結合レイヤー

Power BI から ArcGIS for Power BI マップにデータ レイヤーを追加すると、そのマップはレポート上のその他のビジュアルを操作して、データに関する追加情報を提供します。 Power BI データに住所や座標などの空間情報が含まれていない場合は、Power BI のデータ属性を、ArcGIS から追加された参照レイヤーのデータ属性に関連付けると、データについての洞察を深めることができます。 データ レイヤーと参照レイヤーを結合するには、各データセット内の共通属性をリンクします。

たとえば、自社の在庫に関する詳細情報を含む Power BI データセットがあるとします。 このデータを参照レイヤーの地理フィーチャと関連付けて、マップによってレポート上のその他のビジュアルを、Power BI データ レイヤーと同じ手法で操作できるようにすることができます。

このフィーチャには独自の選択ツール セットが含まれており、参照レイヤーとその他のビジュアル間の操作に役立ちます。

前提条件

レイヤーの結合機能を使用するには、ArcGIS の参照レイヤーに Power BI データセット内の属性と一致する属性が含まれていることを確認します。 属性の名前は同じでなくてもかまいませんが、データ タイプは同じでなければなりません。つまり、数値同士、文字列同士を結合します。

この機能は、ArcGIS for Power BI で Standard と ArcGIS の両方のユーザーが使用できます。

レイヤー結合の作成

参照レイヤーをデータ属性と結合するには、次の手順に従います。

  1. ArcGIS for Power BI マップとその他のビジュアライゼーションを含むレポートを作成し、そのレポートを保存します。

    Power BI Desktop または Power BI サービス (powerbi.com) を使用してマップ連動レポートを作成することができます。

  2. ArcGIS for Power BI ビジュアルで、ArcGIS アカウントにサイン インします。 または、ArcGIS for Power BI Standard アカウントを使用します。
  3. Power BIArcGIS for Power BI ビジュアルをアクティブにして、[フィールド] ウィンドウからビジュアルの [結合レイヤー] ウェルまで非空間属性をドラッグします。 このフィールドには、属性を 5 つまで追加できます。
    レイヤー結合を作成するために [結合レイヤー] ウェルに値を追加
    注意:

    空間情報を含むデータ レイヤーがマップに含まれていない場合、マップは空の状態で表示されます。

  4. ArcGIS からマップに参照レイヤーを追加します。

    選択した参照レイヤーに、Power BI データセット内の属性と一致する属性が含まれていることを確認します。

  5. 必要に応じて、[レイヤー リスト] ボタン レイヤー リスト をクリックして、マップのレイヤー リストを展開します。
    注意:

    [マップ ツール] マップ ツール をクリックして、ツールセットを展開します。

  6. レイヤー リストで、該当する参照レイヤーの [レイヤー オプション] レイヤー オプション をクリックしてショートカット メニューを表示し、[結合レイヤー] をクリックします。

    [結合レイヤー] ウィンドウが表示されます。 [結合レイヤー] ウェルに配置したデータ属性が左側に表示され、参照レイヤー内の属性が右側のドロップダウン メニューに表示されます。

    一致させる属性が表示された [レイヤー結合] ウィンドウ
  7. ドロップダウン メニューから、Power BI の属性と最もよく一致する参照レイヤーの属性を選択します。 結合を作成するには、少なくとも 1 つの属性を結合させる必要があります。

    属性が一致するにはデータ タイプが同じでなければなりません。たとえば、文字列値はもう一方の文字列値と関連付けます。

    [結合レイヤー] ウェルに複数の属性を配置した場合は、ドロップダウン メニューを使用して各属性を一致させます。 参照レイヤーごとに最大 5 つの属性を一致させることができます。

  8. すべての属性を一致させたら、[結合の作成] をクリックします。

    結合が作成され、選択ツールを表示するためにウィンドウが再読み込みされます。

  9. [結合レイヤー] ウィンドウの選択ツールを使用して、マップ上の位置を選択します。

    結合された参照レイヤー上の位置を選択すると、その参照レイヤー内の属性と一致する属性を含むレポート上のその他のビジュアルが自動的に更新されます。 一致が存在しない場合、結果が見つからなかったことを示すメッセージが表示されます。 レポート上のその他のビジュアルのアイテムを選択することもできます。変更を反映するためにマップが即座に更新されます。

    [レイヤー結合] ウィンドウの選択ツールを使用してマップ上の位置を選択し、レポート上のその他のビジュアルを操作します。

レイヤー結合の変更

参照レイヤーがデータ属性と結合されると、レイヤー リストのレイヤーのエントリにリンク アイコンが表示されます。 レイヤー結合の設定はいつでも変更できます。

レイヤー結合を変更するには、次の手順に従います。

  1. [レイヤー リスト] ボタン レイヤー リスト をクリックして、レイヤー リストを展開します。
    注意:

    必要に応じて [マップ ツール] ボタン マップ ツール をクリックしてツールセットを展開します。

  2. レイヤー リスト内の該当する参照レイヤーで、[結合レイヤー] ボタン 結合レイヤー をクリックして [結合レイヤー] ウィンドウを開きます。

    また、[レイヤー オプション] レイヤー オプション をクリックしてショートカット メニューを表示し、[結合レイヤー] をクリックすることもできます。

  3. [結合レイヤー] ウィンドウで [結合の解除] をクリックします。
  4. Power BI データの新しいフィールドを [結合レイヤー] ウェルまでドラッグして、参照レイヤー内の対応する属性と一致させます
  5. [結合の作成] をクリックします。

    レイヤー結合が新しい値で更新されます。

  6. レイヤー結合を削除するには、[結合の解除] をクリックします。