Skip To Content

作業の共有

備考:

共有はすべての Insights 配置で可能です。Insights desktop はページ、テーマ、モデルの共有をサポートしています。Insights desktop でアイテムを共有するには、ArcGIS 組織にサイン インする必要があります。

Insights でデータを操作し、新しいデータセットの追加やワークブックの作成などのプロセスを実行すると、自分だけがアクセスできるアイテムが作成されます。共有権限によっては、これらのアイテムを他のユーザーと共有できます。一部のアイテムは自動的に作成されますが、Insights モデルやページ アイテムなどの他のアイテムは共有を通じてのみ作成できます。

次の表に、作成と共有が可能な Insights アイテム タイプを示します。

アイテム タイプ説明

ワークブック

ワークブックはプロジェクトのすべてのデータと解析作業の収集または関連付けを 1 つの場所で行い、データの場所などのリレーションシップの取得と維持を行って、結果レイヤー、モデル、ページ、およびカードを保存します。

ワークブック アイテムは、Insights のみで開くことができます。

詳細については、「ワークブックの共有」をご参照ください。

備考:

Insights desktop ではワークブックの共有はまだ提供されていません。ただし、ArcGIS 組織でモデルを共有し、これを用いてワークブック ページを再作成することはできます。

モデル

モデルは、データセットの追加および結合、空間解析 (空間フィルタリングなど)、データ解析 (属性集約など)、スタイル設定といった、ワークブック ページ上での解析手順を記録します。モデルを編集、使用、および共有して、共通の解析タスクを自動化できます。

モデル アイテムは、Insights のみで開くことができます。

詳細については、「モデルの共有」をご参照ください。

スクリプト

スクリプト アイテムは、Insights スクリプト環境に記述またはインポートされたコードを共有することで作成されます。

スクリプト アイテムは、Insights のみで開くことができます。

備考:

スクリプト環境は Insights in ArcGIS Enterprise および Insights desktop で利用できますが、スクリプトを共有できるのは Insights in ArcGIS Enterprise においてのみです。

リレーショナル データベース接続

リレーショナル データベース接続を行うと、Insights のデータベースの内容の表示、クエリ、解析ができます。

リレーショナル データベース接続アイテムは、Insights のみで開くことができます。

詳細については、「データベース接続の共有」をご参照ください。

備考:

リレーショナル データベース接続は Insights in ArcGIS Enterprise および Insights desktop で利用できますが、共有できるのは Insights in ArcGIS Enterprise においてのみです。

フィーチャ レイヤー

データをフィーチャ レイヤーとして共有すると、自分の付加価値データを、他のユーザーが解析プロセスで使用できるようになります。たとえば、Excel から追加したデータや、空間集約などの解析操作の結果を共有することができます。

Insights のデータから作成されたフィーチャ レイヤーは、Map ViewerArcGIS Pro などの他のアプリケーションで使用できます。

詳細については、「データの共有」をご参照ください。

備考:

Insights desktop ではデータセットの共有はまだ提供されていません。

ページ

ページを共有すると、他のユーザーが、別の読み取り専用の Insights ビューアー内でページ上のカードを操作できるようになります。

ページ アイテムは、Insights ページ ビューアーで表示したり、Web サイトや ArcGIS StoryMaps に埋め込むことができます。

詳細については、「ページの共有」をご参照ください。

テーマ

テーマを共有すると、ページのカスタム設定を保存および再適用できます。保存できる設定には、背景色、テキスト、画像やその他のメディア、カードの配置などがあります。

テーマ アイテムは、Insights のみで使用することができます。

詳細については、「テーマの共有」をご参照ください。

ホーム ページからのアイテムの共有

Insights アイテムは、共有、共有解除、またはホーム ページからの共有ステータスの変更を行うことができます。

備考:

モデルスクリプトページテーマ、および一部のフィーチャ レイヤーをホーム ページで使用するには、事前に作成しておく必要があります。Insights in ArcGIS Enterprise および Insights in ArcGIS Online では、これらのアイテムは共有することで作成されます。Insights desktop では、これらのアイテムは保存することで作成されます。

アイテムを共有するには、次の手順に従います。

  1. Insights でワークブックが開いている場合は、作業内容を保存して [ホーム] ボタン Home をクリックし、ホーム ページに戻ります。Insights にサイン インすると、自動的にホーム ページに移動します。
  2. 共有するアイテム タイプのタブをクリックします。
  3. 共有するアイテムを探します。必要に応じて、検索バー、フィルター ボタン フィルター[アイテムの表示] ボタン アイテムの表示、および [並べ替え] ボタン レコードの並べ替え を使用します。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • アイテムにマウス ポインターを合わせます。アイテム用のアイコンのリストが表示されます。
    • 複数のアイテムをクリックして選択します。ページのタイトルの下にアイコンのリストが表示されます。
  5. [共有] ボタン 共有 をクリックします。

    [次のグループと共有] ウィンドウが開きます。

  6. アイテムを共有するユーザーを選択します。オプションは、組織のメンバー、組織内のグループ、または全員です。オプションの選択を解除してアイテムの共有を解除することもできます。
  7. [共有] をクリックします。

アイテムは、選択したユーザーに共有されます。Insights desktop からページを共有すると、新しいウィンドウが表示され、共有ページを表示したり、組織サイトにページ アイテムを表示したり、<iframe> をコピーしてストーリー マップまたは Web ページにそのページを埋め込んだりできるようになります。