Skip To Content

データ追加ウィジェット

データ追加ウィジェットを使用すると、ArcGIS のコンテンツからレイヤーを検索するか、URL を入力するか、ローカル ファイルをアップロードすることで、データをマップに追加できます。 また、一時的にレイヤーをマップに追加したりマップから削除したりすることができます。 ただし、レイヤーをマップに保存することはできません。

データ追加ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックして、ウィジェットを自動的に開くオプションをオンにします (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこの設定を行うことができます)。

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. このウィジェットのデフォルト アイコンを変更する場合は、[ウィジェット アイコンの変更] をクリックします。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルをアップロードできます。

  3. 必要に応じて、検索結果の 1 ページあたりのアイテム数を変更します。

    デフォルトは 30 です。

  4. 検索範囲を制御するには、次のオプションを使用します。 必要に応じて、デフォルトのラベルを置換し、デフォルトの検索オプションを選択します。
    • [マイ コンテンツを許可] - プライベート データを検索します。
    • [組織を許可] - 組織内で共有されているデータを検索します。
    • [ArcGIS Online を許可] - パブリックに共有されたデータを検索します。
    • [管理を許可] - グループ内で共有されているデータを検索します。 group: 接頭辞を含むグループ ID が管理フィルターとして必要となります。
      管理フィルター
  5. 注意:
    アプリをローカルに配置するときは、ホストされているアプリとは違って、配置されたアプリでは、適用範囲が制御されないことに注意してください。したがって、データ追加ウィジェットの検索範囲を制御するには、マップの適用範囲を使用する必要があります。 [組織] または [マイ コンテンツ] 内のデータを検索する場合は、マップがパブリックに共有されていないことを確認してください。 この方法では、配置されたアプリが開くと、サインオン ダイアログ ボックスが表示され、認証情報がデータ追加ウィジェットに渡されます。 認証情報が存在しない場合、デフォルトでは、このウィジェットはパブリック コンテンツのみを表示します。
    注意:

    パブリック アイテムに対する検索のみ実行されるため、アプリをパブリックに共有している場合は、[組織を許可][マイ コンテンツを許可] を有効にしないでください。

  6. 必要に応じて、ユーザーがマップにサービスを追加できるように [URL を許可] を選択します。
  7. 必要に応じて、シェープファイルや CSV ファイルなどのローカル ファイルをユーザーがマップにアップロードできるように、[URL を許可] を選択します。
  8. [OK] をクリックして設定を保存します。

データ追加ウィジェットの使用

  1. [検索] タブで、検索する範囲を選択し、[データの追加] ウィジェットをクリックします。
  2. [データの追加] ウィンドウで、マップに追加するデータを検索します。 特定のアイテムで [追加] をクリックします。

    追加したレイヤーは、レイヤー リスト ウィジェットにも表示されます。 [削除] をクリックすると、マップとレイヤー リスト ウィジェットからレイヤーが削除されます。 [詳細] をクリックすると、そのレイヤーに関する情報が取得されます。

  3. 必要に応じて、検索ボタンをクリックしてレイヤーを検索します。
  4. マップ エリア内のレイヤーのみを検索するには、切り替えボタン マップ エリア内の検索 をデフォルトの緑のままにしておきます。 範囲内のすべてのレイヤーを検索するには、切り替えボタンをクリックして赤に変えます。
  5. 並べ替えボタン 検索レイヤーのタイプとアイテムの並べ替え をクリックすると、検索レイヤーのタイプを絞り込み、アイテムを並べ替えることができます。
    • [タイプ] ドロップダウン リストをクリックすると、マップ サービス、フィーチャ サービス、イメージ サービス、ベクター タイル サービス、KML レイヤー、WMS レイヤー、および WMTS レイヤーに基づいてレイヤーを検索できます。
    • [並べ替え] ドロップダウン リストをクリックすると、関連性、タイトル、所有者、評価、表示、日付順にアイテムを並べ替えることができます。
  6. 使用可能な場合は、[検索] タブの横にある [URL] タブをクリックして、URL でレイヤーを追加します。 タイプを選択し、URL を入力します。 [追加] をクリックして、データをマップに追加します。 追加したレイヤーは、レイヤー リスト ウィジェットにも表示されます。 URL での追加がサポートされているのは次のタイプです。
    • ArcGIS Server Web サービス
    • WMS OGC Web サービス
    • WMTS OGC Web サービス
    • WFS OGC Web サービス
    • KML レイヤー
    • GeoRSS フィード
    • CSV ファイル
      注意:

      CSV ファイルの詳細については、「CSV、TXT、および GPX ファイル」をご参照ください。

      ベースマップとは異なる空間参照を含むレイヤー (特にタイル レイヤー) を追加すると、追加されたレイヤーが表示されないことがあります。

  7. 各タイプの URL 形式を見るには、[サンプル URL] をクリックします。
  8. 使用可能な場合は、[ファイル] タブをクリックして、サポートされているローカル ファイルをアップロードします。 ファイルをドラッグするか、参照して選択することができます。

    ローカル ファイルは、次の形式でアップロードできます。

    • CSV
    • GPX
    • GeoJSON
    • KML
    • シェープファイル

  9. 追加したレイヤーを削除するには、このウィジェットの右下隅にある [レイヤー] をクリックします。 [レイヤー] パネルで、該当するレイヤーの横にある [レイヤーの削除] ボタン レイヤーの削除 をクリックして、そのレイヤーを削除します。
  10. 右下隅にある [戻る] をクリックしてメイン パネルに戻ります。