Skip To Content

ドキュメントへのジオタグの付与

ArcGIS Map Search では、マップ作成者が、マップに参照レイヤーを追加して、各レイヤーにジオタグ属性を設定する役割を担います。 SharePoint ユーザーは、マップ上で関連するフィーチャをクリックすることでドキュメントをすばやく見つけることができるように、SharePoint ドキュメントにジオタグを付けることができます。

マップでのジオタグ付けの対象

SharePoint サイト コレクションの次の種類の SharePoint コンテンツにジオタグを付けることができます。

  • ドキュメント - 1 つ以上のドキュメントを選択し、参照レイヤーのジオタグ属性を使用してタグを付けます。
  • ドキュメント セット - ドキュメント セット全体にジオタグを付けることができます。 ドキュメント セットにジオタグを付ける場合、生成されたメタデータはドキュメント セットのみに適用されます。セットに含まれる個々のドキュメントには、ジオタグが付けられません。
  • ピクチャ ライブラリ - 参照レイヤーのジオタグ属性を使用してタグを付ける 1 つ以上のデジタル写真またはグラフィックスを選択します。 サポートされているファイル形式には、PNG、GIF、JPG、JPEG、および BMP があります。 オーディオ ファイルおよびビデオ ファイルはサポートされていません。
  • ビデオ - ジオタグを付けるビデオを 1 つ以上選択します。 MP4、QT、SWF、GIF などのフォーマットがサポートされています。
  • フォルダー - フォルダーにジオタグを付ける場合は、レイヤーのジオタグ属性を使用して、フォルダー内のファイルのみにタグが付けられます。フォルダーにタグを付けることはできません。 選択セットにフォルダーが含まれている場合は、フォルダー内のすべてのアイテムに再帰的にジオタグを付けるか、フォルダー内のどのアイテムにもタグを付けないかを指定します。 フォルダー内の個々のファイルにジオタグを付けるには、[ジオタグ] ウィンドウでフォルダーを展開し、ジオタグを付けるファイルを選択します。

ドキュメント ライブラリかドキュメント セットに追加されたファイルにもジオタグを付けることができます。

選択とドラッグによるジオタグ付け

SharePoint ドキュメントにジオタグを付けるには、次の手順を実行します。

  1. SharePointSharePoint で、マップ作成者によって構成済みの ArcGIS Map Search マップ対応ページを開きます。
  2. マップ ツールバーで、[ジオタグ] をクリックして [ジオタグ] ウィンドウを開きます。

    [ジオタグ] ウィンドウには、現在の SharePoint サイトで使用できるすべてのドキュメント ライブラリがリスト表示されています。

  3. サイトを変更するには、[サイトへ移動] ボタンをクリックし、サイト コレクションから別のサイトを選択します。 [サイトへ移動] をもう一度クリックし、そのサイト内のドキュメント ライブラリを表示します。
  4. ドキュメント ライブラリをクリックして、そのコンテンツを表示します。

    ドキュメント ライブラリは、ドキュメント、ドキュメント セット、およびフォルダーを含むことができます。

  5. リストを名前のアルファベット順に並べ替えるには、[名前] 列ヘッダーをクリックします。
  6. ドキュメントをフィルタリングするには、[ドキュメントのフィルター] フィールドにキーワードを入力します。

    入力するにつれてリストが絞り込まれ、タイトルにキーワードが含まれるファイルだけが表示されるようになります。 たとえば、「PDF」と入力すると、PDF ドキュメントだけがリスト表示されます。

  7. ドキュメントの横にある切り替えボタンをクリックして、ドキュメントを選択します。

    ドキュメント セットのすべてのコンテンツを選択するには、テーブル ヘッダーで切り替えボタンをクリックします。 複数のドキュメントを選択するには、選択したい各ドキュメントの横にある切り替えボタンをクリックします。

    ウィンドウの下部のステータス メッセージに、現在選択されているドキュメントとフォルダーの数が示されます。

  8. 選択セットをマップ上のフィーチャにドラッグします。

    ポップアップが表示され、ドキュメントへのタグ付けに使用されるジオタグ属性と、タグ付けされるドキュメントが示されます。 ジオタグ属性が設定されている複数の参照レイヤーがマップに含まれている場合は、表示可能なすべてのレイヤーのジオタグ属性を使用して、ドキュメントにタグが付けられます。

    マップ上のフィーチャにファイルをドラッグすることによるファイルへのジオタグ付け
  9. マウス ボタンを放すと、ジオタグ付けが完了します。

    選択セットにフォルダーが含まれている場合は、フォルダーのすべてのコンテンツに再帰的にジオタグを付けるかどうかをたずねるメッセージが表示されます。 そのようにする場合は、[はい] をクリックします。 [いいえ] をクリックすると、フォルダーのコンテンツにジオタグが付けられません。 [ジオタグ] ウィンドウでフォルダーを展開し、ジオタグを付ける個々のファイルを選択することもできます。

    進行状況バーによって、ジオタグ付けのプロセスが示されます。

    ジオタグ付けが完了すると、[ジオタグ] ウィンドウの [タグ] 列に、各ドキュメントに割り当てられたタグの最新の数が表示されます。

    注意:

    ジオタグが付けられたドキュメントは、すぐにはジオサーチに表示されません。 ジオタグは、サイトのインデックスが作成されるときに、専用の SharePoint 用語セットに登録されます。 インデックスの作成頻度は、SharePoint サイトの構成によって異なります。

ジオタグの変更

1 つ以上の既存のタグを削除することで、ドキュメントのジオタグを変更できます。 ただし、それによって他のユーザーのジオサーチ結果に影響が及ぶ可能性があることに注意してください。 ジオタグを削除すると、その属性を使用して以前にタグ付けされたドキュメントがジオサーチ結果に表示されなくなります。

ジオタグをドキュメントから削除するには、次の手順を実行します。

  1. マップ ツールバーで、[ジオタグ] をクリックして [ジオタグ] ウィンドウを開きます。
  2. ドキュメントのリストから、変更するドキュメントの [タグ] 列内の数字をクリックします。

    [ドキュメント タグ] ウィンドウが表示され、そのドキュメントに割り当てられている現在のジオタグが示されます。

    ジオタグの編集
  3. タグで [削除] ボタン ジオタグの削除 をクリックし、タグを削除します。

    ドキュメントからタグが削除され、その属性がジオサーチで使用されなくなります。

  4. ドキュメントを開くには、[ドキュメント タグ] ウィンドウで [ドキュメントを開く] をクリックします。 または、[ジオタグ] リストでドキュメントのファイル名をクリックします。

ジオタグが付けられた参照レイヤーの検索

検索機能を使用して、マップ上の特定のジオタグ付きフィーチャをすばやく検索できます。

ジオタグ付きフィーチャを検索するには、次の手順を実行します。

  1. 以前にジオタグが付けられたマップを含むページを開きます。

    マップには、少なくとも 1 つのジオタグ付き参照レイヤーが含まれている必要があります。

  2. [住所または場所の検索] フィールドで、矢印をクリックしてドロップダウン メニューを表示します。

    リストには、利用可能なジオコーディング サービスと、既存のすべてのジオタグ付き参照レイヤーが含まれています。

    ジオタグが付けられたレイヤーの検索
  3. 検索するジオタグ付き参照レイヤーを選択します。

    検索フィールドには、指定可能な検索値の例が表示されます。

  4. 検索フィールドに、検索する値を入力します。

    検索結果リストには、選択した参照レイヤーで使用されるジオタグ属性に基づいて、可能性の高い結果および非常に近い一致候補が表示されます。

  5. リストからフィールドを選択します。

    マップが、指定した属性でジオタグが付けられたフィーチャにズームします。