Skip To Content

関連テーブル チャート ウィジェット

関連テーブル チャート ウィジェットを使用して、フィーチャ レイヤーの関連テーブルの値のチャート (バー チャート、パイ チャート、または極座標チャート) を作成できます。

レイヤーの構造は、フィーチャ レイヤーおよびテーブル間のリレーションシップを必要とし、1 対多のジオデータベース リレーションシップである必要があります。

関連テーブル チャート ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. このウィジェットのデフォルト アイコンを変更する場合は、[ウィジェット アイコンの変更] をクリックします。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。

  3. ウィジェット構成ウィンドウの [チャート設定] セクションでは、次のオプションを指定します。
    1. 新しいレイヤーをウィジェットに追加するには、[新規追加] をクリックします。

      確認を求める画面が表示されたら、ウィジェットで構成するレイヤーと、チャートの描画に使用するレイヤーに関連するテーブルを定義します。 複数のレイヤーを構成する場合、各レイヤーのジオメトリ タイプが同じである必要があります。

    2. 必要に応じて、[チャート設定] テーブルで、上矢印ボタンと下矢印ボタンを使用してウィジェット内のレイヤーの順序を変更したり、[削除] ボタンをクリックして構成レイヤーを削除します。
    3. [セクション タイトル] フィールドで、フィールド名変数を含めてタイトルを定義します。
    4. [チャート タイトル] フィールドで、フィールド名変数を含めてタイトルを定義します。
    5. [説明] 領域で、フィールド名変数を含めてチャートに関する追加情報を入力します。
    6. [チャート タイプ] で、表示するタイプ (ライン チャート、バー チャート、パイ チャート、または極座標チャート) を選択します。
    7. [データ シリーズ フィールド] で、チャートの作成に使用する数値フィールドの値を選択します。
    8. [ラベル フィールド] で、チャートの作成に使用した値のフィールドを選択します。
    9. チャートのスタイル設定オプションを選択します。
      • [単一色] - すべての値は同じ色になります。
      • [テーマ別の色] - 値はテーマの色を使用します。
      • [フィールド値別の色] - 各値の色を定義します。
    10. バー チャートで、チャートの X 軸のタイトルを定義します。
    11. バー チャートで、チャートの Y 軸のタイトルを定義します。
    12. 必要に応じて、[レイアウト] ボタンをクリックし、チャートの外観のアウトラインをレイヤーごとに表示できます。
  4. [検索ソースの設定] セクションを構成するには、「検索ウィジェット」をご参照ください。 関連テーブル チャート ウィジェットでも同じ構成手順に従います。
  5. 必要に応じて、ウィジェット構成の [一般設定] セクションで、次のオプションを指定できます。
    1. [グラフィックス位置シンボル] - 住所または位置のシンボルを選択して調整します。
    2. [更新間隔] - チャートを更新する間隔を定義します。 この値は、0.1 ~ 1,440 分である必要があります。
    3. [場所の設定] ボタンを有効にすると、ユーザーはマップ上にピンをドロップして、検索を開始する必要があります。
  6. ヒント:

    複数のレイヤーでウィジェットを構成した場合、マップ内で構成したすべてのレイヤーをオフにして、マップの視覚的魅力を最適化することをお勧めします。 そうすることで、アプリケーション内のシンボルが重なったり、色が混ざったりすることがなくなります。

    最初に住所を検索するか、マップをクリックすると、ウィジェット内で構成されている 1 番目のレイヤーが関連チャートに表示され、対応するレイヤーがマップ上でオンになります。 別のチャートを選択すると、対応するレイヤーがオンになり、その他すべてのレイヤーがオフになります。

関連テーブル チャート ウィジェットの使用

  1. [関連テーブル チャート] ウィジェット ボタンをクリックすると、ウィジェットが開きます。
  2. 検索バーで住所を検索するか、マップ上の位置を直接クリックして検索を実行します。

    位置が定義されレイヤーが選択されると、チャート情報がウィジェット パネルに展開されて表示されます。

    関連テーブルの情報

  3. 必要に応じて、その他のレイヤーを構成している場合、各アイテムの見出しを選択すると、その他のチャートが表示されます。 チャートを折りたたむには、展開されている見出しをもう一度クリックします。
  4. バー チャートまたはパイ チャートにマウスポインターを合わせると、正確な数値が表示されます。