Skip To Content

ベースマップ ギャラリー ウィジェット

ベースマップ ギャラリー ウィジェットには、ベースマップがギャラリー形式で表示され、ギャラリーの中から 1 つのベースマップを選択してアプリのベースマップにすることができます。 この場合は、ユーザー定義のベースマップでも、組織またはポータルから取得されたベースマップでもかまいません。 ただし、ベースマップ ギャラリー ウィジェットに追加されたどのベースマップにも、同じ空間参照が必要です。 実行時にアプリを組織またはポータルのベースマップ ギャラリー設定と同期させることもできます。

通常、タイル スキーマが現在のベースマップのものと異なるベースマップは、ウィジェットから除外されます。 デフォルトのベースマップがダイナミック レイヤーである場合、ダイナミック レイヤーか ArcGIS タイル マップ サービス レイヤーに切り替えることができます。 デフォルトのベースマップがタイル レイヤーである場合、タイル スキーマが同じタイル レイヤーかダイナミック レイヤーに切り替えることができます。 最良のパフォーマンスを確保するには、ギャラリーに追加するベースマップはすべて、キャッシュ済み (タイル) レイヤーにすることをお勧めします。

以下に、ベースマップ ギャラリー ウィジェットでサポートされている/サポートされていないベースマップのリストを表示します。

  • サポートされていないベースマップ
    • 異なる空間参照
    • タイル スキーマが異なるタイル ベースマップ
    • ダイナミック ベースマップから Bing、OSM、または WMTS への切り替え
    • ダイナミック ベースマップからタイル イメージ サービス ベースマップへの切り替え
    • WMS サービス
  • サポートされているベースマップ
    • タイル ベースマップ間の切り替え
    • ダイナミック ベースマップ間の切り替え
    • ダイナミック ベースマップからタイル マップ サービス ベースマップへの切り替え
    • タイル ベースマップからダイナミック ベースマップへの切り替え

ベースマップ ギャラリー ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. 組織またはポータルから取得されたベースマップは、デフォルト オプション [組織のベースマップ ギャラリーの設定と常に同期] が設定された構成ダイアログ ボックスに表示されます。

    注意:

    組織またはポータルの [ベースマップ ギャラリー] から取得されたベースマップには別々の空間参照を設定できますが、ArcGIS Web AppBuilder に現在読み込まれている Web マップと同じ空間参照を持つベースマップだけが構成ウィンドウに表示されます。 このことは既知の制限事項です。

  3. 必要に応じて、[ウィジェット アイコンの変更] ボタンをクリックし、このウィジェットのデフォルト アイコンを変更します。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルを選択できます。

  4. 実行時にアプリを組織またはポータルのベースマップ ギャラリー設定と同期させる場合は、デフォルト オプション [組織のベースマップ ギャラリーの設定と常に同期] をそのまま使用します。
  5. また、[カスタム ベースマップの構成] を選択して、グループからベースマップをインポートするか、ベースマップを作成することもできます。
    • [インポート] をクリックします。 [ベースマップのインポート] ウィンドウが表示されたら、ドロップダウン メニューからグループを選択し、このウィジェットに追加するマップをクリックします。 [OK] をクリックして、ウィンドウを閉じます。 別のグループからベースマップをさらに追加する場合は、この手順を繰り返します。
    • (このオプションは非推奨です。) [新規作成] をクリックします。 [新規作成] ウィンドウが表示されたら、タイトルとマップ サービスの URL を指定し、サムネイル画像をクリックして、独自の画像ファイルに置き換えます。 必要に応じて、[URL の追加] をクリックして、マップ サービスの別の URL をベースマップに追加します。 [OK] をクリックして、ウィンドウを閉じます。 ベースマップをさらに作成する場合は、この手順を繰り返します。

    構成したベースマップは、選択したサムネイルでリストに表示されます。

    注意:

    1 つのベースマップに複数のレイヤーまたはサービスを含めることもできますが、これらのレイヤーには同じ空間参照が必要になります。

  6. [OK] をクリックして、ウィンドウを閉じます。
    注意:

    ベースマップ ギャラリー ウィジェットに追加されたベースマップには同じ空間参照が必要です。

ベースマップ ギャラリー ウィジェットの使用

ベースマップ ギャラリー ウィジェットをクリックすると、このウィジェット用に構成されたベースマップがすべて表示されます。 ベースマップ サムネイルをクリックすると、そのベースマップがアプリに有効なベースマップとして設定されます。[ベースマップ ギャラリー] ウィンドウの右上隅にある [x] をクリックして、このウィンドウを閉じます。

ベースマップ ギャラリーの使用

注意:

Web マップで使用されているベースマップは、構成時に含まれていなくても、ウィジェットが開いた時点で自動的に追加されます。