Skip To Content

フィーチャ レポート ウィジェット

フィーチャ レポート ウィジェットでは、ユーザーからのデータ品質のフィードバックを収集および管理できます。 ユーザーは、エラーが発生している、または追加でレビューが必要な、マップ上の既存フィーチャをレポートできます。 また、存在しないフィーチャをマップ上でスケッチし、特定することもできます。 フィードバックは、レビューアーの結果としてジオデータベースに保存され、定義されたライフ サイクル ワークフローを通じて評価、管理されます。

ライセンス:

フィーチャ レポート ウィジェットを使用するには、ArcGIS Data Reviewer Server エクステンションが必要で、Data Reviewer ArcMap ベースのランタイム サーバー オブジェクト エクステンション (SOE) から利用可能なサービスを使用します。

ArcGIS Data Reviewer サーバー オブジェクト エクステンションの公開の詳細

フィーチャ レポート ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. このウィジェットのデフォルト アイコンを変更する場合は、[ウィジェット アイコンの変更] をクリックします。
    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。
  3. Data Reviewer Server の URL を入力し、[設定] をクリックします。 新しい URL マップ サービスの関連セッションが、[デフォルト セッション] ドロップダウン リストに表示されます。
  4. 結果の [レビュー技術者] 属性を設定する方法を選択します。 この属性を設定する方法は次のとおりです。
    • [ログイン ユーザー名] - アクティブなポータル ユーザー名が属性に設定されます。
    • [デフォルト値を入力] - 事前に定義された値が属性に設定されます。
    • [ユーザー入力の許可] - 送信時にユーザーが値を指定します。
  5. ドロップダウン リストから、デフォルト セッションとして使用するレビューアー セッションを選択し、[OK] をクリックします。

    レビューアーの結果は、デフォルト セッションとして選択したセッションにすぐに保存されます。

  6. デフォルトでは、現在のマップのすべてのレイヤーが、ウィジェットのエラー報告の対象となっています。 1 つ以上のレイヤーを対象外にするには、[含む] 列のチェックボックスをオフにします。
  7. レイヤーのエイリアス名を編集するには、現在の [エイリアス] 名をダブルクリックし、新しい名前を入力します。

    レイヤーのエイリアス値は、ウィジェットの UI での表示用としてのみ使用されます。 レイヤー値は、結果の resourceName 属性の設定に使用されます。

  8. [OK] をクリックして保存し、フィーチャ レポート ウィジェットの新しい構成を閉じます。

フィーチャ レポート ウィジェットの使用

  1. [選択] タブで、マップ レイヤーをドロップダウン メニューから選択します。
  2. 拡大し、レポートするフィーチャを選択します。 [詳細] ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. 次の中から、適切な [レビュー ステータス] 値を選択します。
    • フィーチャの追加
    • フィーチャの削除
    • フィーチャの移動
    • フィーチャの形状変更
  4. 必要であれば、問題に関するメモを入力できます。
  5. このフィーチャに伴う不適合の問題の [重要度] レベルを選択します。1 は最大の重要度、5 は最小の重要度を表します。
  6. [レポート作成者] フィールドに、この問題をレポートしているユーザーの名前を入力します。

    配置によっては、[レポート作成者] フィールドは表示されません。

  7. [報告] をクリックします。

    フィードバックが受け取られたことを表す、レポート受領通知が表示されます。 [OK] をクリックします。

  8. [描画] タブをクリックし、[描画] ツールバー オプションからジオメトリの種類を選択します。
  9. フィーチャを報告したいマップ上の正確な場所に移動し、描画します。 [詳細] ダイアログ ボックスが表示されます。
  10. 次の中から、適切な [レビュー ステータス] 値を選択します。
    • フィーチャの追加
    • フィーチャの削除
    • フィーチャの移動
    • フィーチャの形状変更
  11. 必要であれば、問題に関するメモを入力できます。
  12. このフィーチャに伴う不適合の問題の [重要度] レベルを選択します。1 は最大の重要度、5 は最小の重要度を表します。
  13. [レポート作成者] フィールドに、この問題をレポートしているユーザーの名前を入力します。

    配置によっては、[レポート作成者] フィールドは表示されません。

  14. [報告] をクリックします。

    フィードバックが受け取られたことを表す、レポート受領通知が表示されます。 [OK] をクリックします。