ArcGIS for Power BI

ArcGIS for Power BI は、Microsoft Power BI に組み込まれるカスタム データ ビジュアライゼーションで、レポートやダッシュボードにマップ機能を提供します。

ヒント:

ArcGIS for Power BIPower BI に含まれているので、追加やインストールは不要です。

ArcGIS for Power BI で作成された重複する 2 つのマップを示す Power BI レポート

ArcGIS for Power BI の用途

ArcGIS for Power BI では、次の用途を含め、マップ上でデータを視覚化できます。

  • データを精度の高い地理空間データに変換
  • スマート マップ テーマを使用してデータを表示
  • エリアによる選択操作
  • 対象地域の人口統計の把握

ArcGIS for Power BI マップ ビジュアライゼーションが完成したら、Power BI のダッシュボードやレポートを公開して、他のユーザーと共有できます。

はじめに

レポート設計者は、Power BI または ArcGIS データからマップ ビジュアルを作成し、マップをカスタマイズしてストーリーを伝えます。 レポートが完成すると、同僚と共有できます。 レポート利用者は、利用者のデータ表示に合わせて設計されたレポートを Reader ビューで参照します。

Power BI から ArcGIS for Power BI を直接使用するか、ArcGIS アカウントを使用してサイン インし、組織のコンテンツにアクセスします。

注意:

レポート デザイナーは、ArcGIS for Power BI を使用して最初にマップを作成するとき、位置データをマップに追加して、ビジュアルを有効化してマップ ツールを表示する必要があります。 位置フィールドをデータから [位置] フィールド ウェルにドラッグします (または、緯度と経度の座標を適切な [緯度][経度] フィールド ウェルにドラッグします)。 ArcGIS for Power BI は、Power BI のデータ内で住所情報が 1 行のときに最も正確にジオコーディングを実行します。詳細については、「データの準備」をご参照ください。

位置データを [位置] フィールド ウェルにドラッグしてマップの作成を開始します。

ビジュアライゼーションがアクティブな場合、選択、ナビゲーション、およびユーザー プロフィール ツールがマップ上に表示されます。

次のリンクを使用して、ArcGIS for Power BI でマップを作成します。


このトピックの内容
  1. ArcGIS for Power BI の用途
  2. はじめに