Skip To Content

マップ テーマの変更

マップは、データをさまざまな表現で視覚化して、理解を深める強力なツールです。たとえば、各国の人口データを一連の色 (薄い色から濃い色に変化するなど) で表示したり、等級別の円 (小さい円から大きい円に変化するなど) で表示したりすることができます。このように高い柔軟性があるため、ユーザーは、データの表現方法に基づき、いろいろなストーリーを伝えたり、隠れたパターンを検出したりできます。ただし、マップを柔軟に作成できることは、最適な答えが 1 つに限らない場合に的確な意思決定を下す必要があることを意味します。

ArcGIS Maps for Power BI では、スマート マッピングのデフォルトで、データやレイヤーをさまざまなスタイル設定オプションから選択することができます。

[マップ テーマ] をクリックすると表示されるスタイル設定オプションは、マッピングするデータの性質によって決まります。たとえば、マップ レイヤーが境界位置ではなくポイントから構成されている場合、ポイントから構成されるレイヤーには表示されるが米国の州や郵便番号などの境界レイヤーには表示されないヒート マップ スタイル設定オプションなど、 また、スタイル設定オプションは、レイヤー内の位置に関連付けられているデータの種類によっても異なります。たとえば、ポイントには、地理座標などの位置情報だけでなく、小売店の位置情報などのカテゴリ情報や売上高などの数値情報も含めることができます。すべての種類のデータに対してすべてのスタイル設定オプションを使用できるわけではありません。ArcGIS Maps for Power BI では、データの種類とレイヤーのその他の特性を分析した上で、最も適切なスタイル設定オプションが表示されます。

マップ テーマを変更するには、次の手順に従います。

  1. フォーカス設定編集モードArcGIS Maps for Power BI ビジュアライゼーションで、マップ ツールバーの [マップ テーマ] ボタン マップ テーマ をクリックします。

    マップ テーマ ギャラリーが開き、利用可能なマップ スタイルのサムネイルが表示されます。マップ内のフィールド データ値に基づいて、異なるスタイルが表示されます。フィールド値に適用されるオプションだけがマップに表示されます。たとえば、位置フィールドだけをマップに追加した場合、描画スタイルには [場所のみ] と、ポイント レイヤーの場合は [ヒート マップ] および [クラスタリング] などが利用できます。数値データを含むフィールドを指定した場合、位置データに使用できるテーマと、その他いくつかのテーマの中から選択できます。

    マップ テーマ ギャラリー

    マップに追加したフィールドに応じて、さまざまなマップ テーマが利用できます。[情報] ボタン 情報 の上にポインターを合わせると、テーマの簡単な説明が表示されます。詳細については、以下のセクションをご参照ください。

  2. 使用するマップ テーマをクリックして選択します。

    新しいテーマがマップに自動的に表示されます。

    備考:

    マップ テーマのデフォルトのシンボル スタイルを変更した場合、テーマ カードに [テーマを元に戻す] ボタン元に戻す が表示されます。このボタンをクリックすると、スタイル設定が元のデフォルトに戻ります。

場所のみ

単一シンボルを使用して、位置データのスタイルを設定します。このテーマは、同じシンボルを使用して、マップ上の各位置を表示します。

ヒート マップ

マップ上のポイント密度を視覚化するのに、ヒート マップを使用できます。ヒート マップは、マップ上に多くのポイントが密集したり、重なり合っていたりすることで、位置の特定が難しい場合に有効な表現方法です。ヒート マップは、多数のポイントを含むレイヤーを表示する場合にも有効です。

ヒート マップはレイヤー内のポイントを使用して、マップ上のポイントの相対的な密度を計算し、寒色 (ポイントの密度が低い) から暖色 (ポイントの密度が高い) まで滑らかに変化する一連の色の配列で表示します。数個の位置しか存在しない場合は、ヒート マップを使用せずに、実際のポイントをマッピングすることをお勧めします。

備考:

ヒート マップ レイヤーでは、ツールチップは利用できません。

また、ヒート マップはポイント密度の描画に指定されたカラー ランプを使用するため、[サイズ][色] フィールド ウェルの値は無視されます。

クラスタリング

ポイントの数が多く含まれているレイヤーの場合、マップ上で各位置を個別に表示するのは効果的でない場合があります。こうした状況では、ポイントが重なり合っていることが多く、位置同士を見分けることは困難です。重なり合っていない場合でも、無数のポイントがすべて表示されると、意味のある情報を見た目で把握することが困難、もしくは把握できなくなる可能性もあります。

この問題を解決するアプローチの 1 つとして、画面上で互いに一定の距離内にあるポイント位置を 1 つのシンボルにグループ化する方法があります。これは、クラスタリングと呼ばれます。クラスタリングは画面上での距離に左右されるため、表示を縮小するほど多くのポイントが 1 つのグループに集約されます。反対に、表示を拡大するほどポイントのグループ数が増えます。画面表示をさらに拡大し、あるポイントを中心とする一定距離の範囲 (クラスタリング領域) 内に他の位置が含まれなくなると、そのポイントはクラスタリングされません。その場合、ポイントは、本来の位置に、レイヤーで指定したスタイリングで表示されます。

ポイント レイヤーのスタイル設定で、カテゴリ (店舗タイプなど) 別にグループ化されたフィールドを使用した場合、クラスターには円グラフが表示され、クラスター内のグループごとのフィーチャ数の比率が表示されます。拡大表示すると、クラスターがさらに小さいグループに分割され、円グラフが変更されて新しいクラスターの情報を反映します。[色] フィールドの値は、文字列または一意の値である必要があります。

備考:
クラスタリング マップ テーマを使用してスタイル設定したレイヤーでは、ポップアップと選択ツールは利用できません。

サイズ

このマップ テーマでは、等級シンボルのサイズで数値データやランク付けされたカテゴリが表現されるため、視覚的に数量を比較したり、トレンドを認識したりすることができます。この比例シンボル マップでは、シンボルが大きいほど大きい数値を表します。伝えたい内容を明確に表すようにシンボルのサイズを調整します。たとえば、等級シンボルを使用して、店舗の収入を表示できます。数値フィールド値をマップ ビジュアライゼーションの [サイズ] フィールド ウェルに追加して、このテーマを有効化します。

数値データが存在する場合、カラー ランプに基づきマップ位置を区別できます。さまざまな種類のカラー ランプを使用できます。たとえば、薄い色から濃い色に変化する単純なカラー ランプは、年齢、収入、比率など、低から高へのデータ値の表示に適しています。このようなカラー ランプは、ポイントまたは境界に適用できます。たとえば、薄い色から濃い色に変化するカラー ランプを使用して店舗の利益を表示できます。

カテゴリ データが存在する場合、カテゴリごとに異なる色を指定することで位置のスタイルを設定できます。このテーマを有効化するには、フィールド値をマップ ビジュアライゼーションの [色] フィールド ウェルに追加します。

サイズと色

このテーマを使用すると、データ内の 2 つのフィールド値を選択して、マップ上のポイント シンボルのサイズと色を設定します。または、同じフィールドを 2 回使用して、強調するデータの部分に基づき、シンボルのサイズを設定し、色を設定できます。数値データを使用している場合、これは母子家庭の世帯数などの数情報を、母子家庭の世帯率などの比率で陰影処理して表示する場合に適したスタイルです。

サイズとカテゴリでマップのスタイルを設定するには、カテゴリ データ フィールドを [色] フィールド ウェルにドラッグします。

また、データに含まれている日付値をマップ上で別のフィールドと一緒に連続タイムラインとして順番に表示したい場合も、このスタイルを使用できます。日付フィールド値を [色] フィールド ウェルに追加した場合、色を使用して日付値を表示し、比例シンボルを使用して [サイズ] フィールド ウェルの値を表示します。日付値を [サイズ] フィールド ウェルに配置した場合は、反対に、比例シンボルを使用して日付を表示し、色を使用してもう一方のフィールド値を表示します。