Skip To Content

機能の比較

ArcGIS for SharePoint は、SharePoint Online で、ArcGIS MapsArcGIS Maps Classic という 2 つの異なるアドインを通じて使用できます。ArcGIS Maps は、モダン SharePoint ページで使用できるように設計された新しいアドインで、ArcGIS Maps Classic は、クラシックまたはモダン エクスペリエンスで使用できます。

現在、一部の機能は ArcGIS Maps Classic でのみ利用できます。 最近追加された機能の詳細については、ArcGIS for SharePoint の「新機能」をご参照ください。 ArcGIS Maps ClassicArcGIS Maps で利用できる機能の比較を次の表に示します。

機能ArcGIS Maps でサポートArcGIS Maps Classic でサポート

ArcGIS にサイン インすることなくマップを使用する

あり - 標準のエクスペリエンスでは、マップ ツールへのアクセスが可能で、ArcGIS から管理されたレイヤーを追加したり、SharePoint から空間対応データを追加したりできます。

あり - ゲスト モードでは、マップの表示と操作について制限付きのアクセスが可能です。

バッファー/到達圏解析

あり

なし

インフォグラフィックス カード

あり

なし - ポップアップ インフォグラフィックスを使用して人口統計情報を取得できます。

時系列アニメーション

あり

なし

走行ルートの検索

なし

あり

レイヤー データのエクスポート

なし

あり

フィーチャの編集

なし

あり

レイヤー フィルター

なし

あり

ホット スポット分析

なし

あり

ポップアップ インフォグラフィック

なし - インフォグラフィックス カードを使用して人口統計情報を取得できます。

あり

距離と面積の計測

なし

あり

レポートの作成

なし

あり

マップの印刷

なし

あり

ArcGIS Maps Locate および ArcGIS Map Search

ArcGIS Maps Classic を使用した SharePoint のクラシック エクスペリエンスでのみ ArcGIS Maps Locate ワークフローを利用できます。ArcGIS Map SearchArcGIS Maps ではまだ利用できません。