Skip To Content

状況認識ウィジェット

状況認識ウィジェットでは、マップ上の位置を指定し、指定の領域内にあるフィーチャ レイヤーの情報を解析することができます。

状況認識ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

注意:
このウィジェットは、ラスター レイヤーおよびフィーチャ コレクション (フィーチャ コレクションとして追加できる CSV ファイル、シェープファイル、マップ メモなど) に対応していません。

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. 必要に応じて、[ウィジェット アイコンの変更] ボタンをクリックし、アイコンを独自の画像に置き換えます。
    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。
  3. [解析] タブで [タブの追加] をクリックします。

    各タブでは、次のいずれかのオプションを使用して、マップ内のフィーチャ レイヤーと解析の種類を指定できます。

    • [サマリー] - 選択したレイヤーの数値フィールドのサマリー。
    • [近接] - 指定の領域内にあるレイヤーのフィーチャのリスト。
    • [最近接フィーチャ] - 該当する位置に最も近いフィーチャ。
    • [グループ化された数] - 指定の領域内にあり、指定のフィールドでグループ化されたフィーチャの数。
      注意:

      [グループ化された数] オプションを選択した場合は、[フィールドでグループ化] が必要になります。 [アクション] にある [編集] ボタンをクリックして、[フィールドでグループ化] を定義します。

  4. 必要に応じて、それぞれのタブのラベルを指定します。
  5. [アクション] にある [編集] ボタンをクリックし、[フィールド選択] ウィンドウを開いて、解析の対象とするフィールドを指定します。 数値フィールドの場合、必要に応じて、ランタイム解析結果とレポート内の値に対して [1000 区切り文字の表示] をオフにします (この書式設定の変更は、構成されたポップアップ フィールドのサマリー セクション内の数値には影響しません)。また、必要に応じて、指定した小数点以下の桁数で数値フィールドを四捨五入するか、切り捨てます。

    レイヤー サマリーをレポート内に表示することもできます。 [レポート オプション] で、[解析タイプ サマリー] (近接やグループ化された数など) と [構成されたポップアップ フィールド サマリー] (Web マップのポップアップ内に構成されているすべてのフィールドを表示するため) を選択します。

  6. 必要に応じて、[フィーチャ数の表示] チェックボックスをオンにして、パネル内の各タブに数を追加します。

    フィーチャ数

  7. 必要に応じて、[操作] で、タブの順番を変えるか、タブを削除します。
  8. 構成ウィンドウの [一般設定] セクションで次のオプションを指定します。
    • [タブのラベル] - このウィジェット内のタブのラベル。
    • [表示領域のラベル] - タブにある表示領域のラベル。

      タブ領域のラベル

    • [バッファー ラベル] - 必要に応じてバッファー距離に使用するラベル。
    • [最小バッファー距離] - バッファー処理の許容最小距離。
    • [デフォルトのバッファー距離] - デフォルトで設定されるバッファー距離。
    • [最大バッファー距離] - バッファー処理の許容最大距離。
    • [距離単位] - 近接および最近接フィーチャの解析に使用する単位と、解析でバッファー距離を指定する際に使用する単位。
    • [最近隣フィーチャの最大距離] - 最近隣フィーチャの検索時に使用される最大距離。
    • [測地線の形状の描画] - 測地線の形状で対象地域 (AOI) の描画を有効化します。このオプションをオンにすると、測地線計算を使用してバッファーの計算も行われます。
    • [ルート検索の有効化] - 該当する位置からフィーチャまでのルート検索を有効化します。 ルートの生成には、ルート案内ウィジェットも必要となります。
    • [レイヤー表示設定管理の無効化] - このウィジェットで使用されるレイヤーの表示設定の自動管理を無効化します。 このオプションが有効な場合、ウィジェットがオンになってもレイヤーの表示設定は変わりません。
    • [集計フィーチャの表示] - 集計解析を使用するタブのマップ フィーチャを表示します。
    • [選択色の設定] - 選択したフィーチャのハイライト表示に使用する色を指定します。
  9. 注意:

    天気オプションは、状況認識ウィジェットでは利用できなくなりました。

  10. [出力] タブでデータ出力設定とレポート設定を選択します。

    • [データ出力設定][保存の有効化] チェックボックスをオンにすると、フィーチャ サービスにフィーチャを追加したり、フィーチャ サービスからフィーチャを削除したりすることができるようになります。 [ポイントの保存][ラインの保存]、または [ポリゴンの保存] チェックボックスをオンにして、選択したタイプのレイヤーを指定します。
      注意:

      保存機能を有効にするには、フィーチャ サービスを編集可能にする必要があります。

      注意:

      必須フィールドを含むレイヤーの場合は、必須フィールドごとにデフォルト値が設定されており、対応するフィーチャ テンプレート内の属性にそのデフォルト値が反映されていることを確認します。 これに該当しない場合は、保存機能が正常に動作しません。

    • [スナップショットの有効化] オプションを使用すると、特定の時点での状況のスナップショットを作成できます。 この動作を可能にするには、次のスクリーン キャプチャに示された特定の権限が必要となります。

      スナップショットの権限

    • デフォルトでは、[CSV のダウンロードでフィールドをエクスポートします。] オプションで [すべてのフィールド] が選択されているため、エクスポートされた CSV ファイルにすべてのレイヤー フィールドが含まれます。 CSV ファイルに含まれるフィールドを制限するには、次のオプションのいずれかを選択します。
      • [解析タイプ フィールド] - 解析フィールドだけが含まれます。
      • [構成されたポップアップ フィールド] - Web マップの構成済みのポップアップ内のフィールドだけが含まれます。
    • [レポート設定] で、[レポートの有効化] チェックボックスをオンにすると、構成済みのタブからマップと集計情報のレポートを作成できるようになります。 必要に応じて、画像ボタンをクリックし、レポートのロゴ画像を指定します。 レポートの脚注に表示するテキストを入力したり、列のヘッダーの色を選択したりすることもできます。 印刷レポートの内容は、解析結果が表示されるマップと一連のテーブルです。 レイヤーのポップアップに表示されるフィールドは、各タブの詳細情報テーブルに反映されるフィールドです。

状況認識ウィジェットの使用

  1. [状況認識] ウィジェット ボタンをクリックすると、ウィジェットが開きます。 ウィジェットはマップの下部に表示されます。

    ウィジェットが開くと、[レイヤー表示設定管理の無効化] が有効化されていない限り、ウィジェットのソース レイヤーとして構成されたすべてのマップ レイヤーの表示設定がオフになります。 これらのレイヤーは、このウィジェットで使用された時点で表示されます。 このウィジェットがオフになると、レイヤーの表示設定が元の状態に戻ります。

    インシデントに関する情報の表示

    デフォルトで、[インシデント] タブが選択されています。

  2. 次のいずれかの方法で位置を定義します。
    • 既存のフィーチャをクリックして、ポップアップを表示します。 次に、[追加情報] ボタンをクリックしてフィーチャ アクションを一覧表示し、[場所の設定] を選択します。

      場所の設定

    • このウィジェットの [インシデント] タブにある描画ツールを使用して、解析する位置を作成します。

      バッファー距離

      必要に応じて、その位置までのバッファー距離を指定します。

      • 集計情報をダウンロードするには、[すべてをダウンロード] ボタン すべてをダウンロード をクリックします。
      • 位置をフィーチャ サービスに保存するには、[保存] 保存 をクリックします。
      • 位置情報と解析情報のスナップショットを作成するには、[スナップショットの作成] ボタン スナップショットの作成 をクリックします。
      • 位置情報と解析情報のレポートを作成するには、[レポートの作成] ボタン レポートの作成 をクリックします。
    • 生成されたレポートにマップ フィーチャを表示するには、[レイヤー表示設定管理の無効化] 構成設定を使用し、レポートの生成前にレイヤー リスト ウィジェットなどの他のウィジェットを使用して、該当するレイヤー表示設定を有効または無効にします。
  3. 指定のレイヤーの解析情報を表示するには、個々のレイヤー タブをクリックします。 ウィジェット パネルを左右にスクロールすると、その他の結果が表示されます。
    • 必要に応じて、[ダウンロード] ダウンロード をクリックして、解析したデータを CSV ファイルとしてダウンロードします。
    • ルート検索を有効化し、ルート案内ウィジェットをアプリのヘッダー コントローラーに追加している場合、必要に応じて [ルート案内] ボタン ルート案内ボタン をクリックし、インシデントからフィーチャまでのルート案内を取得します。 ライン インシデントおよびポリゴン インシデントの場合、適切な始点をルート案内ウィジェットに直接指定します。
      注意:

      [ルート案内] ボタンは、ウィジェットのタブにあります。

    • アクティブな位置を解除するには、[やり直す] ボタンをクリックします。
  4. ウィジェットの右上の閉じるボタンをクリックします。