ArcGIS for Power BI ユーザー インターフェイス

ArcGIS for Power BI は、ビジュアライゼーションの表示と操作のために、読み取りビュー (レポート利用者) と作成者モード (レポート設計者) という 2 つの環境を提供します。

ビジュアライゼーションの編集中は、レポート設計者向けのマップ ツールがマップに表示されます。 レポート設計者は、ナビゲーション ボタンの無効化、[レイヤー] リストの固定、マップ範囲のロックなど、多くの機能をカスタマイズすることもできます。 これらのオプションは、レポート利用者によるマップの表示や操作に影響します。

ArcGIS アカウントを使用してサイン インしている場合、より多くのベースマップ、参照レイヤー、人口統計など、デフォルトで使用できるフィーチャよりも多くのフィーチャにアクセスできます。 このプレミアム コンテンツは、未登録のユーザーには表示されません。 詳細については、「アカウント タイプ」をご参照ください。

読み取りビュー

ArcGIS for Power BI に対して有効なレポートまたはダッシュボードを読み取りビューで表示すると、レポート設計者が作成したとおりにマップが表示されます。 作成者がマップを作成した方法に応じて、説明したすべての機能にはアクセスできない場合があります。 以下のセクションでは、ビジュアライゼーションのデフォルト設定について説明し、可能な場合はカスタマイズについても説明します。

読み取りビューで利用できるツールは次のとおりです。

読み取りビューで表示された ArcGIS マップ

  1. [マップ ツール] - ツール セットを展開します。
  2. [選択ツール] - デフォルトでは、現在アクティブなツールを表示します。 クリックすると、ツールバーが展開します。 アクティブなレイヤーに応じて、異なる選択ツールが表示されます。 クリックすると、使用可能な選択ツールが表示されます。
  3. [検索] - 住所または目標物を検索して、その位置をマップ上にピン止めします。 [検索] ツールが表示されない場合は、レポート設計者がそのマップでこの機能をオフにしています。
  4. [解析ツール] - 読み取りビューでは、このツールは、レポート設計者が類似検索の解析を実行するためのデータを格納している場合のみ表示されます。
  5. [設定] - ArcGIS for Power BI オンライン ヘルプへのアクセス、マップに対する公開または埋め込みのチェックの実行、マップ属性の詳細の表示、Esri User Experience Improvement の基本設定の指定を行います。
  6. [プロフィール] - 接続しているアカウントの詳細を表示します。
  7. [ナビゲーション ツール] - マップを拡大/縮小します。 ナビゲーション ツールは、レポート設計者が有効にしている場合のみ使用できます。 マップ ツールに表示されない場合は、マウスやキーボード コマンドを使用してマップを操作できます。
  8. [レイヤー リスト] - マップのコンテンツを表示します。 それぞれのマップ レイヤーは、独自のツール セットとともに別々のアイテムとしてリストに表示されます。 各レイヤー アイテムを展開すると、その凡例が表示されます。 マップの作成時、設計者は [レイヤー] リストの表示を固定して、常にその状態でマップに表示されるようにできます。 [レイヤー] リストが固定されていない場合は、マップ ツールの [レイヤー] ボタン レイヤー リスト をクリックします。

  9. [ツールチップ] - マップ上の位置にポインターを合わせると、その位置に関する情報が表示されます。
  10. [インフォグラフィックス カード] - マップに現在表示されている地域またはマップ上で現在選択されているポイントの周辺地域に関する人口統計情報を表示するカードです。 インフォグラフィックス カードは、レポート設計者が構成した場合のみ表示されます。

作成者モード

作成者モードでのレポート操作中は、ArcGIS for Power BI を含むすべての Power BI ビジュアライゼーションにアクセスできます。 ビジュアライゼーションのマップ ツールと、Power BI[フィールド] ウィンドウおよび [書式] ウィンドウを使用して、ArcGIS マップの作成に役立つ複数のツールにアクセスできます。

マップ ツール

レポート デザイナーが使用できる ArcGIS for Power BI のマップ ツールは次のとおりです。

作成者モードで表示された ArcGIS マップ

  1. [マップ ツール] - ツール セットを展開します。
  2. [選択ツール] - デフォルトでは、現在アクティブなツールを表示します。 クリックすると、ツールバーが展開します。 アクティブなレイヤーに応じて、異なる選択ツールが表示されます。 クリックすると、使用可能な選択ツールが表示されます。
  3. [検索] - 住所または目標物を検索して、その位置をマップ上にピン止めします。 レポート設計者は、ビジュアライゼーションの [書式] ウィンドウでこの機能をオフにできます。
  4. [レイヤー リスト] - マップのコンテンツを表示または非表示にします。
  5. [ベースマップ] - 背景マップのギャラリーを表示し、この中から背景を選択できます。 [ベースマップ] ツールはデフォルトでオフになっています。有効にするには、ビジュアルの [書式] ウィンドウにある切り替えボタンを [オン] の位置に移動します。
  6. [解析ツール] - マップへのインフォグラフィックス カードまたは参照レイヤーの追加、到達圏レイヤーの指定、類似検索解析の構成などを行います。
  7. [設定] - ArcGIS for Power BI オンライン ヘルプへのアクセス、マップに対する公開または埋め込みのチェックの実行、マップ属性の詳細の表示、Esri User Experience Improvement の基本設定の指定を行います。
  8. [プロフィール] - 接続しているアカウントの詳細を表示します。
  9. [レイヤー] - デフォルトでは、[レイヤー] リストがマップ上に表示されます。 それぞれのマップ レイヤーは、独自のツール セットとともに別々のアイテムとしてリストに表示されます。 詳細については、「レイヤーの操作」をご参照ください。
  10. [ツールチップ] - マップ上の位置にポインターを合わせると、その位置に関する情報が表示されます。 詳細については、「ツールチップの構成と表示」をご参照ください。

フィールド ウィンドウ

ArcGIS for Power BI ビジュアライゼーションの [フィールド] ウィンドウのコントロールを使用すると、マップの作成に使用する位置データを指定したり、マップのレンダリング方法をカスタマイズしたりできます。 [フィールド] ウィンドウで使用可能なコントロールは次のとおりです。

[フィールド] ウィンドウで使用可能なコントロール

  • [地域] フィールド ウェル - 位置情報に関する値をデータ フィールドからこのフィールド ウェルにドラッグすると、マップ上に位置が表示されます。
  • [緯度] フィールド ウェル - 緯度 (y) の値をデータ フィールドからこのフィールド ウェルにドラッグすると、マップ座標の一部が定義されます。 このフィールド ウェルを使用する場合、対応する経度 (x) フィールドも指定する必要があります。
  • [経度] フィールド ウェル - 経度 (x) の値をデータ フィールドからこのフィールド ウェルにドラッグすると、マップ座標の一部が定義されます。 このフィールド ウェルを使用する場合、対応する緯度 (y) フィールドも指定する必要があります。
  • [サイズ] フィールド ウェル - 数値をこのフィールド ウェルにドラッグすると、位置の書式をサイズで設定できます。
  • [色] フィールド ウェル - データ値をこのフィールド ウェルにドラッグすると、位置の書式を色で設定できます。
  • [時間] フィールド ウェル - 日付または時間フィールドをこのフィールド ウェルにドラッグすると、マップ上の位置を時間に沿ってアニメーション表示できます。
  • [ツールチップ] フィールド ウェル - 1 つまたは複数のフィールドをここにドラッグすると、マップ上の位置のツールチップに情報を追加できます。
  • [結合レイヤー] - 非空間フィールドをこのフィールドにドラッグして、データ属性に参照レイヤーを結合します。
  • [類似検索] - 最大 5 つのフィールドをここにドラッグして、マップ上で選択されている位置と似た属性を持つ位置を特定します。

書式ウィンドウ

ArcGIS for Power BI ビジュアライゼーションの [書式] ウィンドウを使用すると、レポート利用者に対するマップの表示方法をカスタマイズすることができます。 [書式] ウィンドウで使用可能なコントロールは次のとおりです。 [書式] ウィンドウの各カテゴリを展開すると、使用可能なオプションが表示されます。

レイヤー カテゴリ

[レイヤー] カテゴリのオプションを使用すると、[レイヤー] リストをカスタマイズできます。

[書式] ウィンドウの [レイヤー] カテゴリで使用可能なコントロール

  • タイトル - [レイヤー] リストのタイトルを変更します。
  • レイヤーの表示 - [レイヤー] リストの表示設定を指定します。 これをオフにすると、マップに [レイヤー] リストが表示されず、マップ ツールには [レイヤー] ボタンが表示されません。 [レイヤーの表示] は、デフォルトでオンになっています。
  • アンカー - これをオンにすると、[レイヤー] リストが、マップ上の特定の位置にピン止めされます。 このオプションがオンのとき、マップ ツールには、[レイヤー] ボタン レイヤー リスト は表示されません。
  • レイヤーの位置 - [レイヤー] リストのマップ上の表示位置を指定します。 デフォルトでは、リストはマップの左側に表示されます。
  • [デフォルトにリセット] - 変更内容を破棄して、デフォルト設定に戻します。

マップ ツール カテゴリ

[マップ ツール] カテゴリのオプションを使用すると、マップ操作やマップ上のインフォグラフィックス カードの場所をカスタマイズすることができます。

[書式] ウィンドウの [マップ ツール] カテゴリで使用可能なコントロール

  • ズーム ツール - マップにナビゲーション ボタンを表示します。 この設定はデフォルトではオフになっています。
  • [ベースマップ] - マップ上に [ベースマップ] ツールを表示して、利用者が一時的にベースマップを変更できるようにします。 この設定はデフォルトではオフになっています。
  • 範囲のロック - マップの自動ズームを無効にします。 マップ範囲がロックされると、あるイベントによってマップ上の選択内容が変更されたりデータにフィルターが適用されても、マップ表示には影響しません。 利用者は、マップの拡大/縮小や画面移動の操作ができません。
  • インフォグラフィックスの位置 - インフォグラフィックス カードのマップ上の表示位置を指定します。 デフォルトでは、インフォグラフィックス カードは、マップの右側に表示されます。
  • [デフォルトにリセット] - 変更内容を破棄して、デフォルト設定に戻します。

位置情報の種類カテゴリ

[位置情報の種類] カテゴリのコントロールを使用すると、データが存在する国を指定することができます。

[書式] ウィンドウの [位置情報の種類] カテゴリで使用可能なコントロール

  • - ドロップダウン メニューから国を選択します。 データが複数の国にある場合は、[世界] を選択します。
  • [デフォルトにリセット] - 変更内容を破棄して、デフォルト設定に戻します。

検索カテゴリ

[検索] カテゴリのコントロールを使用すると、[検索] 機能をカスタマイズできます。

[書式] ウィンドウの [検索] カテゴリで使用可能なコントロール

  • 検索 - マップ ツールに [検索] ボタン 位置の検索 を表示します。 このオプションは、デフォルトでオンになっています。
  • [デフォルトにリセット] - 変更内容を破棄して、デフォルト設定に戻します。

レイヤー ツール

マップ レイヤーは、[レイヤー] リストに表示されます。 現在アクティブなレイヤーの種類に応じて、さまざまなメニュー オプションを使用できます。 レポート設計者は、Power BI データを使用して作成されたマップ レイヤーのスタイルおよび位置情報の種類を変更することができます。 ArcGIS から追加された参照レイヤー、到達圏レイヤー、および [検索] の結果レイヤーは、削除することができます。 いずれの場合も、レイヤーの名前変更や全範囲へのズームが可能です。

左の画像は、Power BI データを使用して作成されたレイヤーで使用できるレイヤー オプションを示しています。 右の画像は、ArcGIS から追加された参照レイヤーのレイヤー オプションを示しています。

データ レイヤー (左) および参照レイヤー (右) のレイヤー オプション

このトピックの内容
  1. 読み取りビュー
  2. 作成者モード