マップ上で位置を選択

ArcGIS for Power BI の選択ツールを使用すると、他の Microsoft Power BI ビジュアライゼーションを操作してマップ上の位置を選択できます。

注意:

[フィーチャの選択] ボタン Select features をクリックして、選択ツール ウィンドウを表示します。

アクティブなデータ レイヤーまたはフィーチャ レイヤーを使用した選択ツール ウィンドウのサイド バイ サイド比較

マップ上で位置を選択する方法は複数あります。 マップに複数のレイヤーが含まれている場合は、アクティブなレイヤー上のデータ ポイントを選択できます。

注意:
一度に最大で 250 のデータ ポイントを選択できます。

マップ上のデータ位置をクリックすると、それらのフィーチャを選択して、ツールチップなどの他のマップ ビジュアライゼーション、およびグラフやチャートなどの他の Power BI ビジュアライゼーションとの対話機能を実行できます。

注意:

参照レイヤーおよびバッファー/到達圏レイヤーPower BI レポート ビジュアライゼーションとの対話機能をオフにすることができます。

ツール説明
Select features 1 つの位置を選択
  • 1 つの位置のクリックして選択します (デフォルト ツール)。
  • Ctrl キーを押しながらクリックして、一度に複数の位置を追加または削除します。
Select by rectangle 四角形による選択
  • マップ上で四角形を描画して、そのシェープ内にあるすべての位置を選択します。
  • Ctrl キーを押しながらドラッグして、複数の位置を追加したり、選択から削除したりします。
Select by circle 円による選択
  • マップ上で円を描画して、そのシェープ内にあるすべての位置を選択します。
  • Ctrl キーを押しながらドラッグして、複数の位置を追加したり、選択から削除したりします。
Select by polygon ポリゴンによる選択
  • クリックしてマップ上にポイントを描画します。 ダブルクリックして描画を停止してポリゴンを完成させ、そのシェープ内にあるすべての位置を選択します。
    注意:

    ポリゴンを描画するには 3 つ以上の頂点が必要です。

  • 描画中に Ctrl キーを押してスナップを有効にします。
  • Esc キーを押して描画をキャンセルします。
Select by freehand polygonフリーハンド ポリゴンによる選択
  • マップ上でシェープを描画して、そのシェープ内にあるすべての位置を選択します。
  • Ctrl キーを押しながらドラッグして、複数の位置を追加したり、選択から削除したりします。
Clear selection選択解除
  • このツールはすべての選択を解除します。
ヒント:

複数の位置選択ツールがアクティブなときは ([四角形][円][ポリゴン]、または [フリーハンド ポリゴン])、マップを画面移動できません。ESC キーを押して描画をキャンセルし、マップを画面移動します。 選択を再開するには、選択ツールをクリックします。

選択ツールは、作成者モード (設計者) と読み取りビュー (利用者) で使用可能です。

マップ上で位置を選択し、マップと他のビジュアライゼーションの対話機能を実行するには、次の手順を実行します。

  1. ArcGIS for Power BI マップ連動レポートまたはダッシュボードを開き、マップをクリックしてアクティブにします。
  2. 必要に応じて [マップ ツール] ボタン マップ ツール をクリックしてツールを表示します。
  3. マップ ツールから [フィーチャの選択] ボタン Select features をクリックします。

    選択ツール ウィンドウが表示されます。

  4. [アクティブなレイヤー] ドロップダウン メニューからレイヤーを選択します。
  5. マップで選択操作を行うには、次のいずれかを実行します。
    • 1 つの位置を選択するには、マップ上で位置をクリックします。 デフォルトでは、[単一] ツール マップで 1 つの位置を選択 が有効になっています。 複数の位置を選択するには、Ctrl キーを押しながらマップ上で他の位置をクリックします。
    • マップ上のエリアから複数の位置を選択するには、[四角形] Select by rectangle[円] Select by circle[ポリゴン] Select by polygon、または [フリーハンド ポリゴン] Select by freehand polygon ツールをクリックします。 マップ上に選択シェープを描画します。 シェープに位置を追加するには、Ctrl キーを押しながらその位置をクリックするか、シェープを拡張します。 一度に最大で 250 の位置を選択できます。 (インフォグラフィックス カードには最大 100 個の位置を指定できます)。
    • 参照レイヤーまたはバッファー/到達圏レイヤー上にある位置を選択するには、[アクティブなレイヤー] ドロップダウン メニューからそのレイヤーを選択してください。 マップの選択によりチャート、グラフ、および他の Power BI ビジュアライゼーションを更新する場合は、[Power BI ビジュアルの操作] チェックボックスをオンにします。マップのインフォグラフィックス カードだけを更新する場合は、このチェックボックスをオフのままにします。 選択ツールを使用して位置を選択します。

    注意:

    • [ヒート マップ] または [クラスタリング] テーマを使用してマップのスタイルを設定した場合、選択ツールおよびポップアップは使用できません。 マップのスタイルを変更して、もう一度やり直してください。
    • 時間対応マップのタイム スライダーによってアニメーションが再生されているときは、マップ上の位置は選択できません。 アニメーションを一時停止している間は、マップ上に表示されている位置を選択できます。 異なる時間間隔の位置を表示および選択するには、[再生/一時停止][前へ]、または [次へ] ボタンをクリックするか、スライダー ハンドルを移動します。 新しい時間間隔が表示されると、以前選択した位置は選択が解除されます。

    選択した位置がマップ上でハイライト表示されます。 選択されなかった位置はマップ上で操作できなくなり、インフォグラフィックス、チャート、グラフなどの関連するビジュアライゼーションの内容が更新され、選択した位置に関連する情報のみが反映されます。

  6. 選択セット全体の選択を解除するには、[選択の解除] ツール Clear selection をクリックします。 次のいずれかを実行して、位置の選択を解除することもできます。
    • 選択セット全体の選択を解除するには、ベースマップ上の空の領域またはデータ位置を含まないポリゴンをクリックします。
    • 複数の位置の選択を解除するには、複数の位置選択ツールの 1 つがアクティブであることを確認してください。 Ctrl キーを押しながら、マップ上で現在選択されている位置があるシェープを描画します。 シェープ内にある位置の選択が解除されます。

参照レイヤーまたはバッファー/到達圏レイヤー上の位置の選択

参照レイヤーおよびバッファー/到達圏レイヤーは、Power BI データにコンテキストを追加します。 選択ツールを使用してデータ レイヤー上で位置を分離すると、チャートやグラフなどの Power BI ビジュアライゼーションが自動的に更新され、選択した位置に関連する情報が表示されます。 これらのツールを使用して参照レイヤーまたはバッファー/到達圏レイヤー上にある位置を分離すると、Power BI ビジュアライゼーションを更新するかどうかを選択できます。

参照レイヤーまたはバッファー/到達圏レイヤー上の位置を選択するには、次の手順を実行します。

  1. ArcGIS for Power BI マップで [フィーチャの選択] ボタン Select features をクリックします。

    選択ツール ウィンドウが表示されます。

  2. [アクティブなレイヤー] ドロップダウン メニューから参照レイヤーまたはバッファー/到達圏レイヤーを選択します。

    選択ツール ウィンドウに [Power BI ビジュアルの操作] チェックボックスが表示されます。これはデフォルトでオンになっています。

  3. 選択する位置によって Power BI ビジュアライゼーションを自動的に更新しない場合は、このチェックボックスをクリックしてオフにします。
  4. 選択ツールを使用して位置を選択します。

    選択した位置がマップ上でハイライトされ、選択されなかった位置は使用できなくなります。 その対話機能を含めた場合、Power BI ビジュアライゼーションが更新されます。