャ レイヤーのみで利用できます。
  8. サマリー結果の自動更新間隔を分単位で定義します。

サマリー ウィジェットの使用

  1. サマリー ウィジェット ボタンをクリックすると、ウィジェットが開きます。

    サマリー ウィジェットはマップの下部に表示され、集計結果はウィジェット パネルに表示されます。

  2. パネルを左右にスクロールすると、その他の結果が表示されます。
    サマリー結果
  3. 集計されたフィーチャをフィルター処理するには、[フィルター] ドロップダウン リストをクリックして、フィルターを選択します。
  4. 構成中に [サマリー クラスターとして表示] オプションをオンにしたポイント フィーチャ レイヤーの場合、集計されたフィーチャはクラスターとして表示されます。
    ポイント クラスター