Skip To Content

ジオプロセシング ウィジェット

ジオプロセシング ウィジェットには、ジオプロセシング タスクを実行するダイナミック ユーザー インターフェイスが組み込まれています。ジオプロセシング ウィジェットでは、入力レイヤーと出力レイヤーのシンボルを構成できるだけでなく、パラメーターのデフォルト値を変更することもできます。

ジオプロセシング ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックして、ウィジェットを自動的に開くオプションをオンにします (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこの設定を行うことができます)。

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. [設定] ボタンをクリックして ArcGIS Online または ArcGIS Server からジオプロセシング サービスを追加します。
    注意:
    Web AppBuilder に統合されている ArcGIS Online は、ArcGIS Server が提供するパブリック サービスおよびセキュアなサービスにアクセスできます。ただし、セキュアなサービスに関して、IWA、PKI、LDAP 認証などの Web 層認証を使用する ArcGIS Server はサポートしていません。詳細については、ArcGIS Online の「ArcGIS Sever Web サービス」をご参照ください。
    注意:
    ジオプロセシング ウィジェットは、ArcGIS Online の空間解析サービスをサポートしていません。

    注意:
    ジオプロセシング ウィジェットは、OGC Web Processing Services (WPS) をサポートしていません。

    タスクに関する入力パラメーターと出力パラメーターが [入力][出力] に一覧表示され、[レイヤーの順序] および [オプション] セクションも表示されます。

    ジオプロセシング セクション

  3. [入力] で各入力パラメーターを構成するには、そのパラメーターをクリックして有効にします。公開済みジオプロセシング サービスで定義されたデフォルト値は、[ラベル][ツールチップ]、およびデフォルト値 (この場合は [フィーチャの入力方法][シンボル]) に入力されます。これは次のいずれかのオプションを使用してフィーチャを入力できます。
    • マップ上での対話的な描画
    • ローカル ファイル システムのシェープファイルの使用
    • マップからレイヤーを選択
    • [URL]

    現在のマップ範囲をポリゴンの入力フィーチャとして使用できる [現在のマップ範囲を使用] オプションもあります。

  4. [表示] をクリックすると、パラメーターをウィジェット インターフェイスに表示します。

    デフォルト値の内容は、パラメーターのタイプによって異なります。詳細は、「ジオプロセシング パラメーターのタイプ」をご参照ください。

  5. [出力] パラメーターをクリックして有効にし、構成します。出力のラベルとツールチップを設定し、以下のチェックボックスをオンにして、出力の表示方法を制御します。
    • この出力を無視
    • デフォルトでこのレイヤーを非表示
    • 出力に、異なるスキーマが含まれている可能性があります。定義済みスキーマではなく、動的スキーマを使用してください。
  6. [レンダリング] タブをクリックします (この場合は、GPFeatureRecordSetLayer)。
    1. [使用] セクションで、ドロップダウン リストから [個別値シンボル] を選択します。
    2. [表示] セクションで、ドロップダウン リストから [ToBreak] を選択します。
    3. カラー パターンを選択します。
    4. [値の追加] ボックスでプラス記号 (+) をクリックして、表示する別の値を追加します。
    5. 一致しない値のシンボルを表示するには、リストにある [その他] アイテムをオンにして、シンボルを選択します。選択したシンボルを表示しない場合は、このオプションをオフにします。
      ジオプロセシング出力パラメーターのレンダリングの構成
  7. 出力フィーチャの [ポップアップ] ウィンドウに表示するフィールドを選択します。ポップアップを有効化するには、[ポップアップの有効化] チェックボックスをオンにします。[追加] ドロップダウン矢印をクリックして、ポップアップ タイトルのフィールドを選択します。[表示] 列のチェックボックスをオンにすると、フィーチャをクリックした時点でポップアップにフィールドが表示されるようになります。フィールドを並べ替えるには、フィールドの横にある上向き矢印と下向き矢印をクリックします。
    ジオプロセシング出力パラメーターのポップアップでの構成
  8. 出力パラメーターが GPRecordSet の場合、出力テーブルに表示するフィールドを構成できます。
  9. レイヤー (入力および出力) の順序を設定するには、[レイヤーの順序] セクションにある上向き矢印と下向き矢印をクリックします。

    注意:
    出力フィーチャ レイヤーがヒート マップとタイルセット レイヤー (マップ、画像、タイル) の上に常に表示されます

  10. [オプション] セクションで、[操作レイヤーとして結果を追加] をクリックして、出力レイヤーをマップの操作レイヤーに追加します。[結果のエクスポートを許可] をオンにすると、結果を CSV、フィーチャ コレクション、または GeoJSON ファイルにローカルにエクスポートするだけでなく、結果をフィーチャ コレクション アイテムとして ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise[コンテンツ] ウィンドウにある [マイ コンテンツ] タブに保存することもできます。さらに、ジオプロセシング サービスが [マップ サービスに結果を表示] パラメーターを使用して公開されている場合は、[結果マップ サービスの描画オプションを使用] オプションが有効になります。マップ サービスで結果を描画することを選択できます。このオプションを使用する場合、ステップ 5 の [出力][レンダリング] 機能が無効になります。
    オプション
    [出力に異なるスキーマが含まれている可能性があります。定義済みスキーマではなく、動的スキーマを使用してください] チェックボックスがオンになっている場合、出力フィーチャのスキーマは、フィールドの定義とジオメトリ タイプも含めて予測できません。そのため、レンダリングは無視され、フィーチャ セットはデフォルト シンボルを使用するグラフィック レイヤーとして追加されます。
  11. [OK] をクリックして、ダイアログ ボックスを閉じます。

ジオプロセシング ウィジェットの使用

  1. ウィジェット アイコンをクリックして、ジオプロセシング ウィジェットを開きます。
  2. 入力パラメーターごとに値を入力します。この例では、ArcGIS Online から取得された到達圏解析ジオプロセシング タスクを使用しています。このタスクでは、1 つ以上の起点とスペースで区切られた一連の運転時間を使用して、その時間で到達できる範囲を算出します。
  3. すべての必須入力パラメーター (名前の横にアスタリスクが付いています) に値を設定したら、[実行] をクリックしてタスクを送信します。

    [出力] タブを選択すると、実行が完了するまで進行状況インジケーターが表示されます。

  4. タスクが完了したら、ジオプロセシング結果がマップ上に表示されます。[出力] をクリックして属性を表示します。
    属性が表示された状態のジオプロセシング出力
  5. [結果のエクスポートを許可] ボックスがオンの場合は、省略記号 ([…]) をクリックし、結果を次のいずれかの形式でエクスポートできます。
    • CSV ファイルにエクスポート
    • フィーチャ コレクションにエクスポート
    • GeoJSON にエクスポート
    • マイ コンテンツに保存

    [マイ コンテンツに保存] オプションを使用すると、結果をフィーチャ コレクション アイテムとして ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise[コンテンツ] ウィンドウにある [マイ コンテンツ] タブに保存できます。

  6. 位置を消去するには [入力] タブにある [消去] をクリックし、マップからジオプロセシング結果を消去するには [出力] タブにある [x] をクリックします。