ドキュメントへのジオタグの付与

SharePoint または ArcGIS からレイヤーをマップに追加した後に、各レイヤーにジオタグ属性を設定することができます。 その後、マップ上で関連するフィーチャをクリックすることでドキュメントをすばやく見つけることができるように、ArcGIS for SharePoint コンテンツにジオタグを付けることができます。

注意:

ArcGIS アカウントにサイン インした後にのみ、ジオタグ属性を構成できます。

ジオタグが付けられたドキュメントの種類

SharePoint サイト コレクションの次の種類の SharePoint コンテンツにジオタグを付けることができます。

  • ドキュメント - 1 つ以上のドキュメントを選択し、参照レイヤーのジオタグ属性を使用してタグを付けます。
  • ドキュメント セット - ドキュメント セット全体にジオタグを付けることができます。 ドキュメント セットにジオタグを付ける場合、生成されたメタデータはドキュメント セットのみに適用されます。セットに含まれる個々のドキュメントには、ジオタグが付けられません。
  • ピクチャ ライブラリ - 参照レイヤーのジオタグ属性を使用してタグを付ける 1 つ以上のデジタル写真またはグラフィックスを選択します。 サポートされているファイル形式には、PNG、GIF、JPG、JPEG、および BMP があります。 オーディオ ファイルおよびビデオ ファイルはサポートされていません。
  • ビデオ - ジオタグを付けるビデオを 1 つ以上選択します。 MP4、QT、SWF、GIF などのフォーマットがサポートされています。
  • フォルダー - フォルダーにジオタグを付ける場合は、レイヤーのジオタグ属性を使用して、フォルダー内のファイルのみにタグが付けられます。フォルダーにタグを付けることはできません。 選択セットにフォルダーが含まれている場合は、フォルダー内のすべてのアイテムに再帰的にタグが付けられます。 フォルダー内の特定のドキュメントにタグを付けるには、フォルダーを開いて選択します。

ドキュメント ライブラリかドキュメント セットに追加されたファイルにもジオタグを付けることができます。

ジオタグ属性の設定

マップにデータを追加した後、レイヤーのデータのどの属性をジオタグ付けに使用するかを指定することができます。 ユーザーが構成済みのレイヤーにドキュメントをドラッグすると、選択した属性を使用してドキュメントに地理空間タグ (ジオタグ) が生成されます。 これにより、ユーザーは、マップ上の特定の位置をクリックすると、その位置に関連するドキュメントを見つけることができます。 マップ内の参照レイヤーごとに 1 つの空間属性を指定できます。

  1. マップを編集モードにします。
  2. ジオタグ付けに使用する属性を含んでいるレイヤーがまだマップに追加されていない場合、そのレイヤーを SharePoint または ArcGIS から追加します。
  3. [マップ ツール] から [ジオタグとジオサーチ] Geotag and geosearch を選択します。

    [ジオタグとジオサーチ] ツール ウィンドウが表示され、デフォルトで [属性フィールドの構成] Configure attributes が選択されます。

    [属性フィールドの構成] ウィンドウ

    注意:

    ドキュメントにジオタグを付ける前に、1 つ以上のフィーチャ レイヤーがマップに含まれている必要があります。

  4. ドロップダウン メニューから、ジオタグ付けに使用するレイヤーを選択します。

    レイヤーの属性が表示されます。

  5. 属性のチェックボックスをオンにして、ジオタグ付けに使用する属性を選択します。
    ヒント:

    データ属性の上にマウスポインターを合わせると、そのタグのプレビューが表示されます。 最初の 5 つの個別値表示されます。

    データ属性のタグ

    属性を選択すると、[ドキュメントにジオタグを付けます] ボタン Geotag documents が有効化されます。

ドキュメントにジオタグを付加

ドキュメントにジオタグを付加するには、次の手順を実行します。

  1. [マップ ツール] から [ジオタグとジオサーチ] Geotag and geosearch を選択します。

    [ジオタグとジオサーチ] ツール ウィンドウが表示され、デフォルトで [属性フィールドの構成] が選択されます。

  2. [ドキュメントにジオタグを付けます] Geotag documents を選択します。

    ドキュメント ライブラリのリストが SharePoint サイトに表示されます。

  3. 必要に応じて、[サブサイト ピッカー] ボタン Subsite picker をクリックしてサブサイトを変更し、他のコンテンツを参照します。

    コンテンツを含むサブサイト ピッカー

  4. ドキュメント ライブラリを選択して、そのコンテンツを表示します。

    コンテンツを含むドキュメント ライブラリ

    注意:

    アイテムにすでにジオタグが付けられている場合、[ドキュメントにジオタグを付けます] ボタン Geotag documents をクリックすると、アイテムに関連付けられたドキュメントのタグが表示されます。

    タグが表示されたドキュメント

  5. [閉じる] ボタン Close または [戻る] ボタン Back をクリックして、ライブラリに戻ります。
  6. アイテムを選択し、マップ上の位置にドラッグしてジオタグを付けます。

    アイテムにタグが付けられ、使用するタグに関する情報を含むポップアップが表示されます。

    タグの情報およびポップアップ

    注意:

    タグ付けが進行中である間、マップの操作を続けることができます。 アイテムに正常にタグが付けられると、確認メッセージが表示されます。

  7. ステップ 4 で述べたドキュメントのタグを削除するには、タグ名の横にある [閉じる] ボタン Close をクリックします。
  8. ドキュメント ライブラリ内のドキュメントの横にある [起動] ボタン Launch をクリックして、ドキュメントを新しいウィンドウで開きます。
  9. ドキュメントの上にマウスポインターを合わせると、そのコンテンツのプレビューが表示されます。

    ジオタグが付けられたドキュメントのプレビュー