ツールチップの構成と表示

ツールチップは、マップ ビジュアライゼーションに追加したフィールド値に基づく属性情報を表示します。 ツールチップは、マップ上の位置にポインターを合わせたときや、参照レイヤーまたは到達圏レイヤー上の位置をクリックしたときに表示されます。

ツールチップの構成

ツールチップを構成するには、次の手順を実行します。

  1. マップ連動レポートで、ArcGIS for Power BI ビジュアライゼーションをクリックしてアクティブにします。
  2. [視覚化] ウィンドウで [フィールド] をクリックします。
  3. データ フィールドを [ツールチップ] フィールド ウェルにドラッグします。

    位置に関連付けられたツールチップには、マップに追加したフィールド値に基づく位置に関する情報が表示されます。 たとえば、住所、都市、州、郵便番号を含む位置フィールドを使用して [地域] フィールド ウェルを入力した場合、位置データ フィールド名の横のツールチップにこの情報が表示されます。 [サイズ] フィールド ウェルに収益フィールドを配置した場合、この情報もツールチップに表示されます。 ツールチップには、[ツールチップ] フィールド ウェルに配置されたフィールドも表示されます。

    注意:

    マップのスタイルが [ヒート マップ] または [クラスタリング] を使用して設定されている場合、ツールチップを利用できるのは、ピン、参照レイヤー、および到達圏レイヤーのみです。

  4. ツールチップに表示する順序を変更するには、[ツールチップ] フィールド ウェルで、アイテムを新しい位置にドラッグします。

    ツールチップの上部には必ず位置情報が表示されます。

  5. レポートを保存します。
ヒント:

ツールチップで ArcGIS for Power BI マップを使用することもできます。 詳細については、Power BI Desktop でレポート ページに基づいてツールチップを作成する方法をご参照ください。

ツールチップの表示

ツールチップを表示するには、次の手順を実行します。

  1. データ レイヤーで、マップに連動する ArcGIS for Power BI ビジュアライゼーション上の位置にポインターを合わせます。

    位置に関する情報を含むツールチップが表示されます。

    同じエリアに複数の位置が存在する場合、ツールチップには一番上の位置に関する情報が表示され、重なり合う位置の数が表示されます。 ツールチップをスクロールするには、矢印をクリックします。

    重なり合う位置のツールチップ
    注意:

    マップのスタイルが [ヒート マップ] または [クラスタリング] テーマを使用して設定されている場合、ツールチップを利用できるのは、ピン、参照レイヤー、および到達圏レイヤーのみです。

  2. 参照レイヤーからツールチップを表示するには、参照レイヤー上のポリゴンをクリックします。

    ツールチップに、レイヤーの作成者が構成した情報が表示されます。

    注意:

    参照レイヤーのツールチップは、マップがデフォルトの選択モード (単一選択モード) または複数選択モードの場合のみ、参照レイヤー上に表示されます。 [到達圏レイヤーから選択] ツールがアクティブな場合、データ レイヤーのツールチップのみが表示されます。