解析の基本操作

ステップ 1
1質問と探索
ステップ 2
2モデル作成と計算
ステップ 3
3検証と分析
ステップ 4
4意思決定
ステップ 5
5結果の共有

解析は、空間的な問題を解決し、意思決定を下す際に役立ちます。ArcGIS Insights で解析を実行するには、次のワークフローに従います。

1. 質問と探索

空間的な問題を解決するには、問題の理解に基づき、的を得た質問を提示するところから始めます。適切な質問を行うことが、有意義な結果を引き出す鍵となります。空間解析を使用して回答できる質問には、次のようなものがあります。

  • どのように分布しているか?
  • どのような関連がありますか?
  • 近くには何がありますか?
  • どのように変化するか

質問したい内容がわからなくても 問題ありません。Insights を使用するとデータを簡単に探索できるので、パターンを理解し、データへの洞察を得て、重要な質問を行うことができます。

2. モデル作成と計算

ArcGIS Insights には、データの操作および定量化に使用できる一連の解析機能が用意されています。これらのツールは、空間的な問題を解決するのに役立ちます。解析を実行すると、手順が解析ビューにバックグラウンドで記録されるため、モデルを簡単に保存できます。

3. 検証と分析

解析は、コンピューターではなく、人間が実行する作業です。解析ツールを実行して結果を作成したら、それらの結果を調べて質問に答える必要があります。すべての質問に答えましたか? 他に質問はありませんか? 結果を調べると、結果の意味を解釈し、答えを見つけることができます。

4. 意思決定

解析結果を分析した後、その内容を文書化し、対応方法を決定します。場合によっては、解析結果の解釈に基づいてアクションを取ります。解決策の実施、状況の修正、機会の作成、あるいは状況の緩和などを実行します。知見を得て、理解を深めることが目的だった場合は、アクションが必要ない場合もあります。対処の必要がある新たな質問が生じることも多くあります。これにより、さらに深く解析を行うことができます。

5. 結果の共有

質問への回答が終わり、解析結果に問題がなければ、調査結果を役立てることのできるユーザーを特定し、影響を与えたいユーザーを決定します。組織内の他のメンバーまたは一般ユーザーと結果を共有することができます。ページを共有するか、ストーリー マップなどのアプリを作成して、結果を伝えることができます。

次の手順

解析を実行したので、成果を共有することができます。