Skip To Content

ウィジェットの概要

Web AppBuilder には、すぐに使用できるウィジェットが数多くあります。 これらのウィジェットの根幹は、Web アプリの作成を簡単にすることを目的としています。 ほとんどのウィジェットには構成とカスタマイズに対応したパラメーターが含まれています。 通常、ウィジェットは、パネル外ウィジェットとパネル内ウィジェットの 2 種類に分類されます。

パネル外ウィジェット

パネル外ウィジェットは、パネル内にないウィジェットです。 オン/オフが可能で、コントローラーに追加できます。 テーマに埋め込まれたパネル外ウィジェットが [ウィジェット] タブに表示されます。 パネル外ウィジェットで設定可能な値の一覧を次に示します。

  • 3DFx - 一連の 3D アニメーション アプローチを使用して、地理情報を直感的で対話的な 3D 環境で視覚化および解析することができます。
  • 属性テーブル - 操作レイヤーの属性をテーブル形式で表示します。 現段階では、マップ サービス、フィーチャ サービス、およびマップ内のフィーチャ コレクションから取得されたレイヤーに対応しています。
  • コンパス - クリックすると、シーンが北向きで再描画されます。
  • 座標 - マップ上でポインターを移動させると座標が現在の地図投影法で表示され、マップをクリックすると座標が別の座標系で表示されます。
  • 範囲移動 - マップの前または次の範囲に移動することができます。
  • 全画面モード - 全画面モードでアプリを起動できます。
  • ホーム ボタン - クリックしてマップの初期範囲にズームします。
  • インシデント解析ウィジェット - 対象地域を定義し、現在の天気、人口統計情報、そのエリアに近いフィーチャなど、そのエリア周辺で発生している事象を把握します。
  • 現在の場所 - 物理的な場所を特定し、マップ上でその場所にズームします。
  • ナビゲート - シーンを回転したり画面移動したりします。
  • 概観図 - ベースマップ サービスの表示範囲全体を基準にしてマップ表示の現在の空間範囲を灰色の長方形で表示します。
  • 縮尺記号 - マップ上に縮尺記号を表示します。
  • 検索 - 既存のジオコーダー ウィジェットを置き換え、複数のソースの検索とヒントをサポートします。
  • 状況認識 - マップ上でインシデントを特定し、特定のインシデント領域内にあるさまざまなフィーチャ レイヤーの情報を解析できます。
  • スライド - Web シーンで取得されたスライドに基づき、シーンのさまざまなビューを表示します。
  • スプラッシュ - コンテンツをスプラッシュ画面に表示します。
  • サマリー - マップ範囲に基づきフィーチャの数値属性を動的に集計します。
  • スワイプ - マップの上に 1 つまたは複数のレイヤーの一部を表示します。
  • タイム スライダー - 時間対応レイヤーを含むマップ内でコンテンツを視覚化します。
  • ズーム スライダー - マップ表示に対話型のズーム コントロールを提供します。

パネル内ウィジェット

パネル内ウィジェットはウィジェット コントローラーで使用可能であり、アプリに追加できます。デフォルトでは、コントローラーに格納されています。 選択したテーマに応じて、ヘッダー構成のアプリの右上隅に表示されるか (折りたたみ可能なテーマなど)、サイドバー構成のアプリの左側に表示されます (タブ テーマなど)。

パネル内ウィジェットごとに、パネル上でユーザーの操作が必要です。 パネル内ウィジェットで設定可能な値の一覧を次に示します。

  • 情報 - アプリに関する情報を提供します。
  • データ追加 - ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise のコンテンツからレイヤーを検索するか、URL を入力するか、ローカル ファイルをアップロードすることで、エンド ユーザーがデータをマップに追加できます。
  • 解析 - ホストされたデータに対して一般的な空間解析を実行できるさまざまなタスクを含めることができます。
  • ベースマップ ギャラリー - ベースマップがギャラリー形式で表示され、その中から 1 つのベースマップを選択できます。
  • 属性の一括編集 - フィーチャを選択し、共通の属性を一括更新できます。
  • ブックマーク - すばやく移動するための表示範囲をブックマークできます。
  • Business Analyst - Business Analyst のインフォグラフィックスおよびクラシック レポートを生成する方法を提供します。
  • チャート - 選択したフィーチャのチャートを表示します。
  • 座標変換 - アナリストが座標を入力し、それらを UTM、Military MGRS、DDM、DMS、DD、および USNG といった一般的な形式の間で変換できます。
  • コスト解析 - 設計案をスケッチして、プロジェクトの推定コストを取得できます。
  • データ集約 - CSV ファイルに格納されている住所または座標情報から地理フィーチャを作成し、CSV ファイルと目的のレイヤーの間のフィールド情報を関連付ける方法を定義します。
  • 日光 - 時刻と月を変化させて日差しと影がシーンに与える影響を変更できます。
  • ルート案内 - 2 つ以上の地点間のルート案内を計算して表示します。
  • 距離と方向 - 線、円、楕円、および範囲リングを描画し、対象となる場所やオブジェクトに関する重要な情報を視覚化できます。
  • 地域検索 - 選択したポリゴンに関連するポイント フィーチャを検索したり、各フィーチャの詳細を表示したり、選択したポイント フィーチャへのルート案内を取得したりすることができます。
  • 描画 - マップ上に基本的なグラフィックスとテキストを描画します。
  • 編集 - 編集可能なレイヤー内でフィーチャを変更するためのツールです。
  • 緊急時応急措置指針 - 危険物の流出の種類とユーザーが選択したマップ上の場所に基づいて、潜在的な危険を特定できます。
  • フィルター - レイヤー内のフィーチャの表示設定を制限できます。
  • GeoLookup - マップ上のポリゴン レイヤーを使用して、CSV ファイルからの緯度と経度のポイントのリストに情報を付加します。
  • ジオプロセシング - ジオプロセシング サービスから取得されたタスクを使用できます。
  • グリッドのオーバーレイ - クライアント側のリソースを使用して、U.S. MGRS (Military Grid Reference System) グリッドをすばやくレンダリングできます。
  • インデックス格子線 - アナリストは対象地理領域を分割する際に使用するグリッドを作成できます。
  • グループ フィルター - マップ内の 1 つ以上のレイヤーに基づき、マップにフィルターを適用できます。
  • 画像計測 - 計測機能を使用してイメージ サービスで測定を実行できます。
  • 情報サマリー - 指定したレイヤーごとに、現在のマップ範囲に含まれるフィーチャの数を表示します。
  • インフォグラフィックス - マップと追加のデータ ソースにあるフィーチャ レイヤーの属性と統計情報データを視覚化して監視するためにグラフィックス テンプレートを提供します。
  • レイヤー リスト - アプリ内の操作レイヤーのリストを表示します。
  • 凡例 - マップまたはシーン上で可視化されているレイヤーの凡例を表示します。
  • 計測 - ポリゴンの面積やラインの長さを計測したり、ポイントの座標を検索したりすることができます。 3D では、2 点間の水平、垂直、および直線距離を測定できます。
  • 近隣検索 - 定義した住所または位置のバッファー内のフィーチャを検索したり、それらのフィーチャに関する詳細な情報を表示したり、選択したフィーチャまでのルート案内を取得することができます。
  • ネットワーク トレース - ジオプロセシング サービスを利用して、ジオメトリック ネットワークを作成し、その結果を操作します。 たとえば、ユーザーは、本管の破裂の位置を指定して、断水エリアを生成します。
  • 傾斜ビューアー - 画像の座標系を使用して、ネイティブの座標系で画像を表示します。
  • パーセル ドラフター - マッピング技術者が土地境界の説明を入力し、クロージャ エラーをチェックできます。
  • 印刷 - 現在のマップの高度な印刷または基本的な印刷ができます。
  • パブリック通知 - 所有者および占有者の財産を特定し、宛名ラベルや構造化テキスト ファイルを作成できるようになりました。
  • クエリ - 事前に定義済みのクエリを実行して操作レイヤーから情報を検索します。
  • 関連テーブル チャート - フィーチャ レイヤーの関連テーブルの値のチャート (バー チャート、パイ チャート、または極座標チャート) を作成できます。
  • フィーチャ レポート - ユーザーからのデータ品質のフィードバックを収集および管理できます。
  • レビューアー ダッシュボード - データ品質結果の統計情報がインフォグラフィックスで表示され、ユーザーの GIS データで識別されたデータ品質の問題が要約して示されます。
  • スクリーニング - 対象地域を定義し、指定されたレイヤーを解析して、潜在的な影響がないか確認できます。
  • 選択 - マップ上のフィーチャを対話的に選択し、選択したフィーチャに対してアクションを行えます。
  • 共有 - アプリをソーシャル メディア アカウントにポストしたり、リンクを電子メールで送信したり、Web サイトやブログに埋め込んだりして共有することができます。 また、アプリの URL パラメーターを定義しやすくします。
  • スマート エディター - ポップアップではなくパネルで属性を編集できる機能など、より多くの機能で編集ウィジェットを拡張したものです。
  • ストリーム - ストリーミング フィーチャ レイヤーからのリアルタイムのデータ フィードを可視化および制御します。
  • 適合性モデラー - アクティビティに最適な場所の検索、危険性の予測、事象が発生する可能性が高い場所の識別に役立ちます。
  • 脅威分析 - 問題が発生した場合の公共安全の担当者と初動対応者をサポートし、イベントの計画時に安全な距離と区域を特定します。
  • 可視解析 - 指定された距離、観測点の高さ、および視野に基づいて、観測点から見えるものを特定します。

ArcGIS Server Web サービスの操作

ArcGIS Online に組み込まれた Web AppBuilder は、セキュリティで保護されたサービスの追加およびアクセスのための ArcGIS Server 認証をサポートしています。 Web 層認証でセキュリティ保護されたサービスでは、管理者は信頼されたサーバーを構成して、ArcGIS Online が自動的に認証情報を通過できるようにする必要があります。 信頼されたサーバーが更新されると、アプリを編集し、更新された情報を必要に応じて保存する必要があります。 詳細については、ArcGIS Online の「ArcGIS Sever Web サービス」をご参照ください。