Skip To Content

SharePoint のデータの準備

ArcGIS for SharePoint を使用して、サイト コレクションの SharePoint リストArcGIS Online などの複数のソースから、ArcGIS Maps Web パーツにコンテンツを追加できます。 データをマップに追加するには、あらかじめ ArcGIS Maps ワークフロー アプリを使用して、リスト アイテムを空間対応化 (ジオコーディング) する必要があります。 ジオコーディングは、住所などのデータを取得して、そのデータを座標系内の位置に対応する座標に変換するプロセスです。

ArcGIS for SharePoint には、異なるタイプのデータのジオコーディングに役立つ 2 つのワークフローが含まれています。

  • ArcGIS Maps Locate ワークフロー
  • ArcGIS Connect ワークフロー (オンプレミスの SharePoint 専用)

以下の表に、異なるタイプのデータのジオコーディング方法に関する情報を示します。

ArcGIS Maps Locate ワークフロー

ArcGIS Maps Classic を使用した SharePoint のクラシック エクスペリエンスでのみ ArcGIS Maps Locate ワークフローを利用できます。

ArcGIS Connect ワークフロー

ArcGIS Connect ワークフローは、SharePoint Online には適用できません。

Excel スプレッドシート データのインポート

SharePoint では、スプレッドシートからリストを作成できます。 Excel スプレッドシートをインポートして ArcGIS for SharePoint で使用するための最適な方法が複数あります。

  • スプレッドシートは Excel テーブルの形式にする必要があります。
  • スプレッドシートに空白列や空白行が存在しないことを確認します。
  • 各列にヘッダー (タイトル) が存在することを確認します。
  • Excel スプレッドシートのインポートにより作成されたリストを使用する場合、SharePoint がスプレッドシート内の最初のテキスト列を受け取り、それを元のスプレッドシートへのハイパーリンクを含むタイトル フィールドとして設定することに注意してください。 ArcGIS Maps Web パーツは、データをマップに追加するときにハイパーリンク付きフィールドを含めません (タイトル フィールドの内容はポップアップに表示しない)。 そのため、ポップアップで情報を表示するときや に、適切なフィールドを含むように SharePoint のデフォルトのリスト ビューを変更する必要があります。
  • 任意のブラウザーを使用して、Excel のデータを SharePoint リストにインポートします。
注意:

SharePoint でリストを作成および操作した経験がない場合、詳細については以下のガイドをご参照ください。