Skip To Content

新機能

Insights for ArcGIS の 12 月のリリースは、エラー メッセージや既存機能の改善など、ソフトウェア全体のパフォーマンスが向上したソフトウェア リリースです。ArcGIS Online のライセンスの更新もあり、これは Insights のライセンスにも影響を与えます。

データ テーブル

[ドッキング] ボタンドッキング を使用して [データ テーブル] をページの下部にドッキングできます。

ライセンス

ArcGIS Online の 12 月のアップデートでは、ライセンスが更新されています。これは Insights にも関係します。現在 Insights を使用している場合、そのライセンスは自動的に更新され、引き続き Insights にアクセスできます。

新しいライセンス内容では、Insights ユーザーは次の指定が必要です。

  • Creator ユーザー タイプ (これまではレベル 2 ユーザー) または GIS Professional ユーザー タイプ
  • 公開者もしくは管理者ロール、またはそれと同等のカスタム ロール
  • Insights ライセンス

Insights ページを表示したいが、Insights を使用しないユーザーは、次の指定が必要です。

  • 任意のユーザー タイプ
  • 最低でも閲覧者ロールの権限を持つロール
  • Essential Apps Bundle

共有ページを表示できるユーザーの詳細については、「ページの共有」をご参照ください。

クイック レッスン

3 つのクイック レッスンに新しいワークフローが追加されました。これらのレッスンでは、最初から最後まで 1 つのシナリオを使用します。「初めてのワークブック作成」、「空間的問題の解決」、「解析の共有」の順に行います。各レッスンとも、他のレッスンのコンテキストとは関係なく、独自に実行することもできます。

リソース

ArcGIS ブログに、Insights に関する投稿を追加しました。Insights for ArcGIS タグを使用して、新着情報や、Insights を使用するためのヒントを見つけることができます。ArcGIS YouTube チャンネルにも Insights for ArcGIS プレイリストが加わり、他の有用なヒントを検索できるようになりました。