Skip To Content

画像計測ウィジェット

画像計測ウィジェットを使用して、イメージ サービスの計測を実行できます。 計測とは、幾何学的ルールを適用して、ラインと角度から取得した情報を基にラインの長さ、サーフェスの面積、容積を求める方法です。 また、これにはフィーチャの高さや絶対位置の計測も含まれます。

ジオリファレンスされたラスター データセットを含むイメージ サービスからは、距離、面積、ポイント、および重心位置を取得することができます。 センサー モデルが存在する場合、高さの計測値を取得できます。 影を利用して計測するには、太陽の角度情報が必要です。

ライセンス:

このウィジェットをアプリに含める場合は、エンド ユーザーが「画像計測ウィジェットの使用」セクションで説明した必要な権限を持っていることを確認します。

画像計測ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. このウィジェットのデフォルト アイコンを変更する場合は、[ウィジェット アイコンの変更] をクリックします。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。

  3. [計測操作の選択] フィールドでは、別の計測操作を選択してウィジェットに含めることができます。 次のようなオプションがあります。
    • ポイント
    • 距離と角度
    • 面積と周囲長
    • 重心
    • 底面から最上部
    • 最上部から最上部 - 影
    • 底面から最上部 - 影
    • ポイント (3D)
    • 距離と角度 (3D)
    • 面積と周囲長 (3D)
    • 重心 (3D)
  4. [デフォルトの角度単位] パラメーターを使用すると、角度の計測値に対して事前に選択されている計測単位を構成できます。 次のようなオプションがあります。
    • ラジアン
  5. [デフォルトの距離単位] パラメーターを使用すると、距離の計測値に対して事前に選択されている計測単位を構成できます。 次のようなオプションがあります。
    • インチ
    • フィート
    • ヤード
    • マイル
    • 海里
    • ミリメートル
    • センチメートル
    • デシメートル
    • メートル
    • キロメートル
  6. [デフォルトの面積単位] パラメーターを使用すると、面積の計測値に対して事前に選択されている計測単位を構成できます。 次のようなオプションがあります。
    • インチ
    • 平方インチ
    • 平方フィート
    • 平方ヤード
    • エーカー
    • 平方マイル
    • 平方ミリメートル
    • 平方センチメートル
    • 平方デシメートル
    • 平方メートル
    • アール
    • ヘクタール
  7. [計測結果をポップアップに表示] チェックボックスでは、計測をポップアップ ウィンドウに表示するか、計測ウィジェット内に表示するかを選択できます。 終了したら、[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

画像計測ウィジェットの使用

画像計測ウィジェットを使用するには、次の手順に従います。

  1. 画像計測を実行する権限を持っている組織サイトにサイン インしていることを確認します。 アプリ内のウィジェット アイコンをクリックして、ウィジェット パネルを開きます。
  2. ポイント計測アイコンをクリックしてから、マップ上のポイントをクリックします。 ポイントの座標が計測ウィジェットに表示されます。
  3. 角度と距離の計測アイコンをクリックしてから、マップ上にラインを描画します。 ウィジェットには、合計距離と方位角が、ウィジェットで設定した単位で表示されます。 単位は、設定ドロップダウン リストのオプションから変更できます。
  4. 面積と周囲長の計測アイコンをクリックし、対象地域の周辺を 2 回以上クリックしてポリゴンを描画します。 ウィジェットには、合計面積と周囲長が、ウィジェットで設定した単位で表示されます。
  5. 重心の計測アイコンをクリックし、2 回以上クリックしてポリゴンを描画して対象地域を作成します。 ウィジェットには、重心の座標が表示されます。
  6. [底面から最上部] ツールは、建物の底面から最上部までを計測して、建物の高さを計算します。 計測は、底面から最上部までが垂直であると想定したうえで行われます。 計測される建物に沿ったラインは、始点の真上に終点がある必要があります。
  7. 最上部から最上部 - 影ツールは、建物の最上部から、地面に伸びた建物の影の最上部までを計測し、建物の高さを計算します。 建物とその影のポイントは、同じポイントを表している必要があります。
  8. 底面から最上部 - 影ツールは、建物の底面から、地面に伸びた建物の影の最上部までを計算し、建物の高さを計算します。 影のポイントは、底面と垂直な建物のポイントを表している必要があります。
  9. 3D 計測をサポートしているイメージ サービスでは、設定ボタンをクリックすると、[3D で計測] チェックボックスにアクセスできます。 3D モードでは、[面積と周囲長][重心]、および高さ計測ツールを使用できます。 3D モードが選択されている場合、計算の調整に DEM が使用されます。