Skip To Content

時間対応データのマッピング

注意:

このツールは、ArcGIS のフィーチャ レイヤーまたは SharePoint データを使用して作成されたレイヤーのみで使用できます。

時系列データには、地理的位置の日付情報と時刻情報が含まれています。 時系列値 (日付) がデータに含まれている場合、この時間対応レイヤーをマップに追加し、データのパターンが時間の経過に伴ってどのように変化するかを表示するアニメーションを再生することができます。

マップ レイヤー上でタイム アニメーションを有効化するには、[時間] ウィンドウを使用して、時間情報を含むデータ内のフィールドを構成します。 アニメーション スライダーを構成して、再生速度、時間間隔、マップに累積データを表示するかどうかを指定することもできます。

タイム アニメーションの有効化

タイム アニメーションを表示するには、マップ レイヤーの作成に使用するデータに日付と時刻の情報を含める必要があります。 タイム アニメーションをレイヤー上で有効にするには、次の手順を実行します。

  1. ArcGIS for SharePoint で、ArcGIS にサイン インします。
  2. マップ ツールから [レイヤー] Layers を選択します。

    レイヤー リストが表示されます。

  3. レイヤー リストの上部で、[レイヤー オプション] Layer options を選択します。

    レイヤー オプションが表示されます。

  4. 必要に応じて、[アクティブなレイヤー] ドロップダウン メニューを使用して、変更するレイヤーを選択します。
  5. レイヤー オプションから [時間] を選択します。

    [時間] ウィンドウが表示されます。

  6. [タイム アニメーションの有効化] 切り替えボタンをオンにします。

    [時間フィールド] ドロップダウン メニューがアクティブになり、タイム スライダーがマップの下部に表示されます。

    マップ上のタイム スライダー
  7. [時間フィールド] ドロップダウン メニューから、アニメーション表示する日付と時刻の情報を含むデータ内の列を選択します。

    このドロップダウン メニューには、時系列データを含む列のみが表示されます。

  8. レイヤー上のタイム アニメーションをオフにするには、[タイム アニメーションの有効化] 切り替えボタンをオフにします。
  9. [戻る] ボタン Back をクリックして、レイヤー リストに戻ります。

タイム スライダーの使用

タイム スライダーは、マップの上に重なるアニメーション コントロールとして表示されます。 表示される時間間隔を定義できます。 タイム スライダーの設定は、マップ上のすべての時間対応レイヤーに適用されます。

タイム アニメーションの操作に使用できる複数のコントロールがあります。

タイム スライダー コントロール

  1. アニメーション コントロールを使用します。 [再生] Play をクリックすると、アニメーションが開始します。 アニメーションの再生中は、[一時停止] ボタン Pause に変わります。
  2. 選択されたレイヤーの日付と時間の範囲を表示します。
  3. レイヤーの日付と時間の範囲の開始時に関する情報を表示します。
  4. スライダーに沿って間隔をドラッグして、マップ上に表示されるデータを手動で制御します。 間隔のハンドルを個別に動かして、特定の時間範囲を表示したり、間隔を調整したりすることもできます。
  5. レイヤーの日付と時間の範囲の終了時に関する情報を表示します。
  6. [前へ] Previous をクリックすると、アニメーションが前の時間間隔に移動し、[次へ] Next をクリックすると、アニメーションが次の時間間隔に移動します。

注意:

時間対応レイヤー上のフィーチャを選択してタイム アニメーションを実行する場合、アニメーションの実行中には、特定の期間内に表示されるフィーチャのみが表示されます。