Skip To Content

ArcGIS Maps for SharePoint の新機能

ArcGIS Maps for SharePoint の機能に関するご意見をお待ちしています。お客様のご意見を ArcGIS Ideas サイトにお寄せください。

ArcGIS Maps for SharePoint 4.2 には、次の更新および拡張が含まれています。

  • アプリの名前が ArcGIS Maps for SharePoint に変更されました。
  • SharePoint Server 2016 のサポートが追加されました。
  • ArcGIS Maps for SharePoint Online は、ArcGIS Maps アプリ パーツと ArcGIS Maps Locate ワークフローの両方を含む単一のアプリです。
  • ArcGIS Maps for SharePoint Online は現在、サブサイトでサポートされています。
  • 強化されたセキュリティ ソリューションにより、SharePoint 管理者は ArcGIS の認証情報を安全に保存する方法を選択できます。
  • ArcGIS Enterprise Server 10.5 のサポートが追加されました。
  • ベクター タイル ベースマップのサポートが追加されました。
  • サブサイトやドキュメント ライブラリのサブフォルダーから、SharePoint のリストとドキュメントを ArcGIS Maps アプリに追加できます。
  • ArcGIS Maps for SharePoint は、パブリックの SharePoint サイト上で匿名アクセス可能なマップ Web パーツをサポートしています。
  • SharePoint リストをマップに追加する操作が改善されました。
  • アプリの構成および ArcGIS Maps Locate ワークフローの操作が改善されました。
  • 各種不具合の修正と改善