Skip To Content

スクリーニング ウィジェット

スクリーニング ウィジェットを使用すると、対象地域を定義し、指定されたレイヤーを解析して、潜在的な影響がないか確認できます。 対象地域は、マップ上での描画、シェープファイルのアップロード、または座標と距離のペアを用いたトラバースの入力による場所名検索を使用して定義できます。 解析結果をウィジェット内で検査し、必要に応じて印刷レポート、CSV ファイルのダウンロード、またはフィーチャのダウンロードを通して共有できます。

このウィジェットの使用方法の例については、「環境解析」をご参照ください。

スクリーニング ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックして、ウィジェットを自動的に開くオプションをオンにします (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこの設定を行うことができます)。

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. 必要に応じて、[ウィジェット アイコンの変更] をクリックし、アイコンを独自の画像に置き換えます。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。

  3. [レイヤーの追加] をクリックします。
    各レイヤーを追加して、ウィジェットによって解析されるマップ内のフィーチャ レイヤーを指定します。 スクリーニング ウィジェットは、次のレイヤー タイプをサポートします。
    • フィーチャ サービス
    • マップ サービス
    注意:

    マップ サービスは、[コンテンツ] ウィンドウでネストしていない場合にサポートされます。 ネストされたレイヤーはサポートされていません。

  4. [解析] タブで、必要に応じて各レイヤーのラベルを追加します。
  5. [アクション] の下の編集ボタン 編集 をクリックし、解析結果用のフィールドを選択します。 属性が同じ値を持っており、レポートの並べ替えフィールドを設定している場合、フィールドによるフィーチャのグループ化を無効にできます。
    注意:

    そのフィールド リストを自動的に入力するには、Web マップでレイヤーのポップアップが有効になっている必要があります。

  6. [解析レイヤー] テーブルの [アクション] で、必要に応じて、レイヤーの順序を変更するか、レイヤーを削除します。
  7. [対象地域ツール] セクションで、対象地域の定義に使用できるツールを選択し、ラベルを付けます。
  8. [描画ツール] セクションで、必要に応じて、[ポイント][ポリライン][範囲][円][ポリゴン] 描画ツールのうち 1 つまたは複数を無効にします。

    また、描画モードのツールバーには [四角形による選択] が含まれており、これを使用すると、ユーザーは四角形を描画して特定のレイヤーからフィーチャを選択できます。 [選択可能なレイヤーの選択] 設定で [レイヤー名] ボックスをオフにして、このツールを無効にすることができます。

    有効になっている描画ツールと、[レイヤー名] チェックボックスを囲む緑色のボックス

  9. 必要に応じて、[ユーザーが解析に含めるシェープファイルをアップロードできるようにします] を有効にします。

    このオプションを使用すると、このウィジェットで解析するためのレイヤーをさらに追加できます。

  10. 必要に応じて、[表示されないレイヤーは解析または結果の報告をしない] を有効にします。

    このオプションを使用すると、縮尺の表示設定によって表示されないレイヤーとオフになっているために表示されないレイヤーは、[レポート] ボタンをクリックしても解析されません。 レイヤーの表示設定が原因でレイヤーが解析されない場合、そのレイヤーは印刷レポートにも表示されません。

  11. [面積] のデフォルトの単位を指定します。
  12. [長さ] のデフォルトの単位を指定します。
  13. [解析するフィーチャの最大数] に値を指定します。

    このパラメーターは、構成済みのレイヤーから返されて解析に使用されるフィーチャの最大数を制限します。

  14. デフォルトの解析結果単位に応じて、[検索許容値] の値をフィートまたはメートル単位で指定します。

    検索許容値は、対象地域がポイントまたはライン形状の場合に、フィーチャの選択に使用されます。

  15. [ダウンロード] タブの [ダウンロード設定] セクションで、次のいずれかのオプションを選択します。
    • [フィーチャ レイヤー] - ダウンロードしたいレイヤーを選択します。 このオプションは、CSV ファイルのダウンロードに対応しています。また、レイヤーが、同期が有効化されたフィーチャ サービスの場合は、ファイル ジオデータベースとシェープファイルのダウンロードもできます。
    • [データの抽出タスク (Extract Data Task)] - CSV ファイルのダウンロード用にすべてのレイヤーが有効化され、[データの抽出タスク (Extract Data Task)] ジオプロセシング ツールを使用してフィーチャ データをファイル ジオデータベースまたはシェープファイルとしてダウンロードできます。
    • [ダウンロードの無効化] - データのダウンロードを実行できなくなります。

    注意:
    ArcGIS Data Store バージョン 10.6 以前は、スクリーニング ウィジェットでのダウンロードに対応していません。

  16. [レポート設定] セクションで、次の任意またはすべての操作を実行します。
    • [印刷サービスの URL] を更新して、[Web マップのエクスポート (Export Web Map)] タスクが有効化された別の印刷サービスを使用します。
    • カスタム レイアウト テンプレートで別の印刷サービスを使用する場合は、必要に応じて [カスタム レイアウトの追加] をクリックし、そのテンプレートをレポートに使用できるようにします。

      新しいエントリが [レイアウト] テーブルに追加されます。 選択したレイアウトの [幅][高さ][ページ単位] を設定します。 これらの値を使用して、レポートのページ サイズを定義できます。

      注意:
      ArcGIS Enterprise で追加の印刷サービスを公開する場合、[パラメーター] セクションの下にあるサービスの [実行モード][同期] に設定されていることを確認します。

    • [デフォルトのレイアウト] を変更します。
    • [ロゴ] オプションで、画像をクリックしてロゴを変更します。

      ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ロゴとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。

    • デフォルトの [レポート タイトル] のテキストを変更します。
    • 必要に応じて、レポート内で次の値を表示する方法をカスタマイズします。 たとえば、多くのフィーチャにデータがない大規模なデータセットがある場合、テーブル内の空のセルとして表示して、レポートの確認を容易にすることができます。
      • データ値がありません
      • 適用外の値
    • [レポート列のタイトル色] オプションを変更します。 この色は、印刷レポートで列のタイトルの背景として表示されます。
    • 必要に応じて、[サマリーの表示] を無効にして、レポートからそのテーブルを除外します。
    • 必要に応じて、次の設定のいずれか、または両方をオンにして、印刷レポートで行を非表示にします。
      • すべての解析フィールドで値が 0 の行を非表示
      • すべての解析フィールドでデータ値が存在しない (NULL または空) の行を非表示
      注意:

      行は印刷レポートでのみ非表示になります。 特定のフィーチャのフィールドがすべて 0 または NULL 値の場合、行は実行時にウィジェット パネルで非表示になりません。

    • [脚注] テキスト ボックスに、印刷レポートで脚注として表示されるテキストを指定します。
  17. [一般] タブで、ウィジェットの [対象地域][レポート] で使用されるパネル ラベルを更新します。
  18. ウィジェットのデフォルト バッファー設定を更新します。
  19. マップ内でバッファーを表現するために使用されるシンボルを変更します。
  20. マップ内でポイント、ライン、またはポリゴンの対象地域を表現するために使用されるシンボルを変更します。
  21. [検索ソースの設定] タブをクリックします。 これらの設定を構成するには、「検索ウィジェットの構成」をご参照ください。スクリーニング ウィジェットの場合と同じ構成手順を実行します。

スクリーニング ウィジェットの使用

  1. スクリーニング ウィジェットのボタンをクリックすると、このウィジェットが開きます。

    このウィジェットは右側に表示されます。

    スクリーニング ウィジェットのボタン

  2. 次のいずれかの提供ツールを使用して対象地域を定義します。
    • 地名 - マップ内の位置を検索し、必要に応じてバッファーを適用します。
    • 描画 - マップ上にポイント、ライン、またはポリゴンを描画するか、マップからフィーチャを選択し、必要に応じてバッファーを適用します。 [選択可能なレイヤーの選択] リストを使用し、マップ内で選択可能なレイヤーを定義します。

      [描画] タブ

    • シェープファイル - 圧縮されたシェープファイルをアップロードし、必要に応じてバッファーを適用します。
    • 座標 - マップ内の検索、座標ペアの指定、またはマップ上でのポイントの描画によってトラバースの始点を特定します。 方位と距離のペアを指定して、トラバースを定義します。

      座標値の指定

  3. バッファーを定義します。
  4. [やり直す] をクリックして、定義済みの対象地域を削除し、新しい対象地域を作成します。
  5. [レポート] をクリックして、対象地域内の構成済みのレイヤーを解析します。

    解析結果がパネルに表示されます。 データが対象地域と交差しているレイヤーについてフィーチャ総数がレポートされ、次の情報と一意の属性の組み合わせをグループ化することで結果が表示されます。

    • 対象地域がポリゴンの場合のオーバーラップの面積
    • 対象地域がポリゴンの場合のオーバーラップの長さ

    Web マップの座標系の交差ジオメトリに対して、クリップ解析を実行することで、面積と長さが計算されます。 基本となるマップまたはフィーチャ サービスに Web マップ以外の空間参照がある場合、データの変換はサービスが行います。 Web マップで Web メルカトル座標系が使用されている場合、すべてのジオメトリ操作は測地線の長さと面積を使用して実行されます。Web メルカトルが使用されていない場合は、平面の長さと面積が使用されます。

結果についての調査

  1. レイヤーをクリックして、結果の詳細を展開します。 レイヤーの詳細は、次のスクリーン キャプチャのように展開されます。

    レイヤーの結果

  2. 設定ボタンをクリックし、結果に表示されるフィールドを選択して並べ替え順と並べ替えフィールドを変更します。
    注意:

    すべてのフィールドを無効にすると、レイヤーは印刷レポートに表示されません。

    結果で表示されるフィールドを選択する

  3. 必要に応じて、[アップロード] ボタンをクリックして、解析用にさらにレイヤーを追加します。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、圧縮したローカル シェープファイルを選択できます。

  4. 必要に応じて、[解析の単位の選択] ボタンをクリックして、解析結果の単位を変更します。

    ウィンドウが表示され、解析結果の長さと面積の単位を選択できます。

  5. 必要に応じて、[レポートの更新] ボタンをクリックして、現在の対象エリアの解析結果を更新します。
  6. [ダウンロード] ボタンをクリックし、形式を選択して、フィーチャ情報を CSV ファイル、ファイル ジオデータベース、またはシャープファイルのいずれかの形式でダウンロードします。

    ダウンロードしたレポートには、すべてのフィールドが含まれます。

  7. [印刷] ボタンをクリックし、ページのサイズと向きを選択して、解析結果のレポートを印刷します。

    新しいウィンドウが表示され、レポートのタイトルやコメントを変更できます。