Skip To Content

新機能

Insights for ArcGIS の 9 月のリリースには、対話型のプレゼンテーションにコンテキストとブランディングをさらに追加できるアップデートが含まれています。組織の色やロゴの使用を管理したり、共有した解析結果を使って説明するオプションを使用できるようになりました。このリリースでは、ページのパブリックな共有、新しいリンク解析機能、定義済みフィルター ウィジェット、および KPI カードもサポートされています。

リンク解析

リンク チャートリンク マップには、以下の複数の新規アップデートが含まれています。

  • リンク チャートリンク マップで、3 つ以上のノードを表示できるようになりました。さらにノードを追加するには、[レイヤー オプション] ウィンドウを表示し、文字列フィールドをリンク先のノードにドラッグします。
  • リンク マップとリンク チャートの新たな中心性メソッドとして、固有ベクトルの中心が追加されました。固有ベクトルの中心は、影響を与える他ノードへの接続に基づいて、ノードの影響を計算する中心性メソッドです。
  • リンク マップリンク チャート[レイヤー オプション] ウィンドウが再設計され、[オプション] タブ オプション[スタイル] タブ スタイル、および [凡例] タブ 凡例 が含まれるようになりました。
  • 文字列フィールドを使用して、リンクを個別値によって表示できるようになりました。[オプション] タブの [タイプ] パラメーターを設定することで、リンクを個別値に設定できます。

リンク チャートに 3 つのレイアウト オプション (エネルギー方向階層状放射状) が含まれるようになりました。レイアウト オプションでは、質問の内容と求めている情報に基づいて、リンク チャートの構造をカスタマイズすることができます。

ページのカスタマイズ

色、フォント サイズ、画像、およびその他の設定を組み合わせて、ページをカスタマイズできます。ページをカスタマイズすることで、解析結果を効果的に表示したり、企業固有の色やロゴを使用したりすることができます。

テキストとメディア カードを使用して、テキスト、ハイパーリンク、画像、およびビデオをページに追加できます。

定義済みフィルター カードを使用して、ページの共有時に使用できるフィルター クエリをページに設定できます。

凡例をページに追加して、マップやチャートを理解しやすくすることができます。

テーマ

テーマは、共有時にページに作成または適用できるテンプレートです。テーマには、色、テキストおよびメディア、カードの配置などのページ機能が含まれます。

テーマ

マップ イメージ レイヤーが Insights で使用できるようになりました。マップ イメージ レイヤーは ArcGIS Online に保存され、Insights[ページに追加] ウィンドウの [コンテンツ][グループ]、および [組織] タブからアクセスできます。

チャート

KPI (主要業績評価指標) カードは、主な指標を目標と比較して、数値またはゲージのいずれかで表示する新たなチャート タイプです。KPI カードを使用して、計測値のステータスを解析できます。

チャートおよびテーブル カードで、[アクション] ボタン アクション が使用できるようになりました。このボタンを使用して分析ウィンドウを開き、カード上のデータを使用して非空間解析を実行できます。

チャートの軸ラベルは、カード上の [ラベルの編集] ボタン ラベルの編集 をクリックしてラベルをクリックし、新しいラベルを入力することで編集できます。

[レイヤー オプション] ウィンドウの [スタイル] タブ スタイル を使用して、チャートのアウトライン色を変更できるようになりました。

機能拡張

シンボル タイプに個別値マップバー チャートバブル チャートコード ダイアグラムなどの [個別値シンボル] を使用しているマップチャートのシンボルの色を変更できるようになりました。シンボルをクリックし、パレットから色を選択するか、16 進数コードを入力することによって、凡例のシンボルを変更することができます。

高度なフィルターを使用して、データセットまたはカード レベルでデータに式ベースのフィルターを作成できます。高度なフィルターは、クエリが複雑であるか、情報の一部が不明または計算する必要がある場合に有効です。

フィールド演算時に、[fx] メニューから +、>、<>、OR などの演算子にアクセスできるようになりました。

ArcGIS Online バージョンの Insights で、共有ページワークブックをパブリックに共有できるようになりました。パブリックにページを共有する方法は、<iframe> を使用してページを Web サイトやストーリー マップに埋め込むなど、ArcGIS Online 組織の外部に解析結果を伝えるのに適しています。ワークブックを共有すると、解析プロセスやデータを含むすべての作業に他の Insights ユーザーがアクセスできるようになります。

リソース

ArcGIS ブログに、Insights に関する投稿を追加しました。Insights for ArcGIS タグを使用して、新着情報や、Insights を使用するためのヒントを見つけることができます。ArcGIS YouTube チャンネルにも Insights for ArcGIS プレイリストが加わり、他の有用なヒントを検索できるようになりました。

クイック エクササイズは、Insights の使用開始時の場合や、または解析に活用できるアイデアが必要な場合に非常に役立ちます。クイック エクササイズを使用して、最初のワークブックを作成し空間的問題を解決し解析を共有します