Skip To Content

新機能

6 月から 12 月のリリースでは、不具合の修正と、安定性とセキュリティの改善が行われています。チームは、新機能の提供、速度の向上、ユーザビリティの改善のために、Operations Dashboard を改良し続けています。新機能がリリースされたので、各更新の特長を以下に示します。

2019 年 3 月

  • ウクライナ語、アラビア語、ヘブライ語を新たに使用できるようになりました。ロケールがこれらの言語の 1 つに設定されている場合、ダッシュボードはこの設定を適用します。
  • カテゴリ セレクターは、複数選択を許可するように構成した場合、[なし] オプションを含めることができるようになりました。これを使用すると、多くのアイテムを一度で簡単に選択解除できます。
  • エレメントが [データはありません] または [値がありません] を表示するときに利用できる書式設定オプションが追加されました。
  • インジケーターおよびヘッダー エレメントで、新しいアイコンを利用できるようになりました。

2018 年 12 月

2018 年 12 月のアップデートでは、URL パラメーターを通じてダッシュボードの構成の柔軟性が向上しました。実行時にアクションを引き起こすように設計された次のパラメーター タイプが使用できます。

  • カテゴリ
  • 数値
  • 日時
  • 機能
  • ジオメトリ

これまでのリリース

これまでのリリースに追加された機能を確認するには、「これまでのリリース」をご参照ください。