Skip To Content

インデックス格子線ウィジェット

インデックス格子線 (GRG) を使用すると、アナリストは対象地理領域を分割する際に使用するグリッドを作成できます。 グリッドはポイントまたはエリアから定義され、ディメンション、参照系、または時間と速度に基づいています。 インデックス格子線は、捜索救助、封鎖捜索、掃討作戦など、さまざまな軍事行動に使用できます。

インデックス格子線ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. ウィジェット アイコンを独自の画像に置き換えるには、[ウィジェット アイコンの変更] ボタンをクリックします。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。

  3. [ロック設定] 切り替えスイッチを使用して、アプリの配置時に設定をロックするかどうかを設定します。
  4. [グリッド] タブでは、以下を設定します。

    • セルのアウトライン色と透過表示
    • セルの塗りつぶし色と透過表示
    • セルの形状
    • セルの単位
    • グリッドの原点
    • [結果の操作レイヤー] - 現在の Web マップのポリゴン フィーチャ レイヤーで、ここに結果を保存できます。
      注意:

      リストには、組織のレイヤーのみが含まれます。 マップで他の組織のポリゴン フィーチャ レイヤーが使用されている場合は、リストには表示されません。

  5. [ラベル] タブでは、以下を設定します。

    • ラベルのスタイル
    • ラベル タイプ
    • ラベルの方向
    • ラベルの起点

  6. [参照系] タブでは、デフォルトの参照系を設定します。
    • MGRS (Military Grid Reference System)
    • USNG (United States National Grid)
    • ユニバーサル横メルカトル図法 (UTM)

インデックス格子線ウィジェットの使用

グリッドの外観は、さまざまな方法で作成および変更できます。 設定を開いて、その方法を確認していきましょう。

グリッドの作成設定

グリッドの作成設定ダイアログ ボックスを開き、設定を変更します。

注意:

これらの設定は、アプリを配置する前の構成時に設定がロックされていた場合は使用できません。

  1. グリッドを作成する方法を選択します。
  2. [設定] ボタンをクリックします。
  3. [グリッド設定] タブをクリックします。
  4. [セルの形状] の値を選択します。
    注意:

    セルの形状は、参照系でグリッドを作成する場合には使用できません。

  5. [セルの単位] の値を選択します。
    注意:

    単位は、参照系でグリッドを作成する場合には使用できません。

  6. [グリッドの原点] の値を選択します。
    注意:

    グリッドの原点は、ディメンションでポイントからグリッドを作成する場合のみ使用できます。

  7. [参照系] で、使用する参照系を選択します。
    注意:

    参照系は、参照系でグリッドを作成する場合のみ使用できます。

  8. [セルのアウトライン設定] で、色を選択して透過表示を調整します。
  9. [セルの塗りつぶし設定] で、色を選択して透過表示を調整します。
  10. [ラベル設定] タブをクリックします。
  11. [ラベルの起点] ドロップダウン リストからラベルの起点オプションを選択します。
    注意:

    ラベル タイプが参照系の場合、ラベルの起点は適用されません。

  12. [ラベル タイプ] ドロップダウン リストからラベル タイプを選択します。
    注意:

    参照系ラベル タイプは、ディメンション、または時間および速度でグリッドを作成する場合には使用できません。

  13. [ラベルの方向] ドロップダウン リストからラベルの方向を選択します。
    注意:

    ラベルの方向は、参照系でグリッドを作成する場合や、六角形セル形状を使用する場合には使用できません。

  14. [フォント] ドロップダウン リストからフォントを選択します。
  15. [テキスト サイズ] ドロップダウン リストから値を選択します。
  16. [テキスト色] ドロップダウン リストから色を選択します。
  17. スライダーまたはテキスト ボックスを使用して、[透過表示] の値を設定します。
  18. ドロップダウン リストとカラー パレットを使用して、[ハロー] のサイズと色を選択します。
  19. [表示] 切り替えスイッチをオン/オフに切り替えて、ハローを表示します。

エリアからのグリッドの定義

ディメンションまたは参照系で領域を定義して、グリッドを作成する方法について説明します。

ディメンションによるエリアからのグリッドの定義

ユーザー定義の範囲、指定のセル幅および高さ、水平および垂直セル数からグリッドを作成できます。

  1. ポリゴンまたは範囲のインタラクティブな描画ツールを使用して、領域を描画します。
  2. [行数と列数の定義] 切り替えスイッチをオンにし、[# 水平方向のセル] および [# 垂直方向のセル] の値を入力して、グリッドを特定の行数と列数で定義するか、スイッチをオフのままにして [セルの幅 (x)] および [セルの高さ (y)] の値を入力します。
    注意:

    • セルの幅と高さの単位は、グリッド設定で設定されます。
    • セルの形状が六角形の場合、セルの幅のみ使用できます。

  3. [グリッドの回転] の値を設定します。
    注意:

    グリッドの回転の単位は度です。

  4. 必要に応じて、[設定] ボタンをクリックして、構成ダイアログ ボックスで使用できる設定を変更します。
  5. [GRG の作成] をクリックします。
  6. グリッドからセルを削除するには、セルを右クリックして [削除] をクリックします。
  7. 必要に応じて、GRG の作成後に [公開] をクリックし、ホスト フィーチャ レイヤーとして保存します。

参照系によるエリアからのグリッドの定義

参照系に基づいて、ユーザー定義の範囲からグリッドを作成できます。

  1. 範囲のインタラクティブな描画ツールを使用して、領域を描画します。
  2. [グリッド サイズ] ドロップダウン リストからグリッド サイズを選択します。
  3. [GRG エリアを使用してグリッドをクリップ] 切り替えスイッチをオンにしてグリッドを描画範囲のみに制限するか、オフのままにして描画範囲が交差するすべてのグリッド セルを含めます。
  4. 必要に応じて、[ラベル形式] テキスト ボックスでテキストを編集します。
  5. 必要に応じて、[設定] ボタンをクリックして、構成ダイアログ ボックスで使用できる設定を変更します。
  6. [GRG の作成] をクリックします。
  7. グリッドからセルを削除するには、セルを右クリックして [削除] をクリックします。
  8. 必要に応じて、GRG の作成後に [公開] をクリックし、ホスト フィーチャ レイヤーとして保存します。

ポイントからのグリッドの定義

ポイントを使用して、ディメンション、参照系、または時間および速度でポイントから定義されるグリッドを作成します。

ディメンションによるポイントからのグリッドの定義

水平および垂直セル数、セル幅および高さに基づいて、ユーザー定義のポイント (手動入力または対話形式での選択) からグリッドを作成できます。

  1. [GRG 原点] テキスト ボックスに手動で座標を入力するか、インタラクティブな GRG 原点ツールを使用して、グリッドの原点を設定します。
  2. 必要に応じて、[入力の書式設定] ボタンをクリックして、[座標形式の文字列の設定] ダイアログ ボックスでの座標の書式設定を調整します。
  3. [# 水平方向のセル] および [# 垂直方向のセル] テキスト ボックスに値を入力します。
  4. [セルの幅 (x)] および [セルの高さ (y)] テキスト ボックスに値を入力します。
    注意:

    • セルの幅と高さの単位は、グリッド設定で設定されます。
    • セルの形状が六角形の場合、セルの幅のみ使用できます。

  5. [グリッドの回転] テキスト ボックスに回転値を入力します。
    注意:

    グリッドの回転の単位は度です。

  6. 必要に応じて、[設定] ボタンをクリックして、構成ダイアログ ボックスで使用できる設定を変更します。
  7. [GRG の作成] をクリックします。
  8. グリッドからセルを削除するには、セルを右クリックして [削除] をクリックします。
  9. 必要に応じて、GRG の作成後に [公開] をクリックし、ホスト フィーチャ レイヤーとして保存します。

参照系によるポイントからのグリッドの定義

参照系に基づいて、ユーザー定義のポイント (手動入力または対話形式での選択) からグリッドを作成します。

  1. [GRG 原点] テキスト ボックスに手動で座標を入力するか、インタラクティブな GRG 原点ツールを使用して、グリッドの原点を設定します。
  2. 必要に応じて、[入力の書式設定] ボタンをクリックして、[座標形式の文字列の設定] ダイアログ ボックスでの座標の書式設定を調整します。
  3. [グリッド サイズ] ドロップダウン リストからグリッド サイズを選択します。
  4. [# 水平方向のセル] および [# 垂直方向のセル] テキスト ボックスに値を入力します。
  5. 必要に応じて、[ラベル形式] テキスト ボックスでテキストを編集します。
  6. 必要に応じて、[設定] ボタンをクリックして、構成ダイアログ ボックスで使用できる設定を変更します。
  7. [GRG の作成] をクリックします。
  8. グリッドからセルを削除するには、セルを右クリックして [削除] をクリックします。
  9. 必要に応じて、GRG の作成後に [公開] をクリックし、ホスト フィーチャ レイヤーとして保存します。

時間および速度によるポイントからのグリッドの定義

時間および速度に基づいて、ユーザー定義のポイント (手動入力または対話形式での選択) からグリッドを作成します。

  1. [GRG 原点] テキスト ボックスに手動で座標を入力するか、インタラクティブな GRG 原点ツールを使用して、グリッドの原点を設定します。
  2. 必要に応じて、[入力の書式設定] ボタンをクリックして、[座標形式の文字列の設定] ダイアログ ボックスでの座標の書式設定を調整します。
  3. [時間] テキスト ボックスに値を入力して、ドロップダウン リストから単位を選択します。
  4. [速度] テキスト ボックスに値を入力して、ドロップダウン リストから単位を選択します。
  5. [行数と列数の定義] 切り替えスイッチをオンにし、[# 水平方向のセル] および [# 垂直方向のセル] テキスト ボックスに値を入力して、グリッドを特定の行数と列数で定義するか、スイッチをオフのままにして [セルの幅 (x)] および [セルの高さ (y)] テキスト ボックスに値を入力し、セル サイズでグリッドを定義します。
    注意:

    • セルの幅と高さの単位は、グリッド設定で設定されます。
    • セルの形状が六角形の場合、セルの幅のみ適用されます。

  6. [グリッドの回転] テキスト ボックスに回転値を入力します。
    注意:

    グリッドの回転の単位は度です。

  7. 必要に応じて、[設定] ボタンをクリックして、構成ダイアログ ボックスで使用できる設定を変更します。
  8. [GRG の作成] をクリックします。
  9. グリッドからセルを削除するには、セルを右クリックして [削除] をクリックします。
  10. 必要に応じて、GRG の作成後に [公開] をクリックし、ホスト フィーチャ レイヤーとして保存します。

GRG の公開

グリッドをホスト フィーチャ レイヤーとして、ポータルまたは組織アカウントに公開します。

注意:

GRG を公開すると、アプリが更新されるまで、グリッドが操作レイヤーとしてマップに追加されます。

  1. [公開された GRG レイヤー名] テキスト ボックスに、ホスト フィールド レイヤーの名前を入力します。
  2. [公開] をクリックします。
  3. [サイン イン] ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力します。
  4. [OK] をクリックします。