Skip To Content

地理検索ウィジェット

地理検索ウィジェットは、マップ上のポリゴン フィーチャ レイヤーを使用して、*.csv ファイル内の位置リストに情報を付加します。 ポリゴン レイヤーから選択したフィールドが位置に追加されます。 このウィジェットは、選択したマップに依存し、マップにポリゴン フィーチャ レイヤーが含まれていない場合は機能しません。

地理検索ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. ウィジェットのタイトルを設定します。必要に応じて、このウィジェットのデフォルト アイコンを変更する場合は、[ウィジェット アイコンの変更] ボタンをクリックします。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウを使用すると、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。

    マップにポリゴン レイヤーがある場合、リストに表示されます。

  3. 情報を付加するレイヤーをオンにして、[フィールド] の下の編集ボタンをクリックします。

    [レイヤー フィールドの構成] ウィンドウが表示されます。

  4. 情報付加プロセスの過程でデータ ポイントに組み込むフィールドをオンにします。 作業が完了したら、[OK] をクリックします。
  5. *.csv ファイル内のデータ ポイントに対して、情報付加プロセスのステータスを表す 2 つのシンボルを指定します。

    このステータスは、ポイントが情報付加レイヤーと交差するかどうかを示します。 ポイントをプロットするだけで情報を付加しない場合、これらのシンボルは、*.csv ファイル内のデータ ポイントに対して、情報付加と関係ないステータスも表します。

  6. 必要に応じて、[高度な設定] をクリックします。

    ここでは、*.csv ファイルの値と、情報付加プロセスの結果を設定できます。 次のようなオプションがあります。

    • [緯度情報が格納されているフィールド名] - *.csv ファイルの緯度フィールドが既存のリストに含まれていない場合に、緯度フィールド用の新しいフィールド名を追加します。
    • [経度情報が格納されているフィールド名] - *.csv ファイルの経度フィールドが既存のリストに含まれていない場合に、経度フィールド用の新しいフィールド名を追加します。
    • [レイヤーと交差した場合に作成される、値が格納されたフィールド名] - デフォルト名は intersected です。 必要に応じて、変更します。
    • [位置がポリゴンと交差した場合に格納する値] - intersected フィールドに格納されるデフォルト値は、ポイントがポリゴン レイヤーと交差している場合は [In] です。 必要に応じて、変更します。
    • [位置がポリゴンと交差しなかった場合に格納する値] - intersected フィールドに格納されるデフォルト値は、ポイントがポリゴン レイヤーと交差していない場合は [Out] です。 必要に応じて、変更します。
    • [CSV ファイル内の最大行数] - CSV のデフォルトの最大許容行数は、1000 です。 必要に応じて、変更します。
    • [処理を高速化するためのポイント クラスター閾値] - 情報付加プロセスを高速化するために、ウィジェットはクライアント コンピューター上に情報付加レイヤーをキャッシュして、サーバー リクエスト数を減らそうとします。 この数値は、ウィジェットが 1 回の処理でグループ化するデータのまとまりです。 デフォルトでは、この値は 500 です。 必要に応じて、変更します。
  7. [OK] をクリックして高度な設定を保存します。
  8. [OK] をクリックして構成ウィンドウを閉じます。

地理検索ウィジェットの使用

  1. 地理検索ウィジェット ボタンをクリックすると、ウィジェットが開きます。
  2. [CSV の選択] をクリックして、*.csv ファイルを参照します。 ファイル エクスプローラーでファイルを選択して、[開く] をクリックします。

    ポイントがマップ上に描画され、情報付加のステータスを報告する [メッセージ] がパネルに表示されます。

    メッセージ

    レイヤー リスト ウィジェットを開くと、CSV レイヤーが追加されていることがわかります。

    注意:

    このウィジェットは、ファイル システムがアクセスできないデバイスでは使用できません。

  3. 必要に応じて、*.csv ファイルをウィジェット上にドラッグ アンド ドロップできます。
  4. レイヤーと交差するマップ上のポイントをクリックします。

    ポップアップに、*.csv ファイルからのフィールドに加えて、交差したフィールドとポリゴン レイヤーから追加されたフィールドが表示されます。

    情報付加された位置のポップアップ

  5. 結果を削除するには、[消去] ボタンをクリックします。
  6. 情報を付加しないでマップ上のポイントを表示するには、[ポイントのみをプロット] オプションをオンにして、手順 2、3、4 を繰り返します。