Skip To Content

新機能

最新リリースの Insights for ArcGIS には、新しい解析機能、チャート タイプ、およびマップ タイプが含まれています。最新リリースの主な特色は、リンク解析と回帰分析です。リンク解析には、リンク マップとリンク チャートが含まれています。回帰分析には、回帰モデルの作成、変数の予測、散布図マトリックス チャートの作成の機能が含まれています。

リンク解析

リンク解析は、データセット内のリレーションシップと接続に注目する手法です。Insights では、リンク マップとリンク チャートを使用してリンク解析を実行できます。

リンク マップを使用して、異なる場所の間の関係を可視化することができます。接続のラインは、スパイダー ラインとして表示できます。これは、位置間で方向付けされていないリンクです。または、フロー マップの作成に、リレーションシップの方向および大きさを組み込むことができます。

リンク チャートは、2 つ以上のカテゴリ変数間におけるリレーションシップの大きさと方向を示します。

回帰分析

回帰モデル作成ツールを使用して、ある従属変数と複数の説明変数の間の関係をモデル化することができます。このツールは、最小二乗法を使用してモデルを作成します。

変数予測ツールを、回帰モデル作成ツールと組み合わせて使用することで、データセットの新しい数値を予測することができます。

関数データセットは、[回帰モデルの作成] ツールの出力として作成される新しいタイプのデータセットです。関数データベースを使用して、回帰統計データを表示し、変数予測ツールを実行することができます。

散布図マトリックスは、5 つまでの数値変数を使用した複数の散布図のグリッドです。

マップおよびチャート

新しいカラー ランプが、[数と量 (色)] でスタイル設定されたマップと一部のチャート (ヒート チャートなど) に使用できるようになりました。

データ

リレーションシップの作成を使用して、複数のデータセットの場所フィールドを使用する空間結合を作成できるようになりました。

リソース

ArcGIS YouTube チャンネルに Insights for ArcGIS プレイリストが加わり、有用なヒントを検索できるようになりました。

クイック エクササイズは、Insights の使用開始時の場合や、または解析に活用できるアイデアが必要な場合に非常に役立ちます。クイック エクササイズを使用して、最初のワークブックを作成し空間的問題を解決し解析を共有します