PowerPoint から Excel スライドに埋め込むことができるマップの作成

Microsoft Excel でマップを作成したら、マップの静的な画像を含む PowerPoint スライドを作成して、プレゼンテーションを拡張することができます。

PowerPoint から Excel マップ スライドを作成するには、次の手順を行います。

  1. スライドでの表示に合わせて、Excel 上のマップ ウィンドウのサイズや表示範囲を変更します。ズーム レベルを調整し、ベースマップを選択して、画像に含めるレイヤーを有効にします。
  2. マップ ツールバーの [スライドの作成] ボタン PowerPoint でマップ スライドを作成 をクリックします。
    ヒント:

    マップ ツールバーが圧縮されている場合、[共有] セクションを展開すると利用可能なツールが表示されます。

    ツールバーの [共有] セクションを展開します。

ArcGIS Maps for Office によって Microsoft PowerPoint が開き、マップ イメージを含むスライドが作成されます。マップ イメージは、スライド上の他の画像と同様に、サイズ変更および配置できます。画像には、ArcGIS Maps for Office で表示されたマップ表現だけが含まれます。マップ タイトル、境界線、ツールバー、レイヤー カード、ナビゲーション コントロールは含まれません。

メモ:

スライドに含まれるマップは静的な画像で、Excel のときのようにマップを操作することはできません (移動やズームができません)。操作可能なマップ スライド (PowerPoint のプレゼンテーション モードで動かすことのできる動的なマップ) を作成する場合は、「操作可能なマップの PowerPoint スライドへの追加」をご参照ください。