Skip To Content

操作可能なマップの PowerPoint スライドへの追加

操作可能なマップをスライドに追加する方法が簡略化され、かつコンテンツの検索性が向上したことにより、ArcGIS Maps for Office の操作性が大幅に向上しました。これにより、PowerPoint プレゼンテーションの効果を一層高めることができます。ArcGIS 組織サイトのコンテンツを使用してマップを PowerPoint に直接追加するか、既存のマップ スライドを編集します。マップをスライドに挿入し、必要に応じて単独で配置したり、チャート、画像、テキストなど、その他標準の PowerPoint 機能と組み合わせて使用できます。スライド ショー モードでマップをロック解除すると、完全な対話形式で、マップのズームと画面移動を行ったり、フィーチャを選択して詳細情報を表示したりすることができるようになります。

備考:

マップは、スライド ショー モードの場合にのみ動的になります。プレゼンテーション中に [マップのロック解除] マップのロック解除 をクリックすると、マップがアクティブ化されます。

マップのスライドへの追加

マップを PowerPoint スライドに追加するには、次の手順に従います。

  1. PowerPoint のリボンで、[ArcGIS Maps] タブをクリックして [ArcGIS Maps] リボンを表示します。
  2. [サイン イン] をクリックし、ArcGIS アカウントにサイン インします。
  3. 新しいスライドを作成するか、マップに追加するスライドを参照します。
  4. [ArcGIS Maps] リボンの [マップの追加] をクリックします。

    [マップの挿入] ウィザードが開き、ワークフローの最初のタブである [マップの参照] が表示されます。

    ArcGIS でのマップの参照
    備考:

    ウィザードでは、[次へ] をクリックしてワークフローの各手順に進むか、操作するタブをクリックします。ワークフローの手順を順番に実行する必要はありません。また、いつでも手順を戻り、設定を変更できます。

  5. 次のいずれかの操作を実行して、スライドに追加する Web マップを検索します。
    • ドロップダウン メニューから、検索する ArcGIS 組織の地域を選択します。
    • 検索フィールドに 1 つまたは複数のキーワードを入力して、Enter キーを押します。
    • [お気に入り] をクリックすると、ArcGIS でお気に入りとしてマークしたアイテムがリストされます。
    • [検索] フィールドに 1 つまたは複数のキーワードを入力して、Enter キーを押します。
      ヒント:

      タグを使用して検索するには、tags: キーワードの後に検索するタグの名前を入力します。たとえば、「tags:myTag」と入力します。タグのキーワードは小文字である必要があります。

    [ArcGIS データ] ウィンドウに検索結果が表示されます。

    検索結果
  6. 結果を並べ替えるには、[並べ替え] ボタン 検索結果の並べ替え をクリックします。

    関連性、更新日、タイトル、ビュー数、または所有者で、コンテンツを並べ替えることができます。

  7. 検索結果をフィルター処理するには、[フィルター] ボタン 検索結果のフィルタリング をクリックします。
    • [マップ エリア内のコンテンツのみを表示] チェックボックスをオンにすると、検索結果が現在のマップ範囲に制限されます。
    • カテゴリ、アイテム タイプ、更新日、作成日、タグ、共有状態、ステータスでフィルター処理します。クリックしてセクションを展開し、オプションを選択します。[解除] をクリックすると、フィルターが解除されます。
  8. 検索結果から Web マップをクリックすると、そのマップの詳細情報が表示されます。名前のリンクをクリックすると、ArcGIS での作成者のプロフィールが表示されます。
  9. 必要なマップを見つけて、[追加] ボタン マップのスライドへの追加 をクリックします。

    [アイテムの詳細] ウィンドウで [マップに追加] をクリックしても、レイヤーを追加することができます。いずれかのボタンをもう一度クリックすると、スライドからマップが削除されます。

    Web マップがスライドに追加され、ビューがズームしてマップの全範囲が表示されます。

  10. [次へ] をクリックします。

    [レイヤーと凡例キーの選択] タブが開き、選択した Web マップで利用できるすべてのレイヤーのレイヤー カードが表示されます。

    デフォルトでは、表示レイヤーがマップ スライドに含まれています。Web マップの共有時に非表示であったレイヤーは利用可能ですが、PowerPoint マップ スライドで非表示になっています。

  11. レイヤー カードで [レイヤーを表示] ボタン マップ上にレイヤーを表示 をクリックし、そのレイヤーをマップ スライドに含めます。マップ スライドに含めないレイヤーの [レイヤーの非表示] マップからレイヤーを非表示 をクリックします。
    マップ スライドに含めるレイヤーの選択
  12. マップ キーを凡例に追加するには、レイヤー カードで [キーの追加] ボタン キーの凡例への追加 をクリックします。
    備考:

    凡例ウィンドウの高さは最大 350 ピクセルです。選択したキーの数が許容容量を超えると、エラーが発生します。マップ アイテムを削除してから、新しいマップ アイテムを凡例に追加します。

  13. マップの凡例を構成するには、次の手順に従います。
    • 凡例の順序を変更するには、各凡例のマップ キーをクリックおよびドラッグします。
    • マップ キーの名前を変更するには、[編集] をクリックします。
    • 凡例からキーを削除するには、[削除] をクリックします。
    • [凡例] ウィンドウのテーマを変更するには、[テーマ] ボタン 凡例のテーマ をクリックします。ボタンをクリックすると、[明] (白の背景と黒のテキスト) と [暗] (グレーの背景と白のテキスト) が切り替わります。
      備考:

      • ここで設定した構成は、凡例にのみ適用されます。レイヤー名やマップ順序には影響がなく、テーマがマップ自体に影響を与えることもありません。
      • 凡例ウィンドウは静的な画像として、マップ スライドに追加されます。マップをアクティブ化すると、マップがスライドの最前面に移動し、凡例は非表示になる場合があります。

  14. [次へ] をクリックします。

    [レイアウトの選択] タブが開き、さまざまなスライド レイアウト オプションが表示されます。

  15. マップ スライドに使用するレイアウトを選択します。

    以下のレイアウトから選択することができます。

    • デフォルトのレイアウト - マップが現在のスライドのレイアウトに追加されます。
    • 右側に配置 - マップがスライドのコンテンツ エリアの右側に配置されます。
    • 下側に配置 - マップがスライドのコンテンツ エリアの下半分に配置されます。
    • 全体に配置 - マップがスライドのコンテンツ エリア全体に配置されます。

  16. [次へ] をクリックします。

    [マップの確認と挿入] タブが開き、スライド上のマップと凡例のプレビューが表示されます。マップのサイズ、範囲、ズーム レベルを確認し、必要に応じて変更します。凡例を再配置するには、凡例をドラッグします。

    マップのプレビュー
  17. 現在のスライドにマップを追加するには、[マップの挿入] をクリックします。

    ウィザードが閉じて、マップ スライドが表示されます。デザイン モードでは、マップと凡例は 2 つの静的な画像として表示されます。必要に応じて、各画像のサイズを変更したり、スライド上に再配置できます。マップを操作するには、スライド ショー モードでマップをアクティブ化して、マップを動的にする必要があります。

    備考:

    モニターが、100% を超える縮尺で 2560 x 1600 よりも大きい解像度に設定された場合、PowerPointArcGIS Maps for Office を使用するときに、異常な動作が発生することがあります。詳細については、高解像度モニターに関連する Esri Knowledge Base 19087 をご参照ください。

既存のマップの編集

マップの編集ウィザードを使用すると、すでにスライドに追加されているマップを簡単に編集できます。

備考:

Excel から追加したマップは編集できません。それらのマップは静的な画像として作成されているため、PowerPoint で変更できません。

既存のマップ スライドを編集するには、次の手順に従います。

  1. まだ Sign in をしていない場合、[ArcGIS Maps] リボンから [ArcGIS] アカウントで、sign in します。
  2. プレゼンテーションで、変更するマップを含むスライドを選択し、スライド上のマップ イメージをクリックします。
  3. [ArcGIS Maps] リボンの [マップの編集] をクリックします。

    マップのプレビュー ページが開き、マップの現在の設定が表示されます。

  4. [戻る] をクリックして、マップ スライド ウィザードに戻ります。
  5. 必要な変更を加えるには、該当するタブをクリックします。次の 1 つまたは複数の操作を実行します。
    • マップを変更するには、[マップの参照] をクリックして、新しいマップを選択します。

      スライドで既存のマップが置き換えられ、以前に行った変更が失われます。

    • マップ スライドに表示されるレイヤーを変更するには、[レイヤーと凡例キーの選択] をクリックし、レイヤー カードの [レイヤーを表示] マップ上にレイヤーを表示 ボタンと [レイヤーの非表示] マップからレイヤーを非表示 ボタンを使用して現在の選択を変更します。
    • 凡例の構成オプションを変更します。
    • スライド レイアウトを変更するには、[レイアウトの選択] をクリックして、利用可能なオプションから別のレイアウトを選択します。
  6. 変更が完了したら、[マップの確認と挿入] をクリックします。

    マップのサイズ、範囲、ズーム レベルを確認し、必要に応じて変更します。凡例を再配置するには、凡例をドラッグします。

  7. [マップの挿入] をクリックします。

    ウィザードが閉じて、スライド内のマップが更新されます。マップを操作するには、スライド ショー モードでマップをアクティブ化して、マップを動的にする必要があります。

マップのアクティブ化

マップをスライドに追加すると、プレゼンテーションの操作中、マップと凡例は 2 つの静的な画像としてスライド上に表示されます。スライド ショー モードに切り替えるとき、マップ上の [マップのロック解除] ボタンをクリックすると、マップがスライドの最前面に移動し、動的になります。マップの凡例は静的な画像のままです。

備考:

マップ連動スライドをアクティブ化するには、ArcGISサイン インする必要があります。

スライド上のマップをアクティブ化するには、次の手順に従います。

  1. PowerPoint プレゼンテーションをスライド ショー モードで開きます。
  2. マップ連動スライドで、マップ上の [マップのロック解除] マップのロック解除 をクリックします。

    マップが操作可能な状態になり、マップの拡大/縮小と画面移動ができるようになります。また、フィーチャをクリックすると、位置に関する詳細情報が表示されます。

  3. マップを全画面モードにするには、マップ上の [全画面表示] ボタン 全画面のプレゼンテーション をクリックします。

    マップが表示エリア全体に配置され、スライド上の凡例やその他のエレメントは非表示になります。

    備考:

    マップをアクティブ化すると、マップがスライドの最前面に移動し、凡例やその他のスライド エレメントが非表示になる場合があります。

    レイヤー カードに、Web マップで利用できるすべてのレイヤーが表示されます。これには、[マップの追加] ウィザードでオフにしたレイヤーも含まれます。マップ上でレイヤーを表示/非表示にするには、[レイヤーを表示] マップ上にレイヤーを表示 または [レイヤーの非表示] マップからレイヤーを非表示 をクリックします。レイヤーのシンボルを表示するには、[レイヤーの凡例を表示] ボタン レイヤーの凡例を表示 をクリックします。

  4. プレゼンテーションを再開するには、マップ上の [マップのロック] ボタン マップのロック をクリックしてマップを非アクティブにするか、Esc キーを押します。