Skip To Content

Insights for ArcGIS におけるクレジットの概要

クレジットは、ストレージ、空間解析、プレミアム コンテンツの使用などのトランザクションに対して、ArcGIS Online や ArcGIS プラットフォーム全体で使用される通貨です。Insights では、クレジットはプレミアム コンテンツを使用するツールやプロセスに対してのみ消費されます。購入した各 Insights ライセンスには、ArcGIS Online ユーザーがこれらのプレミアム コンテンツにアクセスできるように、Insights 組織に対して 1,000 の追加クレジットが含まれています。

クレジットを消費するプロセス

Insights for ArcGIS のほとんどの機能は、組織のクレジットを消費せずに使用できます。例外は、Esri World Geocoding サービス、Esri サービス、ネットワーク解析サービスなど、ジオエンリッチメント が提供するサービスからデータを追加するプロセスです。

次の表は、実行時にクレジットを消費するツールとプロセスをまとめたものです。

ツールまたはプロセスクレジットの消費

マップ、チャート、テーブルの作成

不要

解析の実行

バッファー/到達圏の作成 - 固定距離

オーバーラップ

不要

ディゾルブ (Dissolve)

必要

バッファー/到達圏の作成 - 移動モード

必要

空間集約

不要

空間フィルター

不要

データの情報付加

必要

密度の計算 (Calculate Density)

必要

最寄りの検索

不要

位置の有効化

座標

不要

住所 - Esri World Geocoder

必要

住所 - カスタム ロケーター サービス

不要

ジオグラフィ

不要

データセット、ページ、モデル、ワークブックの共有

不要

フィールド演算

不要

リレーションシップ (結合) の作成

不要

Esri World Geocoder を使用した位置の有効化

Esri World Geocoder を使用した位置の有効化では、World Geocoding サービスを使用する必要があります。World Geocoding サービスは、通りの名前、都市、州や都道府県などの住所フィールドを使用して、新しい空間対応の [Address] フィールドをデータセットに作成することができます。

座標ジオグラフィを使用したり、[Esri] World Geocoder を使用しない場合 (独自のロケーター サービスを使用して住所のジオコーディングをする場合)、位置の有効化でクレジットは消費されません。

ヒント:

Excel テーブルなど、頻繁に使用するか組織の複数のメンバーが使用する非空間テーブルがある場合、Excel テーブルで位置を何度も有効化するのではなく、テーブルで位置情報を有効化してからデータセットを共有してフィーチャ レイヤーを作成することで、クレジットの消費を抑えることができます。

[データの情報付加] ツールの使用

[データの情報付加]ArcGIS Online ジオエンリッチメント サービスを使用して、人口統計とライフスタイル データを空間データセットに追加します。[データの情報付加] は、選択した変数に基づく追加フィールドを使用して、新しいデータセットを作成します。

ヒント:

カスタム境界など、人口統計またはライフスタイル データが必要で、頻繁に使用するか組織の複数のメンバーが使用するデータセットがある場合、データセットに何度も情報を付加するのではなく、[データの情報付加] を使用してからデータセットを共有して新しいフィーチャ レイヤーを作成することで、クレジットの消費を抑えることができます。

バッファーまたは到達圏の作成

[バッファー/到達圏の作成] は、移動モードを使用する場合に、ネットワーク解析サービスからの道路ネットワークを使用して、到達圏エリアを作成します。[バッファー/到達圏の作成] は、エリア フィーチャの新しい結果データセットを作成します。

固定距離を使用してバッファーを作成するとき、[ディゾルブ] オプションが有効化されている場合、クレジットが消費されます。デフォルトのバッファー オプションである [オーバーラップ] の場合は、固定距離を使用して実行するときにクレジットを消費しません。

密度の計算

Insights[密度の計算] は、ArcGIS Online[密度の計算] ツールを使用します。そのため、ArcGIS Online で実行したときと同様に、Insights でツールを実行するときにクレジットが消費されます。

ヒント:

密度を厳密に計算する必要がない場合、[密度の計算] ツールを使用するのではなく、ヒート マップを作成することで、クレジットの消費を抑えることができます。

使用コスト

クレジットを消費するプロセスの場合、InsightsArcGIS Online の同等のプロセスと同じレートで課金します。

サービスクレジット使用量

Geocoding

ジオコード 1,000 件につき 40 クレジット

ネットワーク解析

到達圏エリア 1 件につき 0.5 クレジット

ジオエンリッチメント

属性 1,000 件につき 10 クレジット (データ変数にフィーチャ レコードの合計数を乗算)

空間解析

1,000 フィーチャにつき 1 クレジット

Insights ライセンスの一部として、各 Insights ユーザーには 1,000 クレジットが与えられます。これらのクレジットは、Insights ライセンスのサブスクリプションとともに毎年更新され、クレジットを消費するすべての ArcGIS Online 製品で使用できます。ArcGIS Online 組織は、必要に応じて、追加クレジットを購入することもできます。

次の例は、1,000 クレジットで実行できる解析量を示しています。

  • Esri World Geocoder を使用して、1,000 件の位置につき 40 クレジットを消費するので、25,000 件の位置をジオコードできます。
  • 到達圏エリア 1 件につき 0.5 クレジット消費するので、2,000 件の到達圏エリアを作成できます。
  • 属性 1,000 件につき 10 クレジット消費するので、属性 10 件で 10,000 のフィーチャに情報を付加できます。
  • 1,000,000 のフィーチャの密度を計算できます。
  • 1,000,000 のフィーチャのディゾルブされたバッファーを作成できます。
  • 次のような、合計で 1,000 クレジットを使用する上記のプロセスの任意の組み合わせ。
    • Esri World Geocoder を使用して 12,500 件の位置をジオコードして、500 件の到達圏エリアの作成した上で、1 件の属性で 25,000 のフィーチャに情報を付加できます。
    • 250,000 のフィーチャの密度を計算して、250,000 のフィーチャのディゾルブされたバッファーを作成した上で、2 件の属性で 25,000 のフィーチャに情報を付加できます。