Skip To Content

レイヤー リスト ウィジェット

レイヤー リスト ウィジェットでは、操作レイヤーとそのシンボルがリスト形式で表示され、レイヤーを個別に表示または非表示にすることができます。 リスト内のレイヤーごとに、表示設定を調整できるチェックボックスがあります。 一部のレイヤーには、サブレイヤーやサブタイプが含まれています。

レイヤーがこのウィジェットに表示される順序はマップ内のレイヤーの順序と同じです。 このウィジェットでは、マップ内のレイヤーの順序を変更できます。

レイヤー リスト ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. 必要に応じて、[ウィジェット アイコンの変更] ボタンをクリックし、デフォルト アイコンを独自の画像と置換します。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。

  3. 必要に応じて、[タイトルの表示] チェックボックスをオンにして、ウィジェット パネル上にタイトル ラベル [レイヤー] を表示します。
  4. 必要に応じて、[ベースマップの表示] チェックボックスをオンにして、ベースマップ レイヤーをリストに入れます。
  5. 必要に応じて、[凡例を表示] チェックボックスをオンにします。

    このチェックボックスをオンにすると、レイヤーを展開して、そのレイヤーのシンボルを表示できるようになります。

  6. 必要に応じて、[デフォルトですべてのレイヤーを展開] チェックボックスをオンにします。

    これにより、アプリのすべてのグループ レイヤーがデフォルトで展開され、レイヤー リストに表示されます。

  7. 必要に応じて、レイヤーのショートカット メニューに表示する次のオプションをオンにします。
    • ズーム
    • 透過表示
    • ポップアップの有効化/無効化
    • 上に移動/下に移動
    • 属性テーブルを開く
    • 説明/アイテムの詳細を表示/ダウンロード
  8. リストに表示しないレイヤーは、マップ上でチェックボックスをオフにします。
  9. [OK] をクリックして、ウィンドウを閉じます。

レイヤー リスト ウィジェットの使用

レイヤー リスト ウィジェットを使用するには、次の手順に従います。

  1. アプリ内でレイヤー リスト ウィジェットをクリックすると、[コンテンツ] ウィンドウのレイヤー リストまたはテーブルが表示されます。
  2. [凡例を表示] オプションがオンの場合は、個々のレイヤーをクリックすると、そのレイヤーのシンボルが表示されます。
    凡例のあるレイヤー リスト
  3. レイヤーの右側にある下向き矢印をクリックすると、レイヤー メニューが表示されます。このメニューには、次のオプションがあります。
    • [ズーム] - マップ範囲をレイヤーの範囲に設定します。
    • [透過表示] - レイヤーの透過表示を設定します。
    • [ポップアップの有効化/ポップアップの削除] - フィーチャ レイヤーのポップアップを有効化または無効化します。 マップ内でフィーチャ レイヤーにポップアップが構成されていない場合、[ポップアップの有効化] をクリックすると、フィーチャ レイヤーのすべてのフィールド値が表示されます。
    • [上に移動] - レイヤーを 1 つ上のレベルに移動させます。
      注意:

      これは、エンド ユーザーがアプリ内でレイヤーを並べ替えるためのものです。 レイヤーの順序は保存されません。

    • [下に移動] - レイヤーを 1 つ下のレベルに移動させます。
      注意:

      これは、エンド ユーザーがアプリ内でレイヤーを並べ替えるためのものです。 レイヤーの順序は保存されません。

    • [属性テーブルを開く] - フィーチャ レイヤーの属性テーブルを開きます。
    • [説明/アイテムの詳細を表示] - レイヤーに関連付けられたサービス/アイテムの説明ページ/アイテム詳細ページを開きます (存在する場合)。
  4. [すべてのレイヤーの制御] ボタン すべてのレイヤーの制御 をクリックして、リスト内のレイヤーの動作を制御します。 レイヤーのオンとオフの切り替え、レイヤーの展開/折りたたみができます。 または、キーボード ショートカットを使用する方法もあります。 Ctrl キーを押しながらレイヤーのチェックボックスをクリックすると、同じレベルのレイヤーを有効または無効にできます。 Ctrl キーを押しながら矢印をクリックすると、同じレベルのレイヤーを展開または折りたたむことができます。
  5. 検索ボタン 検索ボタン をクリックして、レイヤーを検索します。
  6. リスト内のレイヤーが表示範囲外に出ると、使用できなくなります。
  7. 閉じるボタンをクリックして、[レイヤー リスト] ウィンドウを閉じます。